今日の買取件数:20件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:18,926件

【ご提示お願いします】と【ご提示願います】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご提示お願いします」(読み方:ごていじおねがいします)と「ご提示願います」(読み方:ごていじねがいます)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご提示お願いします」と「ご提示願います」という言葉は、どちらも提示して欲しいとお願いすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご提示お願いします」と「ご提示願います」の違い

「ご提示お願いします」と「ご提示願います」の意味の違い

「ご提示お願いします」と「ご提示願います」の違いを分かりやすく言うと、「ご提示お願いします」は目上の人に使える、「ご提示願います」は目上の人に使えないという違いです。

「ご提示お願いします」と「ご提示願います」の使い方の違い

一つ目の「ご提示お願いします」を使った分かりやすい例としては、「ご本人様確認書類をご提示お願いします」「入場の際は身分証のご提示お願いします」「見積金額のご提示お願いします」「あなたのパスポートをご提示お願いします」などがあります。

二つ目の「ご提示願います」を使った分かりやすい例としては、「飲み会を行なうので都合の良い日程をご提示願います」「その日は参加できないので変更できる日時のご提示願います」「必要な情報のご提示願います」などがあります。

「ご提示お願いします」と「ご提示願います」の使い分け方

「ご提示お願いします」と「ご提示願います」はどちらも提示して欲しいとお願いすることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ご提示お願いします」の方が「ご提示願います」よりも丁寧な表現という点です。

したがって、ビジネスーンなどで目上の人に対して使えるのが「ご提示お願いします」、目上の人に対して使えないのが「ご提示願います」と覚えておきましょう。

「ご提示お願いします」と「ご提示願います」の英語表記の違い

「ご提示お願いします」も「ご提示願います」も英語にすると「show」「see」となり、例えば上記の「あなたのパスポートをご提示お願いします」を英語にすると「Can I see your passports, please」となります。

「ご提示お願いします」の意味

「ご提示お願いします」とは

「ご提示お願いします」とは、提示して欲しいとお願いすることを意味しています。

「ご提示お願いします」の使い方

「ご提示お願いします」を使った分かりやすい例としては、「入館時には身分証のご提示お願いします」「新しいアイデアがあるのであればご提示お願いします」「マイナンバーカードのご提示お願いします」「お酒を購入する際は年齢が分かるものをご提示お願いします」などがあります。

「ご提示お願いします」は差し出して見せることを意味する「提示」に、接頭語の「ご」と、お願いすることを丁寧に表現した「お願いします」が合わさった敬語表現です。そのため、ビジネスシーンなどで、上司や取引先などの目上の人に対して使うことができます。

「ご提示お願いします」をさらに丁寧に表現したいのであれば、「ご提示いただきたく存じます」「ご提示いただければ幸いです」などに置き換えるといいでしょう。

「ご提示お願いします」は免許証や保険証などの身分を証明する為のものを見せてもらいたい場合や、都合の良い日程などの他人に対して意見を求める場合にも使うことができます。

「ご提示お願いします」は間違った日本語であると主張する人が一定数いるのも現実です。「ご提示願います」は文法的にやや不自然な言い方であり、助詞の「を」を付け加えて、「ご提示をお願いします」とした方が正しい日本語という主張になっています。

「ご提示お願いします」の類語

「ご提示お願いします」の類語・類義語としては、書類や資料などをある場所に差し出すことをお願いすることを意味する「ご提出お願いします」、人に伝えるべき事柄を紙に書くなどしてかかげ示すことを意味する「ご掲示ください」などがあります。

「ご提示願います」の意味

「ご提示願います」とは

「ご提示願います」とは、提示して欲しいとお願いすることを意味しています。

「ご提示願います」の使い方

「ご提示願います」を使った分かりやすい例としては、「詳しい日程の内容をご提示願います」「何か身分を確認できるものをご提示願います」「特別なやり方があるのであればご提示願います」「必要書類をご提示願います」などがあります。

「ご提示願います」は差し出して見せることを意味する「提示」に、接頭語の「ご」と、お願いすることを意味する「願います」が合わさった言葉です。

「ご提示願います」はやや砕けた表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うのは適していません。同僚や友人などの親しい間柄でのみ使うようにしましょう。

もし、「ご提示願います」をさらに丁寧に表現したいのであれば、「ご提示いただきたく存じます」「ご提示いただければ幸いです」などに置き換えるといいでしょう。

「ご提示願います」は免許証や保険証などの身分を証明する為のものを見せてもらいたい場合や、都合の良い日程などの他人に対して意見を求める場合にも使うことができます。

「ご提示願います」の類語

「ご提示願います」の類語・類義語としては、世間一般に知らせることをお願いすることを意味する「ご発表願います」、はっきり示してお願いすることを意味する「ご開示願います」などがあります。

「ご提示お願いします」の例文

1.身分証または、保険証のご提示お願いしますと言われました。
2.こちらの資料に関して、根拠となるデータや論文のご提示お願いします。
3.白バイに呼び止められ、運転免許証のご提示お願いしますと言われました。
4.こちらの商品に関して、ご希望の金額をご提示お願いします。
5.忘年会の日程調整を行うので、ご都合がよろしい日のご提示お願いします。

この言葉がよく使われる場面としては、提示して欲しいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご提示願お願いします」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「ご提示願います」の例文

1.来月同窓会を行なう予定なので、都合が良い日程をご提示願います。
2.本イベントに参加するにあたって、身分を証明できるものをご提示願います。
3.本件に対して何か思うことがあるのであれば、ご提示願います。
4.その日は予定が入っているので、別の日をご提示願います。
5.来月の歓迎会に関して、詳しい詳細をご提示願います。

この言葉がよく使われる場面としては、提示して欲しいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご提示願います」は目上の人に対して使うのは適していない表現です。

「ご提示お願いします」と「ご提示願います」はどちらも提示して欲しいとお願いすることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、目上の人に使えるのが「ご提示お願いします」、目上の人に使えないの「ご提示願います」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター