今日の買取件数:20件/今月の買取件数:360件/累計買取件数:9,681件

【お手数ですが】と【お手数をおかけしますが】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お手数ですが」(読み方:おてすうですが)と「お手数をおかけしますが」(読み方:おてすうをおかけしますが)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お手数ですが」と「お手数をおかけしますが」という言葉は、どちらも相手に依頼やお願いをすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お手数ですが」と「お手数をおかけしますが」の違い

「お手数ですが」と「お手数をおかけしますが」の意味の違い

「お手数ですが」と「お手数をおかけしますが」の違いを分かりやすく言うと、「お手数ですが」とは相手に依頼やお願いをすること、「お手数をおかけしますが」とは「お手数ですが」をさらに丁寧にした言い方という違いです。

「お手数ですが」と「お手数をおかけしますが」の使い方の違い

一つ目の「お手数ですが」を使った分かりやすい例としては、「お手数ですが伝言をお願いします」「お手数ですが今週中に書類の提出をお願いします」「お手数ですが出欠のご連絡をお願いします」などがあります。

二つ目の「お手数をおかけしますが」を使った分かりやすい例としては、「お手数をおかけしますがミスがあればご連絡をいただきたいです」「お手数をおかしますが近日中にお伺いしてもよろしいでしょうか」などがあります。

「お手数ですが」と「お手数をおかけしますが」の使い分け方

「お手数ですが」と「お手数をおかしますが」はどちらも相手に依頼やお願いをすることを意味する敬語です。敬語なのでどちらも目上の人に対して使うことが可能ですが、より丁寧に表現したい場合に、「お手数をおかけしますが」を使うようにしましょう。

また、「お手数ですが」と「お手数をおかけしますが」はどちらもクッション言葉になります。

クッション言葉とは「大変恐れ入りますが」「大変申し訳ございませんが」「大変ありがたいお話なのですが」「不本意ではございますが」などのように、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことです。

「お手数ですが」と「お手数をおかけしますが」の英語表記の違い

「お手数ですが」も「お手数をおかけしますが」も英語にすると「I’m sorry for your inconvenience」となり、例えば上記の「お手数をおかけしますがよろしくお願いします」を英語にすると「I’m sorry for your inconvenience but thank you for your cooperation」となります。

「お手数ですが」の意味

「お手数ですが」とは

「お手数ですが」とは、相手に依頼やお願いをすることを意味しています。

表現方法は「お手数ですがよろしくお願いします」「お手数ですがお知らせください」

「お手数ですがよろしくお願いします」「お手数ですがお知らせください」「お手数ですがご確認」「お手数ですがご連絡」などが、「お手数ですが」を使った一般的な言い回しになります。

「お手数ですが」の使い方

「お手数ですが」を使った分かりやすい例としては、「お手数ですがご連絡お待ちしております」「お手数ですがこちらの用紙に必要事項をご記入ください」「お手数ですがご協力いただけると幸いです」などがあります。

「お手数ですが」はそれをするのに要する動作や作業などの数のことを意味する「手数」に尊敬語を表す「お」と逆説を表す接続詞を丁寧語に言い換えた「ですが」をつけた言葉です。

したがって、「お手数ですが」は正しい敬語表現なので目上の人に対して使っても問題ありません。

「お手数ですが」を使う上で注意しなければならないのは、自分自身に対しては使えないという点です。例を挙げると「お手数ですが資料が完成次第提出いたします」のように使うのは間違った使い方になります。

もし、自分自身に対して使いたいのであれば、「恐れ入りますが」や「大変恐縮ですが」などを使うようにしましょう。

「お手数ですが」の類語

「お手数ですが」の類語・類義語としては、相手に迷惑をかけたり相手の厚意を受けたりして申し訳なく思うことを意味する「恐縮ですが」、相手に迷惑をかけてしまうことを意味する「迷惑をおかけしますが」などがあります。

「お手数をおかけしますが」の意味

「お手数をおかけしますが」とは

「お手数をおかけしますが」とは、相手に依頼やお願いをすることを意味しています。

表現方法は「お手数をおかけしますがよろしくお願いします」「お手数をおかけしますが何卒よろしくお願いします」

「お手数をおかけしますがよろしくお願いします」「お手数をおかけしますが何卒よろしくお願いします」「お手数をおかけしますがご確認のほどよろしくお願いいたします」などが、「お手数をおかけしますが」を使った一般的な言い回しになります。

「お手数をおかけしますが」の使い方

「お手数をおかけしますが」を使った分かりやすい例としては、「お手数をおかけして大変申し訳ございません」「お手数をおかけしますがご返信お待ちしております」「お手数をおかけしますが至急ご連絡いただけると幸いです」などがあります。

「お手数をおかけしますが」はそれをするのに要する動作や作業などの数のことを意味する「手数」に尊敬語を表す「お」と謙譲語を表す「おかけする」がついた敬語になります。

したがって、上司や取引先などのより丁寧に表現したい場面で使うのが適しているでしょう。

「お手数をおかけしますが」を使う上で注意しなければならないのは、自分自身に対しては使えないという点です。例を挙げると「お手数をおかけしますが資料が完成次第提出いたします」のように使うのは間違った使い方になります。

もし、自分自身に対して使いたいのであれば、「恐れ入りますが」や「大変恐縮ですが」などを使うようにしましょう。

「お手数をおかけしますが」の類語

「お手数をおかけしますが」の類語・類義語としては、面倒だと思うけどお願いすることを意味する「ご面倒かとは存じますが」、何らかの事情に相手に頼み事をしなければならないことを意味する「申し訳ございませんが」などがあります。

「お手数ですが」の例文

1.お手数ですが、こちらの電話番号まで折り返しの電話をお願いします。
2.お手数ですがこちらにご記入後、あちらの待合室にてしばらくお待ちください。
3.下記の日程で差し支えなければ、大変お手数ですがご都合のいい日程をお知らせいただければ幸いです。
4.こちらの商品が不具合を起こしています、お手数ですが調査をお願いできないでしょうか。
5.お手数ですがもう一度部屋を見せて欲しいと、捜査している刑事から言われました。
6.カード再発行の本人確認に必要ですので、お手数ですが今一度住所、氏名、電話番号、生年月日をお聞かせ願えますか。
7.こちらの改札はICカード専用となっております。切符でのご利用の方は、お手数ですが中央改札までおまわりいただくか、駅員にお声がけください。
8.目の前には職員がたくさんいるのに「お手数ですが官公庁への意見は専用のホームページからでお願いします」と言われてしまい、お役所仕事というのは煩わしいものだと痛感したのだった。
9.当該製品の不具合につきましてはメールのみの対応では限りがあるため、たいへんお手数ですが着払いにて弊社のカスタマーセンターまで郵送していただけないでしょうか。
10.これにて新商品の試食会は終了いたしますが、最後に大変お手数ですが、先ほどのものに加え今回の試食会自体の感想をアンケート用紙に記入していただき、受付の係員にお渡しいただけると幸いです。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に依頼やお願いをすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「お手数ですが」はビジネスシーンで頻繁に使われる言葉です。

「お手数をおかけしますが」の例文

1.お手数をおかけしますが、来月行なわれる社内イベントの出欠の連絡をお待ちしております。
2.お忙しい中お手数をおかけしますが、期日までのご対応よろしくお願いいたします。
3.お手数をおかけして申し訳ありませんが、送付した書類にサインをお願いいたします。
4.お手数をおかけしますが、先程送付した書類をご確認いただけますでしょうか。
5.ご多忙なところ、お手数をおかけして申し訳ございませんが、昨日の会議の資料を送っていただけますでしょうか。
6.お願いしていました画像データがこちらにまだ届いていないようなので、お手数おかけしますが再度送信して頂けますか。
7.DVDを初めて借りられる際は会員登録が必要です。お手数をおかけしますが、書類に必要事項をご記入ください。
8.ご提出いただいた書類に誤字がございました。お手数をおかけしますが、二重線でご訂正と修正印をお願いいたします。
9.わたしは文句の一つも言おうと思っていたが、窓口の女性が申し訳なさそうに「お手数をおかけしますが何卒よろしくお願い申し上げます。」と言ってきたものだから何も言えなくなってしまった。
10.回線状況につきましてご不便おかけし申し訳ございません。お客様の声を反映していただくためにお手数をおかけしますが品質向上のためのレポートを送信にご協力いただけますと幸いです。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に依頼やお願いをすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように「お手数をおかけしますが」はビジネスシーンで頻繁に使われる言葉です。

「お手数ですが」と「お手数をおかけしますが」という言葉は、どちらも相手に依頼やお願いをすることを表す敬語です。どちらの言葉を使うか迷った場合、「お手数ですが」をより丁寧に表現したい時に「お手数をおかけしますが」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター