今日の買取件数:20件/今月の買取件数:480件/累計買取件数:9,801件

【慈しむ】と【愛しむ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「いつくしむ」という読み方の「慈しむ」と「愛しむ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「慈しむ」と「愛しむ」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「慈しむ」と「愛しむ」の違い

「慈しむ」と「愛しむ」の意味の違い

「慈しむ」と「愛しむ」の違いを分かりやすく言うと、「慈しむ」の方が「愛しむ」よりも一般的という違いです。

「慈しむ」と「愛しむ」の使い方の違い

一つ目の「慈しむ」を使った分かりやすい例としては、「我が子を慈しむ」「動物を慈しむことは大切です」「彼は分け隔てなく他人を慈しむことができます」「生まれたばかりの子猫を慈しむ」「子供を慈しんで育てる」などがあります。

二つ目の「愛しむ」を使った分かりやすい例としては、「彼女は子供を愛しむ素晴らしい母親です」「人を愛しむ気持ちはとても大切です」「生まれたばかりの子犬を慈しむ」などがあります。

「慈しむ」と「愛しむ」の使い分け方

「慈しむ」と「愛しむ」は同音同義語なため、どちらの言葉を使って問題ありません。しかし、「愛しむ」よりも「慈しむ」の方が一般的であるため、「慈しむ」の方を使うのが無難でしょう。

また、「愛しむ」は可愛く思って大事にすることを意味する「いとしむ」と混同しやすいので、「慈しむ」を使った方が分かりやすいです。

「慈しむ」と「愛しむ」の英語表記の違い

「慈しむ」も「愛しむ」も英語にすると「tender loving care」「to be affectionate」となり、例えば上記の「子供を慈しんで育てる」を英語にすると「Bring up a child with tender loving care」となります。

「慈しむ」の意味

「慈しむ」とは

「慈しむ」とは、目下の者や弱い者に愛情を注ぐことを意味しています。

表現方法は「慈しむ気持ち」「慈しむ心」「自分を慈しむ」

「慈しむ気持ち」「慈しむ心」「自分を慈しむ」などが、「慈しむ」を使った一般的な言い回しになります。

「慈しむ」の使い方

「慈しむ」を使った分かりやすい例としては、「故郷の街を慈しむように眺める」「生まれたばかりの仔馬を慈しむ」「彼女は私のことをまるで自分の子供のように慈しむ」「他人を慈しむ心を忘れてはいけません」などがあります。

「慈しむ」は目下の者や弱い者に愛情を注ぐことを意味しており、基本的にプラスのイメージを持って使う言葉です。目下の者や弱い者に対して使うので、マイナスなイメージを伴っていると勘違いしやすいので気をつけましょう。

「慈しむ」を使う上で注意しなければならないのは、意味にも含まれているように目下の人にしか使えない言葉という点です。目上の人に対して「慈しむ」を使うのは失礼に当たるので使わないように気をつけましょう。

だだし、目上の人でも病気で身体が弱っている人や、ご高齢で弱い立場になっている人に対しては使うことができる場面もあります。

「慈しむ」の由来

「慈しむ」の由来は「うつくしむ」が変化したことです。「うつくしむ」は平安時代に生まれた言葉で、時代が経つにつれて大切に祭ることを意味する「いつく」が連想され、それがさらに変化し、現代の「慈しむ」になったと言われています。

「慈しむ」の類語

「慈しむ」の類語・類義語としては、可愛らしいと思って優しく扱うことを意味する「可愛がる」、無闇に可愛がることを意味する「溺愛」(読み方:できあい)、慈しみしみ愛する気持ちのことを意味する「情愛」などがあります。

「愛しむ」の意味

「愛しむ」とは

「愛しむ」とは、目下の者や弱い者に愛情を注ぐことを意味しています。

表現方法は「愛しむ気持ち」「愛しむ心」「自分を愛しむ」

「愛しむ気持ち」「愛しむ心」「自分を愛しむ」などが、「慈しむ」を使った一般的な言い回しになります。

「愛しむ」の使い方

「愛しむ」を使った分かりやすい例としては、「義母は我が子を愛しむように私たちを育てくれました」「愛しむ気持ちを持って育てることが大切です」「生まれたばかり小鹿を愛しむ」「愛しむような眼差しで少女を見つめる」などがあります。

「愛しむ」は目下の者や弱い者に愛情を注ぐことを意味しており、基本的にプラスのイメージを持って使う言葉です。目下の者や弱い者に対して使うので、マイナスなイメージを伴っていると勘違いしやすいので気をつけましょう。

「愛しむ」を使う上で注意しなければならないのは、意味にも含まれているように目下の人にしか使えない言葉という点です。目上の人に対して「愛しむ」を使うのは失礼に当たるので使わないように気をつけましょう。

だだし、目上の人でも病気で身体が弱っている人や、ご高齢で弱い立場になっている人に対しては使うことができる場面もあります。

「愛しむ」の類語

「愛しむ」の類語・類義語としては、可愛く思って大事にすることを意味する「愛おしむ」、無闇に可愛がることを意味する「盲愛」(読み方:もうあい)、愛して大切にすることを意味する「愛惜」(読み方:あいせき)などがあります。

「慈しむ」の例文

1.彼女はシングルマザーだが、娘を慈しみ一人で育て上げました。
2.彼は他人なのに、私のことを慈しむように接してくれた恩は忘れません。
3.幼少期に虐待を受けていたので、他人を慈しむ心を失ってしまいました。
4.久々に故郷に帰った私は、昔遊んでいた公園を慈しむように眺めていました。
5.動物園の飼育員達は、無事に生まれたスマトラゾウの赤ちゃんを愛しみ大切に育てました。

この言葉がよく使われる場面としては、目下の者や弱い者に愛情を注ぐことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「慈しむ」はプラスなイメージで使われることが多い言葉です。

「愛しむ」の例文

1.彼女は自分の子供を産んだことにより、初めて愛しむという感情を理解することができました。
2.後輩を育てるには厳しいばかりではなく、愛しむ気持ちをもって育てていくことが大切だと思います。
3.動物園の飼育員達は、無事に生まれたマレーバグの赤ちゃんを愛しみ大切に育てました。
4.他人を愛しむ人が増えれば、平和な世の中が訪れると信じています。
5.私は愛しむ心持って他人に接するのを、日頃から心掛けています。

この言葉がよく使われる場面としては、目下の者や弱い者に愛情を注ぐことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「愛しむ」はプラスなイメージで使われることが多い言葉です。

「慈しむ」と「愛しむ」はどちらも目下の者や弱い者に愛情を注ぐことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「慈しむ」の方が「愛しむ」よりも一般的に使われているので、「慈しむ」の方を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター