今日の買取件数:20件/今月の買取件数:80件/累計買取件数:10,621件

【サポート】と【アシスト】と【ヘルプ】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「サポート」と「アシスト」と「ヘルプ」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「サポート」と「アシスト」と「ヘルプ」という言葉は、他者を助けることという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




サポートとアシストとヘルプの違い

サポートとアシストとヘルプの意味の違い

サポートとアシストとヘルプの違いを分かりやすく言うと、サポートは支援を表現する時に使い、アシストは補助を表現する時に使い、ヘルプは援助を表現する時に使うという違いです。

サポートとアシストとヘルプの使い方の違い

サポートという言葉は、「彼女のサポートは的確である」「サポートするのが難しい相手もいる」などの使い方で、支援することを意味します。

アシストという言葉は、「アシスト自転車があればどんな道でもすいすい走れる」「先輩のアシストによって得た結果である」などの使い方で、人の仕事を手伝うことを意味します。

ヘルプという言葉は、「ヘルプセンターに助けを求めてみる」「彼にヘルプと言われたのは初めてかもしれない」などの使い方で、助けることを意味します。

サポートとアシストとヘルプの使い分け方

サポートとアシストはどちらも支援することや援助することを表す時に使われますが、前者は行為に対する直接的な支援だけでなく、金銭の支援などといった間接的な支援も含む場合に使われ、後者は直接的な支援の場合に使われます。

一方のヘルプも他者を助けることを意味する言葉ですが、サポートとアシストよりも支援する度合いが高く、その助けがなければ前へと進むことができない場合などに使われる言葉です。

そのため、支援者との関わりが強い順番に並べると、ヘルプ>アシスト>サポートとなります。また、サポートは継続的なものに対して、ヘルプやアシストは一時的なものに対して使われるなどの区別も存在します。

これが、サポート、アシスト、ヘルプの明確な違いです。

サポートの意味

サポートとは

サポートとは、支援することを意味しています。

表現方法は「サポートする」「サポートを受ける」「サポートを行う」

「サポートする」「サポートを受ける」「サポートを行う」などが、サポートを使った一般的な言い回しです。

サポートを使った言葉として、「サポート詐欺」「ピアサポート」があります。

「サポート詐欺」の意味

一つ目の「サポート詐欺」とは、サポートセンターの担当者を装って、ユーザーのコンピューターにウイルスが発見されたなど偽の警告を出すことで、犯人の電話番号に連絡をさせるコンピューター犯罪です。

「ピアサポート」の意味

二つ目の「ピアサポート」とは、仲間や同僚など同じような立場の人が、互いに助け合うことを指す言葉で、問題解決のための相談に重点をおいた「ピアカウンセリング」などは似たような考え方として該当します。

サポートの対義語

サポートの対義語・反対語としては、妨げることを意味する「邪魔」があります。

サポートの類語

サポートの類語・類義語としては、力を貸して助けることを意味する「加勢」、仕事や計画の後ろ盾となり援助することを意味する「後援」、力を合わせて事に当たることを意味する「協力」、力を添えて援助をすることを意味する「助勢」などがあります。

アシストの意味

アシストとは

アシストとは、人の仕事を手伝うことを意味しています。その他にも、スポーツの試合において、適切なパスを送りゴールを助けるなど味方を支えるための行為や、それを行った選手を指すこともあります。

表現方法は「アシストする」「アシストを止める」「アシストをお願いします」

「アシストする」「アシストを止める」「アシストをお願いします」などが、アシストを使った一般的な言い回しです。

アシストを使った言葉として、「電動アシスト自転車」「パーキングアシストシステム」があります。

「電動アシスト自転車」の意味

一つ目の「電動アシスト自転車」とは、電動モーターがペダルをこぐ力を助けてくれる自転車で、道路交通法では「駆動補助機付自転車」などと呼ばれており、定められた基準を満たさない場合は原動機付自転車や自動車と扱われます。

「パーキングアシストシステム」の意味

二つ目の「パーキングアシストシステム」とは、車を駐車する際の運転を支援する機能を指す言葉です。

車の周囲を映像として映し出したり、ハンドル操作をシステムが自動で行なったりすることで、運転者が安全を確認しながらアクセルを操作することができます。さらに進化したシステムは、「インテリジェントパーキングアシスト」とも呼ばれます。

アシストの対義語

アシストの対義語・反対語としては、物事の進行などを妨げることを意味する「妨害」があります。

アシストの類語

アシストの類語・類義語としては、不足しているところを補い助けることを意味する「補助」、人を助けて務めを果たさせることを意味する「補佐」、力添えをすることを意味する「加担」、困っている人を庇い助けることを意味する「援護」などがあります。

ヘルプの意味

ヘルプとは

ヘルプとは、助けることを意味しています。その他にも、コンピュータの操作に関してやアプリケーションソフトなどの使い方をユーザーに対して説明する機能を指す言葉です。

また、ビジネスシーンにおいて、他者や他店などを臨時で補助することや補助する人を指す言葉としても使われ、アルバイトやパートとして働く人に対しても使われる言葉です。

表現方法は「ヘルプする」「ヘルプを求める」「ヘルプを出す」

「ヘルプする」「ヘルプを求める」「ヘルプを出す」などが、ヘルプを使った一般的な言い回しです。

「ヘルプデスク」の意味

ヘルプを使った言葉として、「ヘルプデスク」があります。これは、パソコンやソフトウェアの使い方やその他トラブルなどに関する問い合わせに対応するための場所で、その企業内ではなく、社外委託される場合もあります。

「ヘルプライン」の意味

似たような言葉に「ヘルプライン」がありますが、こちらは電話やインターネットによる相談窓口や、企業内で違反などが見受けられた際に外部に相談するための窓口を指すため、意味合いが異なります。

ヘルプの対義語

ヘルプの対義語・反対語としては、行動や進歩などを妨げたりそれによって不利益な状態にすることを意味する「阻害」があります。

ヘルプの類語

ヘルプの類語・類義語としては、困っている人を救い守ることを意味する「救護」、困難な状況や危険に陥っている人を助けることを意味する「救援」、他の人の進めている仕事や活動などに力を貸すことを意味する「助力」などがあります。

サポートの例文

1.いつでもサポートができるように傍にいてくれた彼には頭が上がらないが、大したことはしていないと言われてしまった。
2.友人のサポートがなくとも試験勉強に取り掛からなければならないと思ってはいるが、いざ練習問題と向き合うと手が進まない。
3.母のサポートがあってこそ第一志望校に合格したと言っても過言ではないと思っている。
4.最近人気のアーティストのライブに行ったら、トランペットやサックス、フルートなどサポートメンバーが増えていて豪華なステージを楽しむことができた。
5.オリンピック選手になることを諦めてからは、今度は裏でアスリートのサポートを行ったりしています。
6.このクラウドサービスは他のよりサポートが充実していて安心感があるのでオススメします。
7.Windows11がリリースされたと言うことは、もう旧バージョンのサポートも終わりが見えてきたと言うことだ。
8.今回はわたしが旗振り役ということではなくて、後輩のサポート役でやってきたというわけなのです。

この言葉がよく使われる場面としては、支援することを意味する時などが挙げられます。

どの例文のサポートもアシストという言葉に置き換えて使うことができますが、ヘルプという言葉には置き換えて使うことができません。

アシストの例文

1.応援しているスポーツ選手によるアシストがなければ勝敗が決まるゴールを決めることはできなかっただろう。
2.あらゆる場面でアシストしてくれたことでリハビリもスムーズに進めることができたように思う。
3.アシスト自転車は子どもの通園には必須で、登り坂でもぐんぐん走ることができる。
4.急ぎで企画書を作成しなければならなくなり焦っていたら、隣席の先輩が過去の資料をメールで送ってくれた。ナイスアシストに感謝した。
5.次回のワークショップは、岡村さんがメインで進行してもらえますか。私はアシストとして入りますので、お願いします。
6.もし自分が高校生の時に電動アシスト自転車があればどれだけ坂道が楽だっただろう。
7.チームメイトがちゃんとアシストしてくれないものだからゴールへの決定的チャンスを逃してしまった。
8.最近の自動車はパーキングアシストシステムが標準装備されているので車庫入れもすいすいと出来るようになった。

この言葉がよく使われる場面としては、人の仕事を手伝うことを意味する時などが挙げられます。

例文1のように、スポーツの試合において味方のゴールを支援する動きに対して使うこともできます。

ヘルプの例文

1.ヘルプページを見ても解決できなかったため、問い合わせセンターに連絡をする他なかった。
2.兄にヘルプと宿題の手伝いを乞うても全く応じてくれなかったため、泣く泣く一人で挑戦している。
3.バイト先の店長にヘルプをお願いされたため、来週いっぱいはいつもと違う店で働くことになった。
4.私の場合、普通は逆だと思うんですが、子どものこととなると、実家の母より、姑のほうがヘルプを求めやすいんです。
5.金銭的な問題で、行政からのヘルプを受けることを、恥ずかしいことだと思わないでいいんですよ。
6.今までの経験上パソコンのトラブルでヘルプページをみて解決したことは一度たりともないのだ。
7.バイトの先輩から急遽ヘルプを頼まれたが、あいにく別の予定が入っていたため、断ざるを得ない。
8.ネット回線のトラブルでヘルプデスクに連絡してもつながらず、安さだけでプロバイダーを選んではいけないと痛感した。

この言葉がよく使われる場面としては、助けることを意味する時などが挙げられます。

例文2のように相手に助けを求めるための言葉として使われたり、例文3のように臨時の補助要員を意味する言葉として使われることもあります。

サポートとアシストとヘルプどれを使うか迷った場合は、支援を表す場合は「サポート」を、補助を表す場合は「アシスト」を、援助を表す場合は「ヘルプ」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター