今日の買取件数:20件/今月の買取件数:535件/累計買取件数:9,281件

【曖昧模糊】と【曖昧】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「曖昧模糊」(読み方:あいまいもこ)と「曖昧」(読み方:あいまい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「曖昧模糊」と「曖昧」という言葉は、どちらも物事がはっきりしないことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




曖昧模糊と曖昧の違い

曖昧模糊と曖昧の意味の違い

曖昧模糊と曖昧の違いを分かりやすく言うと、曖昧模糊とは物事がはっきりしないことを表し、曖昧とは物事がはっきりしないことだけでなく疑わしいことも表すという違いです。

曖昧模糊と曖昧の使い方の違い

一つ目の曖昧模糊を使った分かりやすい例としては、「曖昧模糊たる状況に終止符を打つ」「政治家の曖昧模糊な答弁にうんざりする」「曖昧模糊な不安を抱えている」「感染源は曖昧模糊である」などがあります。

二つ目の曖昧を使った分かりやすい例としては、「目標設定が曖昧である」「理解が曖昧なので説明できません」「曖昧に笑ってごまかす」「友達以上恋人未満の曖昧な関係が続いている」「幽霊なんて曖昧な存在は信じません」などがあります。

曖昧模糊と曖昧の使い分け方

曖昧模糊と曖昧という言葉は、どちらも物事や状況がはっきりしないで、ぼんやりしているさまという共通する意味を持っています。そのため、「政治家の曖昧模糊な答弁」は「政治家の曖昧な答弁」と言い換えることが出来ます。

さらに曖昧には、怪しくて疑わしいさまの意味があります。この意味は曖昧模糊には無いため、「幽霊なんて曖昧な存在」の曖昧を曖昧模糊に置き換えることは出来ません。

つまり、物事や状況がはっきりしないことを表す場合、曖昧模糊と曖昧のどちらの言葉を使っても問題ありません。疑わしいさまを表す場合、曖昧模糊は使えないので、曖昧を使うようにしましょう。

曖昧模糊と曖昧の英語表記の違い

曖昧模糊も曖昧も英語にすると「obscure」「vague」「ambiguous」となり、例えば上記の「曖昧模糊たる状況」を英語にすると「ambiguous situation」となります。

曖昧模糊の意味

曖昧模糊とは

曖昧模糊とは、状態やようすがはっきりせず、ぼんやりしているさまを意味しています。

曖昧模糊の使い方

曖昧模糊を使った分かりやすい例としては、「記憶が曖昧模糊で証言できません」「よくわからなくて曖昧模糊に頷いた」「曖昧模糊な関係に結着をつける」「ハイボールの語源は曖昧模糊です」などがあります。

その他にも、「曖昧模糊な説明では分かりません」「事件は曖昧模糊のままである」「英語の訳文が曖昧模糊だと注意された」「曖昧模糊な情報に惑わされるな」「ここの地名の由来は曖昧模糊です」などがあります。

曖昧模糊の語源

曖昧模糊という言葉の語源は、漢語に由来します。「曖昧」と「模糊」は、どちらも不明瞭なさまや、ぼんやりしているさまを意味します。同じ意味の言葉を重ねることによって、より強調した表現の四字熟語となっています。「模」を「糢」と書いて、「曖昧糢糊」とも表記することもあります。

曖昧模糊の対義語

曖昧模糊の対義語・反対語としては、はっきりして疑う余地が全くないことを意味する「明明白白」、ひと目見ただけではっきりとわかるさまを意味する「一目瞭然」、紛れもなくはっきりしているさまを意味する「歴然」などがあります。

曖昧模糊の類語

曖昧模糊の類語・類義語としては、はっきりしないさまやいい加減なさまを意味する「有耶無耶」、話の要点がはっきりせず何を言いたいのかよくわからないことを意味する「不得要領」、ぼんやりとしてはっきりしないさまを意味する「漠然」などがあります。

曖昧の意味

曖昧とは

曖昧とは、態度や物事がはっきりしないことを意味しています。

その他にも、怪しくて疑わしいこと、いかがわしいことの意味も持っています。

表現方法は「曖昧になる」「曖昧な表現」「曖昧な関係」

「曖昧になる」「曖昧な表現」「曖昧な関係」などが、曖昧を使った一般的な言い回しです。

曖昧の使い方

「彼女との曖昧な関係をはっきりさせよう」「彼の態度はいつも曖昧である」「曖昧な英語表現を正す」「曖昧な表現が分かりづらい」「曖昧な返事に困る」などの文中で使われている曖昧は、「はっきりしないこと」の意味で使われています。

一方、「曖昧な話は信じません」「目標達成できるかどうか曖昧だ」「曖昧なセールスマンを警戒する」などの文中で使われている曖昧は、「疑わしいこと、いかがわしいこと」の意味で使われています。

曖昧という言葉は、上記の例文にあるように二つの意味を持ちますが、一般的には「態度や物事がはっきりしないこと」の意味で使われています。曖昧の「曖」は薄暗くてはっきりしないこと、「昧」は仄暗くてあやふやなことを表します。

曖昧の対義語

曖昧の対義語・反対語としては、はっきりしていることを意味する「明白」、あきらかで疑う余地のないことを意味する「明白」、はっきりしていて間違いのないことを意味する「明確」、はっきりと分かることを意味する「判然」などがあります。

曖昧の類語

曖昧の類語・類義語としては、物事がはっきりしないさまを意味する「あやふや」、確かではないさまを意味する「不確か」、はっきりしないさまや不確かなさまを意味する「朧げ」などがあります。

曖昧模糊の例文

1.曖昧模糊な政治の世界を、コミカルに描いた小説にはまっています。
2.英語の理解が曖昧模糊な私が、なぜか国際事業部に配属となり混乱している。
3.曖昧模糊を座右の銘とする友人は、確かに自分の考えをはっきりと主張しないので周囲と上手く付き合っているように見える。
4.故事成語の語源を調べてみると、辻褄があわなかったり諸説あったりで曖昧模糊なものが多いと思った。
5.歌詞が曖昧模糊で理解不能だけど、この曲のノリは好きだから気に入っています。
6.わたしは妻から聞かれたことに曖昧模糊な返答を繰り返していたので、怒った妻がはっきりしなさいと怒鳴ってきたのだ。
7.大臣が国会で曖昧模糊な答弁をするのは、野党議員から突っ込まれたくないと言う心理によるものだろうが、国民としてはそれではたまったものではない。
8.思春期を振り返ると今では何でもないことも不安でしかなかったが、それは自分の存在意義が曖昧模糊でその恐怖が襲っていたのかもしれない。
9.人々は口々にあいつのことを変だとか異常だとが言うが、正常も異常もその境界線は曖昧模糊ではないかと思うのだ。
10.その生徒を叱っていたときに、落ち込むでもなく、なんとも言えない曖昧模糊な表情を浮かべていたのが印象に残っている。

この言葉がよく使われる場面としては、物事の内容や意味がはっきりせず、ぼんやりしているさまを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文の「曖昧模糊」は、「曖昧」に置き換えることが出来ます。曖昧模糊と曖昧という言葉は、「物事の内容や意味がはっきりしないさま」という共通する意味を持っています。

曖昧の例文

1.私の言い方が曖昧であるから、誤解を招いたり、トラブルを引き起こしてしまうのだろう。
2.食生活の変化に伴って、食文化という概念の曖昧化が進んでいる。
3.ある程度の英会話は出来ますが、英語の文法は曖昧なので正確に伝えることは出来ません。
4.契約内容が曖昧なもののため、契約が無効となった事例もあります。
5.犯行現場の靴跡は証拠物件と成り得るが、その曖昧さは否めず、決定的な証拠とは言えません。
6.答えは「はい」か「いいえ」の二択しかないのに、日本人は文脈によってはどちらともとれるような曖昧な表現を好んで使いたがる。
7.外国語学習には、曖昧さへの耐性がないと難しい。なぜなら、すべての語彙や表現に1対1の対訳があるとは限らないからだ。
8.君は彼女に思わせぶりな曖昧なことしか言わないから、しびれを切らして君のもとを去ってしまったのだよ。
9.勉強の目標が曖昧だとモチベーションが下がってしまうので、しっかり数字目標を掲げて明確にしておく必要がある。
10.上司からのお見合いの話を今までは曖昧な返事で誤魔化していたがいよいよ断り切れなくなって困っているのだ。

この言葉がよく使われる場面としては、物事がはっきりしないこと、怪しげなさま、疑わしいさまを表現したい時などが挙げられます。

例文1から例文4の文中にある曖昧は、物事がはっきりしないことの意味で使われています。例文3にある「概念の曖昧化」とは、物事の概括的な意味内容が不明瞭になってきていることを表します。例文5の文中にある曖昧は、疑わしいさまの意味で使われています。

曖昧模糊と曖昧という言葉は、どちらも物事がはっきりしないことを表します。さらに「曖昧」には、怪しくて疑わしいさまの意味があることを覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター