今日の買取件数:20件/今月の買取件数:460件/累計買取件数:28,706件

【ご検討のほどよろしくお願いいたします】と【ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご検討のほどよろしくお願いいたします」(読み方:ごけんとうのほどよろしくおねがいいたします)と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」(読み方:ごけんとうのほどなにとぞよろしくおねがいいたします)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」という言葉は、どちらもよく調べて考えるようにお願いをすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




  1. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の違い
    1. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の意味の違い
    2. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の使い方の違い
    3. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の使い分け方
    4. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の英語表記の違い
  2. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の意味
    1. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」とは
    2. 「ご検討のほどよろしくお願い致します」は誤り
    3. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の使い方
    4. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の類語
  3. 「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の意味
    1. 「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」とは
    2. 「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の読み方
    3. 「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の使い方
    4. 「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の類語
  4. 「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の例文
  5. 「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の例文

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の違い

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の意味の違い

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の違いを分かりやすく言うと、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」よりも「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の方が丁寧な表現という違いです。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の使い方の違い

一つ目の「ご検討のほどよろしくお願いいたします」を使った分かりやすい例としては、「大変恐縮ではございますが、ご検討のほどよろしくお願いいたします」「相談した件について、ご検討のほどよろしくお願いいたします」などがあります。

二つ目の「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」を使った分かりやすい例としては、「お忙しいところ恐れ入りますが、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」「今後の計画について、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」などがあります。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の使い分け方

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」はどちらもよく調べて考えるようにお願いをすることを意味しており、大きな違いはありません。

あえて違いを挙げるならば、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」よりも「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の方が丁寧な表現という点です。

したがって、よりかしこまった場面では「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の方を使うようにしましょう。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の英語表記の違い

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」も「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」も直訳した英語表現はありませんが、近い表現として、「I appreciate your」「Thank you in advance」「Thank you very much for your help」などがあります。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の意味

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」とは

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」とは、よく調べて考えるようにお願いをすることを意味しています。

「ご検討のほどよろしくお願い致します」は誤り

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」を漢字にして、「ご検討のほどよろしくお願い致します」とするのは間違いなので使わないように注意しましょう。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の使い方

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」を使った分かりやすい例としては、「ご査収の上、ご検討のほどよろしくお願いいたします」「ご興味のある方ご検討のほどよろしくお願いいたします」などがあります。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」はよく調べて考えることを意味する「検討」に、接頭語の「ご」、してくれるようのことを意味する「のほど」、お願いするの謙譲語である「よろしくお願いいたします」が合わさり、よく調べて考えるようにお願いをすること言葉です。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は、とても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて、上司や取引先などの目上の人に対して使うことができます。

また、さらに丁寧に表現したいのであれば、「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」「ご検討のほどよろしくお願い申し上げます」などを使うのがいでしょう。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は、「お忙しいところ大変恐縮ですが」「お忙しい中申し訳ございませんが」などのような、クッション言葉とセットで使うことができます。

クッション言葉とは、伝えたい本題に入る前に一言添えて気遣いを示す言葉のことを意味しています。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」は会話などの話し言葉としてだけではなく、ビジネスメールや履歴書などの書き言葉でも使用できるのが特徴です。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」を使う上で注意しなければならないのは、返事は曖昧にしてはいけないという点になります。

また、要求を承諾する場合、「承ります」「請け負います」などの返事が一般的になっていると覚えておきましょう。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の類語

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の類語・類義語としては、考えることをお願いすることを意味する「ご考慮のほどよろしくお願いいたします」、よく調べて一度考えるようお願いすることを意味する「ご一考のほどよろしくお願いいたします」などがあります。

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の意味

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」とは

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」とは、よく調べて考えるようにお願いをすることを意味しています。

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の読み方

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の読み方は「ごけんとうのほどなにとぞよろしくおねがいいたします」です。誤って「ごけんとうのほどなにそつよろしくおねがいいたします」などと読まないようにしましょう。

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の使い方

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」を使った分かりやすい例としては、「先日の件、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」「お忙しいところ大変恐縮ですが、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」などがあります。

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」はよく調べて考えることを意味する「検討」に、接頭語の「ご」、してくれるようのことを意味する「のほど」、相手に強く願う気持ちを表すことを意味する「何卒」、お願いするの謙譲語である「よろしくお願いいたします」が合わさった言葉です。

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」は、とても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて、上司や取引先などの目上の人に対して使うことができます。

また、「お忙しいところ大変恐縮ですが」「お忙しい中申し訳ございませんが」などのような、クッション言葉とセットで使うことで、相手に良い印象を与えることができます。

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」は会話などの話し言葉としてだけではなく、ビジネスメールや履歴書などの書き言葉でも使用できるのが特徴です。

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の類語

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の類語・類義語としては、あれこれ考えをめぐらすようお願いすることを意味する「ご思案のほど何卒よろしくお願いいたします」があります。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」の例文

1.先日お話しさせていただいた件ですが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。
2.大変お手数ではございますが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。
3.貴方に決して迷惑はかけませんので、ご検討のほどよろしくお願いいたします。
4.ご依頼いただいた資料をお送りいたしましたので、ご検討のほどよろしくお願いいたします。
5.お忙しい中大変申し訳ございませんが、ご検討のほどよろしくお願いいたします。

この言葉がよく使われる場面としては、よく調べて考えるようにお願いをすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の例文

1.新商品のカタログを同封させていただきましたので、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。
2.私の提案について、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。
3.突然の申し出で大変恐縮ですが、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。
4.この機会にぜひ弊社の商品をご導入いただきますよう、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。
5.お忙しいとは思いますが、ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします。

この言葉がよく使われる場面としては、よく調べて考えるようにお願いをすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」はビジネスシーンでも使うことができる言葉です。

「ご検討のほどよろしくお願いいたします」と「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」はどちらもよく調べて考えるようにお願いをすることを表します。

どちらの言葉を使うか迷った場合、「ご検討のほどよろしくお願いいたします」よりも「ご検討のほど何卒よろしくお願いいたします」の方が丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター