今日の買取件数:20件/今月の買取件数:380件/累計買取件数:11,481件

【メンター】と【チューター】と【プリセプター】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「メンター」と「チューター」と「プリセプター」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「メンター」と「チューター」と「プリセプター」という言葉は、指導者という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




メンターとチューターとプリセプターの違い

メンターとチューターとプリセプターの意味の違い

メンターとチューターとプリセプターの違いを分かりやすく言うと、メンターは仕事や人生の助言者を表現する時に使い、チューターは学業における指導者を表現する時に使い、プリセプターは看護師の指導者を表現する時に使うという違いです。

メンターとチューターとプリセプターの使い方の違い

メンターという言葉は、「とりあえずメンターに相談しよう」「メンターはいつでも快く対応してくれる」などの使い方で、信頼のおける相談相手を意味します。

チューターという言葉は、「自分もチューターとして学生を支えたいと感じた」「チューターが生活上の相談まで乗ってくれる」などの使い方で、個別に指導や助言をしてくれる人を意味します。

プリセプターという言葉は、「プリセプターに大きな負担が掛かっている」「通常業務に加えプリセプターとしての役目を担う身として肩の力を抜く時間が少ない」などの使い方で、新人看護師に業務指導を行う先輩看護師を意味します。

メンターとチューターとプリセプターの使い分け方

メンターとチューターはどちらも、個別で指導を行う人や助言してくれる人を意味する言葉ですが、前者は人生における様々な場面で助言をくれる人を指し、後者は学生生活における助言をくれる人を指します。

具体的に、メンターは会社の先輩や上司などが該当し、チューターは家庭教師や予備校の学習内容以外のサポートを担当する人などが該当します。

一方のプリセプターは、企業における個別指導者であるメンターや、学業における個別指導者であるチューターとは異なり、看護師に対して使われる言葉です。

これが、メンター、チューター、プリセプターの明確な違いです。

メンターの意味

メンターとは

メンターとは、信頼のおける相談相手を意味しています。

表現方法は「メンターに選ばれた」「メンターになる」「メンターを探す」

「メンターに選ばれた」「メンターになる」「メンターを探す」などが、メンターを使った一般的な言い回しです。

メンターの由来

メンターは英語で「mentor」と表記される言葉で、助言者や指導者を意味します。古代ギリシアの叙事詩である『オデュッセイア』の登場人物メントールが由来となっています。

この叙事詩でアテナがメントールの姿を借りて助言を行ったり、苦難から逃れる手助けをしたことで、メントールの名前が英語のメンターとして使われることとなります。

1699年にフランスの作家の著書で使われたのが初めてで、この本が著名となった18世紀頃から、経験の少ない人に対して知識を与えて、広める役割を持つ人をメンターと呼び、その行為をメンタリングと言うようになりました。

メンターの反対語はメンティーやプロテジェ

メンターに対して、支援してもらう側をメンティーやプロテジェと呼びます。プロテジェはフランス語で被育成者を意味する言葉です。

メンターの類語

メンターの類語・類義語としては、真心から間違いなどを改めるように言うことを意味する「忠言」、会社などで相談を受けて意見を述べる人を意味する「顧問」、企業経営に関する助言や指導を行う専門家を意味する「コンサルタント」などがあります。

チューターの意味

チューターとは

チューターとは、個別に指導や助言をしてくれる人を意味しています。

表現方法は「チューターをする」「チューターの先生」「チューターに質問」

「チューターをする」「チューターの先生」「チューターに質問」などが、チューターを使った一般的な言い回しです。

チューターの語源

チューターは英語で「tutor」と表記される言葉で、見守ることを意味するラテン語の「tueri」が語源となった言葉です。

イギリスのケンブリッジ大学では教育を教員と学生の一対一で行っており、この指導方法を「チュートリアル」と呼んでいました。そして、チュートリアルを行う教員をチューターと呼ぶようになり、チューター制度が多くの場所で使われることとなります。

日本では1990年代後半からチューターが職業として定着するようになり、多くの大学がチューター制度を導入しており、この場合は、ティーチングアシスタントと呼ばれる同じ学課の大学院生など教授の補佐を行う者が担っています。

チューターの対義語

チューターの対義語・反対語としては、干渉せずにしたいようにさせることを意味する「放任」、師として尊敬し教えを受けることを意味する「師事」があります。

チューターの類語

チューターの類語・類義語としては、武術や芸能などを教え示すこと「指南」、ある人間を望ましい姿に変化させるために働きかけることを意味する「教育」があります。

プリセプターの意味

プリセプターとは

プリセプターとは、新人看護師に業務指導を行う先輩看護師を意味しています。

プリセプターは英語で「preceptor」と表記される言葉で、教師や指導者、指導教官を意味する言葉です。これに対して、新人看護師や新人介護士のことをプリセプティーと言い、このプリセプティーに実務を通した訓練であるOJTをプリセプターが行います。

プリセプターがプリセプティーに対して指導をする期間は様々ですが、指導だけではなく業務上の悩みについて話を聞いたり、その他フォローをする役割を担います。この制度はプリセプターシップと呼ばれています。

また、プリセプターは勤務年数3年から4年の者が担いますが、このプリセプターを支える看護師をエルダーナースやエルダーと呼び、プリセプターシップがしっかり機能するよう支援する役目を担います。

表現方法は「プリセプターになる」「プリセプターを育てる」「プリセプターが嫌い」

「プリセプターになる」「プリセプターを育てる」「プリセプターが嫌い」などが、プリセプターを使った一般的な言い回しです。

プリセプターの類語

プリセプターの類語・類義語としては、技術などについて指導や助言をする人を意味する「コーチ」、弟子などを指導したり保護する立場にある人を意味する「親方」があります。

メンターの例文

1.メンター制度は名称こそ付けられていなかったものの、概念としては諸葛亮などの時代や国にも見られる。
2.友人のメンターは、相談に乗ってくれて有難いものの踏み込んだ話まで尋ねてくるため、あまり答えたくない時の回避方法を知りたいと言う。
3.メンターとメンティー間のコミュニケーションが円滑であればあるほど、大きな成長に繋がり、精神的な負担も軽減されると見ている。
4.若手社員の退職が相次いでいるため、次年度から新入社員一人一人に中堅社員をメンターとして付けることになった。
5.高校時代に出会った物理の先生は、ただその教科を教えてくれた教師であるだけでなく私のその後の人生に大きな影響を及ぼしたメンター的存在の人である。
6.皆が知っている一流の経営者も、普段からメンターに相談しているんだと知って、いいメンターとの出会いの大切だと思った。
7.たとえ身近にメンターにふさわしい人がいなくても、本や動画からこの人をメンターにすると決めて学びを得ればいいのだ。
8.わたしはよく人に道を聞かれることが多いのだが、友人からそれはメンターの気質があるからだと言われ目から鱗が落ちた。

この言葉がよく使われる場面としては、信頼のおける相談相手を意味する時などが挙げられます。

例文3の「メンティー」は、指導者であるメンターに対して被育成者を意味する言葉です。基本的には企業内での役割として使われている名称です。

チューターの例文

1.学生時代、通っていた塾のチューターに受験までのサポートをしてもらって自信がついたこともあったため、自分もチューターを経験したいと思った。
2.チューターに一度質問した時、親身になって答えてくれ、かつ資料まで用意してくれたおかげでレポートが捗ったこともある。
3.実際集団学習を行う上で足並みを揃えて前に進むことが難しいため、チューターが個々人のサポートをしてくれるのは手厚いと思う。
4.有名大学に進学した同級生が、学生チューターとして地元の塾で活躍していると市の広報誌で紹介されていた。人の役に立ち見た目もおしゃれになっていて少し焦りを感じた。
5.私は小学生高学年までドイツに住んでいたので、日本語、とくに漢字などは日本人のチューターに教えてもらっていました。
6.通っていた予備校ではチューターさんに勉強や進路の悩みを相談してたくさんお世話になりました。
7.新入生に学校生活のアドバイスをするチューター活動に興味があったので、ためしにメンバー登録してみました。
8.大学時代にはチューターにたいへんお世話になったので、いつか恩返しをしたいと思い自らもチューターになろうと思いました。

この言葉がよく使われる場面としては、個別に指導や助言をしてくれる人を意味する時などが挙げられます。

例文1のように予備校や学習塾のチューターを指すこともあれば、大学にて院生らが担うティーチングアシスタントをチューターを指すこともあります。

プリセプターの例文

1.私のプリセプターは、業務上の相談だけではなく、プライベートな相談まで乗ってくれるためつい頼りにしてしまう。
2.同僚がプリセプターと馬が合わないからか、他の先輩に相談を持ち掛けることが多かったが、趣味が同じだとわかった次の日から仲良くなっていた。
3.プリセプターを任されて初めてプリセプティーと対面するまで緊張していたが、真面目で優しいプリセプティーだったため、胸をなでおろした。
4.彼女は念願の看護師になることができたが、プリセプターと相性が合わないのか、いつも愚痴をこぼしていた。
5.看護師三年目で初のプリセプターはプレッシャーもあるが、看護師としてさらに成長するために頑張らないとね。
6.わたしのプリセプターは今月で退職してしまうが、まだ数回しか指導してもらってないのでこれからが不安だ。
7.最近、プリセプターが怖くて神経すり減らしている。何かプライベートで嫌なことでもあったのだろうか。
8.10年ぶりに当時のプリセプターをしてくださった先輩に会って、いろいろ懐かしい話をすることができた。

この言葉がよく使われる場面としては、新人看護師に業務指導を行う先輩看護師を意味する時などが挙げられます。

また、医療現場だけではなく、介護現場で使われることもあります。

メンターとチューターとプリセプターどれを使うか迷った場合は、仕事や人生の助言者を表す場合は「メンター」を、学業における指導者を表す場合は「チューター」を、看護師の指導者を表す場合は「プリセプター」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター