今日の買取件数:20件/今月の買取件数:600件/累計買取件数:14,646件

【手練】と【手管】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「手練」(読み方:てれん)と「手管」(読み方:てくだ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「手練」と「手管」という言葉は、どちらも「人を騙してあやつるテクニック」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




手練と手管の違い

手練と手管の意味の違い

手練と手管の違いを分かりやすく言うと、手練とは人を騙してあやつる方法のみを意味し、手管とは人を騙してあやつる方法だけでなく情夫も意味するという違いです。

手練と手管の使い方の違い

一つ目の手練を使った分かりやすい例としては、「あらゆる手練手管を使ってでも彼を落としたい」「彼の心を射止めるために手練を尽くした」「手練手管を多用する政治家は信用できない」「さまざまな手練を駆使しながら相手を揺さぶる」などがあります。

二つ目の手管を使った分かりやすい例としては、「恋愛の手練手管を駆使して男を虜にする」「政治家の秘書たちは水面下で手練手管を弄する」「都合のいい話に手管めいたものを感じた」「彼は五年ものあいだ私の手管だった」などがあります。

手練と手管の使い分け方

手練と手管とは、合わせて「手練手管」という四字熟語にもなる同じ意味を持つ言葉で、どちらも「相手を操ろうとする駆け引き、人を騙して操る方法」を意味します。同義の言葉であるため、上記の例文にある「手管を尽くす」「手練めく」の手管と手練は、互いに置き換えて使うことが出来ます。

さらに手管には、情夫や内縁関係にある男の意味も持っています。手練はこの意味を持たないため、上記の「私の手管だった」の手管は、手練に置き換えることが出来ません。この点が、手練と手管という言葉の明確な違いになります。

手練と手管の英語表記の違い

手練も手管も英語にすると「skill」「technique」となり、例えば上記の「あらゆる手練手管を使う」を英語にすると「 use all the techniques」となります。

手練の意味

手練とは

手練とは、人を騙してあやつる技巧や方法を意味しています。

手練の使い方

手練を使った分かりやすい例としては、「相手を堕とすために手練手管を弄する」「彼に好かれるために手管の限りを尽くす」「客を惹き付ける遊女の技術は手練手管と呼ばれた」「花魁は手練手管のやり方を教育されていました」がなどがあります。

その他にも、「手管を弄して男たちを翻弄する」「男の罠にはまりその手練手管で堕ちていく」「彼女の手管に騙されて粗悪な商品を買ってしまった」「手練手管の限りを尽くして政治的交渉を続ける」などがあります。

手練の読み方

手練の読み方は三通りあり、「てれん」の他に「しゅれん」「てだれ」があります。「しゅれん」と読むと「熟練した手際」を意味し、「てだれ」と読むと「技芸などに熟達していること」を意味し、読み方によって意味が変わるので注意が必要です。

手練を「てれん」と読む場合の意味は、人を騙してあやつる手段や技巧のことであり、相手をたぶらかす意味合いを持つマイナスイメージの言葉です。手練の「手」は腕前や方法を表し、「練」は手を加えることを表します。

「手練手管」の意味

手練を用いた日本語には「手練手管」があります。手練手管とは、あの手この手で巧みに人を騙す手段や方法を意味します。「手練」も「手管」も人を騙す手段のことであり、同じ意味の語を重ねた強調表現です。

「手練手管」の由来

「手練手管」という言葉の由来は、江戸時代の遊郭にあります。遊女が客の気を引いて意のままに操るテクニックのことを「手練手管」と言いました。今では、人を騙すために用いるテクニックや手段のことを指す言葉になっています。

手練の対義語

手練の対義語・反対語としては、性質が穏やかで素直なことを意味する「善良」、正直すぎて融通がきかないことを意味する「馬鹿正直」などがあります。

手練の類語

手練の類語・類義語としては、人をあざむく計略や詭計を意味する「偽計」、他人を欺く行為を意味する「詐欺」、人をだまして金品を巻き上げることを意味する「騙り」、うそをついて人をだます手段を意味する「ペテン」、人を欺くためのはかりごとを意味する「権謀術数」などがあります。

手管の意味

手管とは

手管とは、人を騙す手段、人をあやつる駆け引き。特に、遊女などが客をたらしこむ手際を意味しています。

その他にも、「情夫、間男」の意味も持っています。

手管の使い方

「手管めいた話しぶりに危険を察知した」「金持ちの男を落とそうと手練手管を弄する」「花魁の手練手管のテクニックは相当なものであった」「亭主が手管されて帰ってこない」などの文中で使われている手管は、「人を騙す手段」の意味で使われています。

一方、「女は若い手管に夢中であった」「妻に手管がいるのではないかと疑う」「昼間に手管と密会しているようだ」などの文中で使われている手管は、「情夫、間男」の意味で使われています。

手管とは、上記の例文にあるように二つの意味を持ちますが、一般的には「人をだます手段、人をあやつる駆け引き」の意味で用いられています。手練は、単独で使われるよりも、前述した「手練手管」の言い回しで使われることが多い言葉です。

手管の対義語

手管の対義語・反対語としては、正しくて嘘や偽りのないことを意味する「正直」、少しも嘘のないことや本当に正直なことを意味する「真正直」などがあります。

手管の類語

手管の類語・類義語としては、人をだます手段を意味する「詐術」、人の目を別にそらして人をあざむくための手段や方法のたとえを意味する「手品」、悪いはかりごとを意味する「奸計」、悪い計画を意味する「悪巧み」、恋愛関係にある人や情事の相手を意味する「情人」などがあります。

手練の例文

1.吉原の遊女たちは、男を魅了する手練手管な恋愛テクニックを持っていました。
2.息子のお金の使い方がおかしくなっているのは、悪い女の手練手管に弄されているのかもしれない。
3.政治家は、自分が成し遂げたいと思う政策のために手練手管を尽くします。
4.やけに気が利いて恋愛の手練れ感がハンパない男の人には、警戒心が働くようになりました。
5.生まれながらの美しい容貌と手練を尽くして、彼女は多くの男たちを騙してきました。

この言葉がよく使われる場面としては、人をだます手段、人をあやつり騙す技巧を表現したい時などが挙げられます。

例文1から例文3にあるように、手練という言葉は、同じ意味を持つ「手管」を重ねた「手練手管」という四字熟語で使われることが多くあります。例文4の「手練れ感」の読み方は「てだれかん」であり、優れたスキルを持っている様子を表します。

手管の例文

1.狙った男を籠絡するために、あの女はいろいろな手練手管を弄するだろう。
2.彼女の上目づかいの手管めいた目つきに、防衛反応が働いて思わず視線をそらしていました。
3.手練手管の卑劣なやり方で、高齢者からお金を巻き上げるなんて許せません。
4.様々な手管を弄する詐欺師たちは、善良な市民の顔をして歩いるものです。
5.病気で働けないなどと手管を弄して、情に訴えようとしても無駄ですよ。

この言葉がよく使われる場面としては、人をだます手段、人を操る駆け引き、情夫、間男を表現したい時などが挙げられます。

例文1の「手練手管を弄する」や、例文4の「手管を弄する」の「弄する」とは、思うままに操ることです。どちらも人を操るために駆け引きを行うことや、人を騙そうとすることを意味します。

手練と手管という言葉は、どちらも「人を騙してあやつるテクニック」を表します。さらに手管という言葉には、「情夫、間男」の意味もあることを覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター