今日の買取件数:20件/今月の買取件数:480件/累計買取件数:16,326件

【トピック】と【トピックス】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「トピック」と「トピックス」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「トピック」と「トピックス」という言葉は、「話題」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




トピックとトピックスの違い

トピックとトピックスの意味の違い

トピックとトピックスの違いを分かりやすく言うと、トピックは一つの話題を表現する時に使い、トピックスは複数の話題を表現する時に使うという違いです。

トピックとトピックスの使い方の違い

一つ目のトピックを使った分かりやすい例としては、「昼時なのにトピックは晩御飯のことで持ち切りだった」「ヨーロッパ各国のトピックはどれも興味深い」「ありふれたトピックでも話す人が異なれば多くの話を聞くことが出来る」などがあります。

二つ目のトピックスを使った分かりやすい例としては、「ニュースで報じられた全てのトピックスを確認する」「電車通勤に関するトピックスについて議論するようだ」「様々なトピックの中に気になるものがいくつかあった」などがあります。

トピックとトピックスの使い分け方

トピックとトピックスはどちらも話題や事件を意味する言葉で、意味も使い方も全く同じです。強いて違いを挙げるのであれば、前者は一つの話題を指す場合に使い、後者は複数の話題を指す場合に使うという点です。

トピックスはトピックという英単語の複数形として使われているため、話題が一つであれば上記例文の「トピックは晩御飯」などのように使い、話題が複数であれば「全てのトピックス」などのように使います。

しかしながら、今日では単数の話題でも「電車通勤に関するトピックス」などのように使い、複数の話題でも「ヨーロッパ各国のトピック」などのように使われているため、トピックとトピックスの間に意味や使い方の差は全くないと言えます。

トピックとトピックスの英語表記の違い

トピックを英語にすると「topic」となり、例えば上記の「ありふれたトピック」を英語にすると「a common topic」となります。

一方、トピックスを英語にすると「topics」となり、例えば上記の「様々なトピックス」を英語にすると「the various topics」となります。

トピックの意味

トピックとは

トピックとは、話題や事件を意味しています。

その他にも、題目や論題という意味もあります。

トピックの使い方

「トピックパスが分かりやすく表示されている」「各トピックには資料が用意されている」「過去のトピックをサルベージしたい」などの文中で使われているトピックは、「話題や事件」の意味で使われています。

一方、「オフトピック状態の会議の流れを変えてくれたのは上司だった」「トピック別に書類をまとめていく」「トピックごとに学習を進めていく」などの文中で使われているトピックは、「題目や論題」の意味で使われています。

トピックは英語で「topic」と表記され、話題や話の種を表す言葉として使われています。英語では課題の意味で使われることがありますが、日本におけるカタカナ語として使う場合には課題という意味で使われることはほとんどありません。

「トピックパス」の意味

上記例文の「トピックパス」とは、ウェブサイトやデータファイルなどにおいて、どのカテゴリのページを見ているのかを分かりやすくした表示を指す言葉で、「パンくずリスト」とも呼ばれています。

例えば、雑貨カテゴリの中のキッチン雑貨のページを見ている場合には「トップページ > 雑貨 > キッチン」などのように表示されます。この表示が位置する箇所は様々で、記載がない場合もあります。

「オフトピック」の意味

また、上記例文の「オフトピック」とは、話しが脱線することを意味する言葉で、トピックのずれを省略した「トピずれ」という言い方もされています。

トピックの類語

トピックの類語・類義語としては、話の内容を意味する「話頭」、中心となる問題を意味する「主題」、絵のテーマを意味する「画題」、作品における主要な思想や題材を意味する「モチーフ」などがあります。

トピックスの意味

トピックスとは

トピックスとは、いくつかの話題や事件を意味しています。

その他にも、東証株価指数を表す場合もあります。

トピックスの使い方

「最新週のトピックスは一度見たものでも確認し直している」「注目トピックスはSNSのHOT検索ワードとなるほどだった」「それぞれの地方自治体のトピックスページがある」などの文中で使われているトピックスは、「複数の話題や事件」の意味で使われています。

一方、「トピックスの見直しがされることとなった」「トピックスはより正確な株市場の動きを確認することができる」「一秒間隔で算出されるトピックスは経済指標の一つだ」などの文中で使われているトピックスは、「東証株価指数」の意味で使われています。

トピックスという言葉は、辞書に掲載されていることがあまりなく、トピックの項目へと誘導されることがほとんどです。本来は英単語の「topic」の複数形として使われています。

また、トピックスは「Tokyo Stock Price Index」の略称「TOPIX」の読み方でもあります。これは東京証券取引所が発表する株価指数を表す言葉です。このトピックスはニュース番組の終わりなどで報じられることもあります。

そのため、話題の意味で使われるトピックスだけでなく、東証株価指数を表すトピックスを耳にすることもあることから、単数複数関係なしにトピックスという言葉が使われるようになったとも言われています。

トピックスの対義語

トピックスの対義語・反対語としては、とりとめのない話を意味する「漫談」、決まった話題のない雑多な話を意味する「よもやま話」があります。

トピックスの類語

トピックスの類語・類義語としては、いつまでも人の間で話されるような話題を意味する「語り草」、話の種を意味する「話柄」(読み方:わへい)、行動などの土台となる考えを意味する「テーマ」などがあります。

トピックの例文と使い方

1.トピックが徐々にずれていることに気が付いて、急いで話を戻した。
2.あちらこちらで新しいショッピングモールのトピックで賑わっているため、しばらくは非常に混雑するのだろうと思っている。
3.話の中のサブトピックをどう膨らませ、相手に伝えるかが説得力に繋がるのではないかと思う。
4.参考書のトピックごとの学習を終えるたびに確認テストを自主的に行なっていたが、母の協力のもと抜き打ちでテストをしてもらうことになった。
5.特定のトピックに関する知識や理解を更に深めるためにも、社会科見学などは非常に効果的な体験と言えるだろう。
6.実業家界隈では誰が最も高級な車を持っているか、誰が最も大きい家で暮らしているか、そんな代わり映えしないトピックが議論されている。
7.最新テックの各トピックには詳細な資料が用意されているので、興味のあるトピックの資料があったら自由に持って行ってください。
8.この会議資料はトピック別に書類をまとめておらず、バラバラでとても見にくいので、もう一度やり直してください。
9.世界史の勉強はやみくもに網羅的にやるのではく、トピックごとに学習を進めていく方が覚えやすいし、効率的だ。
10.昔は東京にいるとなかなかローカルニュースのトピックを入手することが難しかったが、今はアプリですぐに見れるので本当に助かります。

この言葉がよく使われる場面としては、話題や事件などが挙げられます。

例文3から例文5のトピックは、題目やテーマの意味で使われています。

トピックスの例文と使い方

1.掲載されているトピックスの中でも注目を集めているのが、有名俳優が結婚したという記事で、SNSなどでも多くの人が話題にしている。
2.トピックス一覧には直近で起きた出来事が並べられており、見出しだけ確認しても一週間で何が起きたのか何となく把握できるだろう。
3.昼時の学生たちからは同じような会話が聞こえ、今朝発表された最新のトピックスで持ち切りなのだろうことを察した。
4.インターネットのトピックスページには、期間限定メニューやその時々のキャンペーンに関してのお知らせが書かれている。
5.日経平均株価とトピックスは日本における代表的な株価指数と言われている。
6.ニュースでは日々様々なトピックスが取り上げられているが、冷静に見ると凄くくだらなかったり、意図的に選ばれている気がするものも多くある。
7.インターネットの登場により、ニュースで報じられた全てのトピックスを確認することも簡単になりました。
8.アニメオタク界隈の注目トピックスは、その界隈を飛び出してSNSのHOT検索ワードとなるほどだった。
9.今年は地元の花火大会が行われるかの情報を探しているのだが、自治体のトピックスページには見当たらないようだった。
10.今月のトピックスは「国際花博覧会がやって来る!」、特集は「自然災害からどう身を守るか」です。 詳細は市役所HPをご覧ください。

この言葉がよく使われる場面としては、いくつかの話題や事件などが挙げられます。

例文5のトピックスは東証株価指数を表す言葉として使われています。

トピックとトピックスは、どちらも「話題」を表します。どちらを使うか迷った場合は、一つの話題を表す場合は「トピック」を、複数の話題を表す場合は「トピックス」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター