【大切】と【大事】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「大切」(読み方:たいせつ)と「大事」(読み方:だいじ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「大切」と「大事」という言葉は、どちらもとても重要であることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



大切と大事の違い

大切と大事の意味の違い

大切と大事の違いを分かりやすく言うと、大切は丁寧に扱うという意味も持っており、大事は非常に心配な事態という意味も持っているという違いです。

大切と大事の使い方の違い

一つ目の大切を使った分かりやすい例としては、「日々の出会いを大切にする」「大切にしている手紙」「人生で何を大切にしているか」「時間を大切にして練習に励む」「祖父の形見の万年筆を大切にする」などがあります。

二つ目の大事を使った分かりやすい例としては、「大事な腕時計を修理に出す」「お金よりも時間が大事だと思う」「お大事になさってください」「大事に至らずに済んで良かった」などがあります。

大切と大事の使い分け方

重要であることを表す場合、「大切」と「大事」を入れ替えても問題はありません。「大切な腕時計」を「大事な腕時計」と置き換えることができます。

丁寧に扱うことを表す場合は「大切」を使います。この場合、「大切」を「大事」に置き換えると意味が変わります。

「形見の万年筆を大切にする」と「形見の万年筆を大事にする」とでは、ニュアンスが変わります。「大切」の場合は丁寧に扱うことを意味し、「大事」の場合は存在自体が重要であることを意味します。

非常に心配な事態を表す場合は「大事」を使います。「大事に至らずに済んで良かった」を「大切に至らずに済んで良かった」と置き換えることはできません。

大切と大事の英語表記の違い

大切も大事も英語にすると「important」となり、例えば上記の「大事な腕時計」を英語にすると「Important watch」となります。

大切の意味

大切とは

大切とは、もっとも必要であり重要であることを意味しています。

他にも、丁寧に扱って大事にすることの意味も持っています。

表現方法は「大切にする」「大切に使う」「大切にします」

「大切にする」「大切に使う」「大切にします」などが、大切を使った一般的な表現方法です。

大切の使い方

「意味を理解することが大切です」「点数を取ることが大切ではない」「手洗いうがいの大切さを伝える」「大切な人を亡くした哀しみ」などの文中で使われている大切は「もっとも必要であり重要であること」の意味で使われています。

一方、「ペットを愛情深く大切に育てる」「もらったプレゼントを大切にする」「恋人を大切にしてくれる男性」などの文中で使われている大切は「丁寧に扱って大事にすること」の意味で使われています。

大切の由来

大切の由来は「大いに迫る(切る)」「切迫する」の意味の和製漢語からきています。「緊急を要するさま」の意味から、平安末期には「肝要なさま」の意味で用いられました。 中世には「かけがえのないもの」の意味から、「心から愛する」意味としても使われるようになりました。

大切の対義語

大切の対義語・反対語としては、価値がなくいい加減に扱うことを意味する「粗末」、いいかげんで大ざっぱなことを意味する「粗雑」などがあります。

大切の類語

大切の類語・類義語としては、物事の本質・成否などに大きくかかわることを意味する「重要」、最も必要なことを意味する「肝要」、欠くことのできない最も重要なことを意味する「肝心」などがあります。

大切の切の字を使った別の言葉としては、身にしみて感じることを意味する「切実」、思いが強く胸に迫ることを意味する「切切」、とっておきの有力な手段を意味する「切札」などがあります。

大事の意味

大事とは

大事とは、重要で価値があることを意味しています。

他にも、非常に心配な事態の意味も持っています。

表現方法は「大事にする」「大事になる」「大事に思う」

「大事にする」「大事になる」「大事に思う」「大事な人」「大事に使う」などが、大事を使った一般的な表現方法です。

大事の使い方

「人付き合いを大事にする」「大事な話がある」「どれも大事じゃない」「大事なことなのでよく聞いてください」「努力することが大事です」などの文中で使われている大事は「重要で価値あるもの」の意味で使われています。

一方、「大事に至らないで良かった」「大事に至りませんようご自愛ください」などの文中で使われている大切は「非常に心配な事態」の意味で使われています。

四字熟語「後生大事」の意味

大事を使った四字熟語には、今を大切にする意味を持つ後生大事(読み方:ごしょうだいじ)があります。この四字熟語は仏教に由来する言葉で、「後生」は死後ふたたび生まれることを意味しています。

大事の対義語

大事の対義語・反対語としては、取るに足らない事柄を意味する「小事」、ちょっとしたことを意味する「かりそめ」などがあります。

大事の類語

大事の類語・類義語としては、きわめて重要であることを意味する「重大」、価値あるものを意味する「貴重」、危機にさらされる様子を意味する「重篤」、意味や目的を持っている様子を意味する「意義深い」などがあります。

大事の事の字を使った別の言葉としては、ものごとの内容や様子を意味する「事柄」、本当のことを意味する「事実」、物事の理由を意味する「事由」などがあります。

大切の例文

1.修学旅行で広島の原爆ドームを訪れ、平和の大切さを感じることができた。
2.人生において大切だと思うものはたくさんあるが、その中で一番大切だと思うものは家族です。
3.彼女はいつも大切にしているアクセサリーを身に着けている。
4.私は両親から毎年もらう誕生日プレゼントをとても大切にしている。
5.就職祝いでいただいた贈り物は大切に使わせていただきます。

この言葉がよく使われる場面としては、もっとも重要であることや丁寧に扱うことを表現したい時などが挙げられます。

例文1や例文2で使われる「大切」はもっとも必要であり重要であることの意味で使われています。この場合、「大切」を「大事」に置き換えることができます。

例文3から例文5で使われている「大切」は丁寧に扱うことの意味で使われており、「大事」に置き換えるとニュアンスが変わります。

大事の例文

1.物件探しは駅からの距離や利便性も大事だが、近隣のコミュニティも大事です。
2.彼は人付き合いにおいてコミュニケーションを大事にしている。
3.職場や病院などでのクラスター感染防止がとても大事である。
4.友人が交通事故にあったが命に別状はないとのことで、大事に至らななくてホッとした。
5.風邪の症状が長引いているようですので無理をせずお大事になさってください。

この言葉がよく使われる場面としては、重要で価値があることや非常に心配な事態を表現したい時などが挙げられます。

例文1から例文3使われる「大事」は重要で価値があることの意味で使われています。この場合、「大事」を「大切」に置き換えることができます。例文4や例文5で使われている「大事」は非常に心配な事態の意味で使われており、「大事」に置き換えることはできません。

大切や大事という言葉は人生の中で数えきれないほど、聞いたり使ったりする言葉なはずです。共通する意味がある一方、共通しない意味もあるので、的確に捉えて理解したり、意識して使い分けるようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター