今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【功を奏す】と【功を奏する】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「功を奏す」(読み方:こうをそうす)と「功を奏する」(読み方:こうをそうする)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「功を奏す」と「功を奏する」という言葉は、どちらも効果を現すことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「功を奏す」と「功を奏する」の違い

「功を奏す」と「功を奏する」の意味の違い

「功を奏す」と「功を奏する」の違いを分かりやすく言うと、「功を奏す」とは「功を奏する」を省略した言葉、「功を奏する」とは効果を現すことという違いです。

「功を奏す」と「功を奏する」の使い方の違い

一つ目の「功を奏す」を使った分かりやすい例としては、「新しい施策が功を奏し売り上げが伸びました」「地道な努力が功を奏し国家試験に合格することができました」「諦めなければ功を奏すこともあるはずだ」などがあります。

二つ目の「功を奏する」を使った分かりやすい例としては、「説得が功を奏する」「この対策が功を奏して危機を乗り切ることができました」「新しい方策はインフレ抑制に功を奏することとなった」などがあります。

「功を奏す」と「功を奏する」の使い分け方

「功を奏す」と「功を奏する」はどちらも効果を現すことや成功することを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「功を奏す」は「功を奏する」を省略した言葉という点です。

したがって、どちらも全く同じ意味を持ち同じ使い方をするので、基本的に好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

「功を奏す」と「功を奏する」の英語表記の違い

「功を奏す」も「功を奏する」も英語にすると「be effective」「be successful」となり、例えば上記の「新しい方策はインフレ抑制に功を奏することとなった」を英語にすると「The new measures were effective in curbing inflation」となります。

「功を奏す」の意味

「功を奏す」とは

「功を奏す」とは、効果を現すことを意味しています。

「効を奏す」は誤用

「功を奏す」を「効を奏す」とするのは誤用なので、間違えないように注意しましょう。

「功を奏す」は「功を奏して」「功を奏し」と言い換え可能

「功を奏す」は「功を奏して」「功を奏し」などと言い換えることも可能です。

「功を奏す」の使い方

「功を奏す」を使った分かりやすい例としては、「リーダーの機転の利いた対応が功を奏すこととなりました」「動画で功を奏すには毎日投稿し続けることが大事だろう」「プレイスタイルを変えたことが功を奏し再び日本代表へ登り詰めました」などがあります。

「功を奏す」は経験や努力の積み重ねで出てくる効果のことを意味する「功」に、成果をもたらすことを意味する「奏す」が合わさり、効果を現すことや成功することを意味する慣用句です。

「功を奏す」は、事前に練っていた作戦や計画の通りに物事が進み、効果が現れたり成功した場合に使う言葉です。そのため、基本的にプラスのイメージで使う言葉になります。

「功を奏す」と「功を成す」の違い

「功を奏す」の似た言葉に「功を成す」があります。「功を成す」も成功することを意味する言葉ですが、使う対象が異なっていると覚えておきましょう。

「功を奏す」は方策や方法などに使うのに対して、「功を成す」は「功を成す者は皆努力している」のように、主語が「人」の場合に使われることが多いです。

「功を奏す」の類語

「功を奏す」の類語・類義語としては、優れた業績や記録が出ることを意味する「結果が出る」、非常に良いことを意味する「上々」、優れた成果が現れることを意味する「結果に現れる」などがあります。

「功を奏する」の意味

「功を奏する」とは

「功を奏する」とは、効果を現すことを意味しています。

「功を奏する」は「功を奏して」「功を奏し」と言い換え可能

「功を奏する」は「功を奏して」「功を奏し」などと言い換えることも可能です。

「功を奏する」の使い方

「功を奏する」を使った分かりやすい例としては、「心が折れなければ功を奏することもあるので諦めずに続けようと思います」「この選手交代が功を奏するとは思ってもいませんでした」「新しい施策が功を奏して今月の売り上げが増えました」などがあります。

「功を奏する」は経験や努力の積み重ねで出てくる効果のことを意味する「功」に、成果をもたらすことを意味する「奏す」が合わさり、効果を現すことや成功することを意味する慣用句です。

「功を奏する」は、事前に練っていた作戦や計画の通りに物事が進み、効果が現れたり成功した場合に使う言葉です。そのため、基本的にプラスのイメージで使う言葉になります。

「功を奏する」と「功を成する」の違い

「功を奏する」の似た言葉に「功を成する」があります。「功を成する」も成功することを意味する言葉ですが、使う対象が異なっていると覚えておきましょう。

「功を奏する」を「効を奏する」とするのは一般的に誤用と言われていますが、医療などの薬物に対して使う場合は正しい使い方と記載している辞書もあります。そのため、一般的には「功を奏する」の方がいいですが、「効を奏する」でも必ずしも間違いではないと覚えておきましょう。

「功を奏する」の類語

「功を奏する」の類語・類義語としては、目標どおりの成果があがることを意味する「奏功する」、物事が都合よく運ぶことを意味する「首尾良く」、あることをして得られた良い結果のことを意味する「成果が上がる」などがあります。

「功を奏す」の例文

1.作戦を変更したことが功を奏し、この試合を逆転することができました。
2.政府の新たなる施策が功を奏し、我が国の景気は回復することができました。
3.相手を欠点を指摘しても功を奏すことはあまりないので、誉めて伸ばした方がいいだろう。
4.この企画が功を奏すかは、来年以降にならないと分からないとだろう。
5.彼女の一言が功を奏し、人として道を踏み外す一歩手前で止まることができました。

この言葉がよく使われる場面としては、効果を現すことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「功を奏す」は、プラスのイメージで使われている言葉です。

「功を奏する」の例文

1.彼は名将と呼ばれているが、就任時から功を奏するというわけではありませんでした。
2.バラティ路線に転換することが功を奏して、再び人気俳優になることができました。
3.地道に勉強を続けた結果、東京大学に合格することができました。まさに功を奏するだろう、
4.監督の采配が功を奏して、首位を決める天王山で勝利することができました。
5.彼女にとって今はとても辛い時期だが、諦めないで続ければ功を奏することもあるだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、効果を現すことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「功を奏する」は、プラスのイメージで使われている言葉です。

「功を奏す」と「功を奏する」はどちらも効果を現すことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「功を奏す」は「功を奏する」を省略した言葉、「功を奏する」は効果を現すことと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター