今日の買取件数:20件/今月の買取件数:460件/累計買取件数:28,706件

【お心遣い痛み入ります】と【お気遣い痛み入ります】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「お心遣い痛み入ります」(読み方:おこころづかいいたみいります)と「お気遣い痛み入ります」(読み方:おきづかいいたみいります)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お心遣い痛み入ります」と「お気遣い痛み入ります」という言葉は、どちらも心が痛むほど感謝することを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「お心遣い痛み入ります」と「お気遣い痛み入ります」の違い

「お心遣い痛み入ります」と「お気遣い痛み入ります」の意味の違い

「お心遣い痛み入ります」と「お気遣い痛み入ります」の違いを分かりやすく言うと、「お心遣い痛み入ります」の方が「お気遣い痛み入ります」よりも丁寧な表現という違いです。

「お心遣い痛み入ります」と「お気遣い痛み入ります」の使い方の違い

一つ目の「お心遣い痛み入ります」を使った分かりやすい例としては、「ここにいる皆様のお心遣い痛み入ります」「弊社までお越しいただきお心遣い痛み入ります」「ご親切なお心遣い痛み入ります」などがあります。

二つ目の「お気遣い痛み入ります」を使った分かりやすい例としては、「このような対応をしていただきお気遣い痛み入ります」「今回はお力添えいただきお気遣い痛み入ります」「弊社都合にも関わらずお取り計らいいただきお気遣い痛み入ります」などがあります。

「お心遣い痛み入ります」と「お気遣い痛み入ります」の使い分け方

「お心遣い痛み入ります」と「お気遣い痛み入ります」はどちらも心が痛むほど感謝することを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「お心遣い痛み入ります」の方が「お気遣い痛み入ります」よりも丁寧な表現という点です。

また、どちらの言葉も敬意を払っている丁寧な表現なので、目上の人に対して使用しても問題ないと覚えておきましょう。

「お心遣い痛み入ります」と「お気遣い痛み入ります」の英語表記の違い

「お心遣い痛み入ります」も「お気遣い痛み入ります」も英語にすると「I really appreciate the concerm」「Thank you very much for your kindness」となります。

「お心遣い痛み入ります」の意味

「お心遣い痛み入ります」とは

「お心遣い痛み入ります」とは、心が痛むほど感謝することを意味しています。

「お心遣い痛み入ります」の読み方

「お心遣い痛み入ります」の読み方は「おこころづかいいたみいります」です。誤って「おこころつかいいたみいります」などと読まないようにしましょう。

「お心遣い痛み入ります」の使い方

「お心遣い痛み入ります」を使った分かりやすい例としては、「この度の異動に際しましてはお心遣い痛み入ります」「私の家族にまでご配慮いただきお心遣い痛み入ります」「貴重なご意見とご配慮、お心遣い痛み入ります」などがあります。

「お心遣い痛み入ります」は、あれこれと気を配ることを意味する「心遣い」に、接頭語の「お」と相手の手厚い配慮や好意などに対して深く感じることを意味する「痛み入る」を丁寧表現した「痛み入ります」が合わさり、心が痛むほど感謝することの意味で使われている言葉です。

「お心遣い痛み入ります」はとても丁寧な表現なので、目上の人に対して使うことができます。また、ビジネスシーンだけではなく、結婚式やお葬式などの冠婚葬祭でも使うことができる言葉と覚えておきましょう。

「お心遣い痛み入ります」を使う上で注意しなければならないのは、立場が同等の人や目下の人に対してはあまり適していないという点です。なぜなら、立場が同等の人や目下の人に対しては、少し大げさな表現になるからです。

もし、立場が同等の人や目下の人に対して使いたいのであれば、素直に「ありがとうございます」などを使うのがいいでしょう。

「お心遣い痛み入ります」の正しい返事

「お心遣い痛み入ります」の正しい返事や返答としては、「とんでもございません」「恐縮でございます」などがあります。

「お心遣い痛み入ります」の類語

「お心遣い痛み入ります」の類語・類義語としては、心遣いに感謝することを意味する「お心遣いに感謝いたします」、相手に感謝を伝えることを意味する「ありがたく存じます」などがあります。

「お気遣い痛み入ります」の意味

「お気遣い痛み入ります」とは

「お気遣い痛み入ります」とは、心が痛むほど感謝することを意味しています。

「お気遣い痛み入ります」の読み方

「お気遣い痛み入ります」の読み方は「おきづかいいたみります」です。誤って「おきつかいいたみいります」などと読まないようにしましょう。

「お気遣い痛み入ります」の使い方

「お気遣い痛み入ります」を使った分かりやすい例としては、「この度は私の就任に際しお気遣い痛み入ります」「今回の受賞を褒めていただきお気遣い痛み入ります」「この度は大層なお品をいただきお気遣い痛み入ります」などがあります。

「お気遣い痛み入ります」は、あれこれと気を遣うことを意味する「気遣い」に、接頭語の「お」と相手の手厚い配慮や好意などに対して深く感じることを意味する「痛み入る」を丁寧表現した「痛み入ります」が合わさり、心が痛むほど感謝することの意味で使われている言葉です。

「お気遣い痛み入ります」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことができます。また、直接対面した場合だけはなく、ビジネスメールなどの文章でも使うことができると覚えておきましょう。

「お気遣い痛み入ります」を使う上で注意しなければならないのは、立場が同等の人や目下の人に対してはあまり適していないという点です。なぜなら、立場が同等の人や目下の人に対しては、少し大げさな表現になるからです。

もし、立場が同等の人や目下の人に対して使いたいのであれば、素直に「ありがとうございます」などを使うのがいいでしょう。

「お気遣い痛み入ります」の正しい返事

「お気遣い痛み入ります」の正しい返事や返答としては、「とんでもございません」「恐縮でございます」などがあります。

「お気遣い痛み入ります」の類語

「お気遣い痛み入ります」の類語・類義語としては、気遣ってもらったことに感謝することを意味する「お気遣いありがとうございます」、相手が特別な気遣いをしてくれたことに対して感謝することを意味する「ご厚情痛み入ります」などがあります。

「お心遣い痛み入ります」の例文

1.この度はこのような贈り物までいただきまして、お心遣い痛み入ります。
2.急な発注にも対応していただき、御社のお心遣い痛み入ります。
3.本日はお忙しい中ご出席の上、素敵なお土産まで頂戴し、お心遣い大変痛み入ります。
4.有給が取得しやすい環境を作って下さり、社長のお心遣い痛み入ります。
5.この度は急な申し出にも関わらず引き受けていただき、皆様のお心遣い痛み入ります。
6.お世話になったお礼に、手作りの贈り物をいただきました。その温かいお心遣い痛み入ります。
7.ただでさえご多忙の中、私たちのプロジェクトにお時間を割いていただき、お心遣い痛み入ります。
8.突然のお誘いにもかかわらず、お越しいただいたこと、そして美味しいお土産まで頂戴しまして、お心遣い痛み入ります。
9.この度の異動に際しましては、部長の特別な計らいがあってこそで、そのお心遣い痛み入ります。
10.あなた様には職場を紹介してくださっただけでなく、アパートも探していただきまして、お心遣い痛み入ります。

この言葉がよく使われる場面としては、心が痛むほど感謝することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お心遣い痛み入ります」は冠婚葬祭においても使える言葉です。

「お気遣い痛み入ります」の例文

1.本日はたくさんの方々にご協力いただきました。皆様のお気遣い痛み入ります。
2.こちらの都合にも関わらず日程を調整していただき、お気遣い痛み入ります。
3.この度はご心配いただきありがとうございます。皆様のお気遣い痛み入ります。
4.お忙しい中結婚式にご足労いただき、お気遣い痛み入ります。
5.本日はお足元の悪い中、弊社までお越しいただき、お気遣い痛み入ります。
6.若い人が休暇を取りやすいように部内の環境改善に尽力してくださった部長のお気遣い痛み入ります。
7.こちらの緊急のリクエストにもかかわらず、快く対応していただき、お気遣い痛み入ります。
8.先日は突然のお願いにもかかわらず、迅速に対応いただき、お気遣い痛み入ります。
9.突然の訪問にもかかわらず、スタッフの皆様に温かく迎え入れていただき、お気遣い痛み入ります。
10.別のお仕事で忙しいにも関わらず、イベントのお手伝いに駆けつけていただき、お気遣い痛み入ります。

この言葉がよく使われる場面としては、心が痛むほど感謝することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「お気遣い痛み入ります」は目上の人に対しても使うことができる言葉です。

「お心遣い痛み入ります」と「お気遣い痛み入ります」はどちらも心が痛むほど感謝することを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「お心遣い痛み入ります」の方が「お気遣い痛みります」よりも丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター