今日の買取件数:20件/今月の買取件数:100件/累計買取件数:17,746件

【アイドルタイム】と【ピークタイム】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「アイドルタイム」と「ピークタイム」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「アイドルタイム」と「ピークタイム」という言葉は、どのような時間かを表すという共通点がありますが、本来の意味は大きく異なります。




アイドルタイムとピークタイムの違い

アイドルタイムとピークタイムの意味の違い

アイドルタイムとピークタイムの違いを分かりやすく言うと、アイドルタイムは稼働していない時間を表現する時に使い、ピークタイムは最も忙しく稼働している時間を表現する時に使うという違いです。

アイドルタイムとピークタイムの使い方の違い

一つ目のアイドルタイムを使った分かりやすい例としては、「アイドルタイムの削減をするために様々な案が出された」「アイドルタイムを狙って注文をする」「アイドルタイムの間にやるべきことを終えておきたい」などがあります。

二つ目のピークタイムを使った分かりやすい例としては、「ピークタイムの間は他のことを考えることができない」「土日祝と平日のピークタイムはずれているため満員電車に乗ることになった」などがあります。

アイドルタイムとピークタイムは、どちらも作業時間を表す言葉ですが、意味は大きく異なります。

アイドルタイムは、何も動いていない時間や何も稼働していない時間、空いた時間を表す言葉です。コンピュータにおいて、処理を何も行っていない状態を指すこともあります。

一方のピークタイムは、最高潮の時間を表す言葉で、飲食店や交通機関の混雑時、工場が最も稼働する時間など様々なシーンで使われている言葉です。

つまり、何も稼働していないアイドルタイムと忙しなく稼働しているピークタイムは、対義語・反対語に当たる言葉であり、明確な違いです。

アイドルタイムとピークタイムの英語表記の違い

アイドルタイムを英語にすると「idle time」となり、例えば上記の「アイドルタイムの削減」を英語にすると「reducing idle time」となります。

一方、ピークタイムを英語にすると「peak time」となり、例えば上記の「ピークタイムの間」を英語にすると「during peak time」となります。

アイドルタイムの意味

アイドルタイムとは

アイドルタイムとは、稼働していない時間を意味しています。

その他にも、客足が少ない時間帯を意味する言葉として使われています。

アイドルタイムの使い方

「アイドルタイムにも多くの費用が発生している」「アイドルタイムを減少させることが目下の課題である」「専用機のアイドルタイムの改善を依頼されている」などの文中で使われているアイドルタイムは、「無作業時間や待機時間」の意味で使われています。

一方、「ランチタイム後のアイドルタイムでディナータイムの準備をする」「アイドルタイムにも湯加減はちょうどよかった」「狙うはアイドルタイムと早めに出発した」などの文中で使われているアイドルタイムは、「利用者が少ない時間」の意味で使われています。

上記例文のように工場や飲食店などで使われている言葉ですが、IT分野でも、起動状態のコンピュータが処理待ち状態を表す時にアイドルタイムという言葉が使われています。

アイドルタイムの由来

アイドルタイムは英語で「idle time」と表記され、遊び時間や遊休時間、不動時間、空き時間を意味する言葉として使われています。アイドルという言葉が、仕事のない、働いていない、暇な様子を表すため、日本語でも同じように使われています。

芸能人や人気者に対して使われることが多くありますが、英語で「idol」と表記されるアイドルは偶像や崇拝される人を表す語であるため、アイドルタイムのアイドルとは全く別のものです。

アイドルタイムの対義語

アイドルタイムの対義語・反対語としては、最も盛んで重要な時間や場面を意味する「山場」、物事の勢いが最も盛んな時を意味する「峠」があります。

アイドルタイムの類語

アイドルタイムの類語・類義語としては、機器類などの反応がない時間を意味する「デッドタイム」、システムやネットワークなど不具合によって停止している時間を意味する「ダウンタイム」などがあります。

ピークタイムの意味

ピークタイムとは

ピークタイムとは、最も忙しく稼働している時間を意味しています。

その他にも、最も混雑する時間を意味する言葉として使われています。

ピークタイムの使い方

「海外とのやり取りがメインであるためこの仕事のピークタイムは夕方以降にやってくる」「電力使用量が多いピークタイムは値上がりしている」などの文中で使われているピークタイムは、「忙しい稼働時間」の意味で使われています。

一方、「ピークタイムだからかカーナビが再度ルート検索を始めた」「ディナー時のピークタイムを過ぎた後は疲労困憊だった」「ピークタイムを教えてくれるシステムに頼る」などの文中で使われているピークタイムは、「混雑時間」の意味で使われています。

ピークタイムは英語で「peak time」と表記され、最高潮の時間、ピーク時を意味します。「peak」が山頂や先端、最高点を表すことから、ピークという言葉だけで最も忙しい状態や、最も混雑している時間を表すこともあります。

機械や施設が最も稼働する時間や、人や車などで最も混雑する時間帯を表すことがほとんどですが、上記例文の「電力使用量が多いピークタイム」のように、電力の消費量が多い時間帯に対しても使われることがあります。

ピークタイムの対義語

ピークタイムの対義語・反対語としては、活用されないまま放置されている時間を意味する「遊休時間」があります。

ピークタイムの類語

ピークタイムの類語・類義語としては、通勤および通学者などで交通機関が混雑する時間を意味する「ラッシュアワー」、テレビ番組の看板番組が並ぶ時間帯を意味する「ゴールデンタイム」、仕事が多く忙しい時期を意味する「繁忙期」などがあります。

アイドルタイムの例文と使い方

1.大幅にアイドルタイムを短縮するために工程を一度見直さなければならない。
2.アイドルタイムに発生するコストをアイドルコストと言うらしい。
3.雪の影響でアイドルタイムが増加してしまったが故に、業績が落ちている事実を受け止める必要がある。
4.アイドルタイムからシフトの時間が始まるため、その間に引継ぎなどをして交代して、ディナータイムに備えなければならない。
5.休憩はいつもアイドルタイムに貰っていたが、今日はなかなか客足が引かず、休憩時間をいつ取るべきか考えている。

この言葉がよく使われる場面としては、稼働していない時間を意味する時などが挙げられます。

例文4や例文5のように、利用者や客足が少ない時間を指す言葉としても使われています。

ピークタイムの例文と使い方

1.電力使用のピークタイムが続く期間中は節電が呼び掛けられるため、冷房の温度設定を少し高めに設定している。
2.自分自身のピークタイムを考えた時、昼食を食べた後だということに気が付いた。
3.交通事故はピークタイムに一番起きやすいが、それは夕刻の帰路につく人が多い時間帯である。
4.一番のピークタイムに訪れてしまったからか待っている組数が二桁に及ぶほどだったため、食事をする店を変えなければならなかった。
5.ピークタイムを避けて行動ができるのが好ましいが、仕事や学校など決まったスケジュールに沿う生活では難しいだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、最も忙しく稼働している時間を意味する時などが挙げられます。

例文3から例文5のように、混雑する時間を指す言葉としても使われています。

アイドルタイムとピークタイムは、どちらも時間を表します。どちらを使うか迷った場合は、稼働していない時間を表す場合は「アイドルタイム」を、最も忙しく稼働している時間を表す場合は「ピークタイム」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター