今日の買取件数:20件/今月の買取件数:20件/累計買取件数:16,446件

【リスクヘッジ】と【リスク回避】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「リスクヘッジ」と「リスク回避」(読み方:りすくかいひ)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「リスクヘッジ」と「リスク回避」という言葉は、「リスクへの対応方法」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




リスクヘッジとリスク回避の違い

リスクヘッジとリスク回避の意味の違い

リスクヘッジとリスク回避の違いを分かりやすく言うと、リスクヘッジはリスクへの対策をすることも含む時に使い、リスク回避はリスクの原因を絶つことのみを表す時に使うという違いです。

リスクヘッジとリスク回避の使い方の違い

一つ目のリスクヘッジを使った分かりやすい例としては、「リスクヘッジの手段として考えられるものを教わった」「リスクヘッジ能力が高まっているため対応できた」「取引におけるリスクヘッジは念頭に置いておくべきだ」などがあります。

二つ目のリスク回避を使った分かりやすい例としては、「リスク回避の相談を専門家にしてみたい」「リスク回避の考え方をしているからかリターンはしっかりとほしいと感じる」「熱中症リスク回避の呼びかけが行われた」などがあります。

リスクヘッジとリスク回避の使い分け方

リスクヘッジとリスク回避はどちらも、危機や危険に陥ること、またはそれらに陥る可能性を避けるための対応を指す言葉ですが、若干対応方法が異なります。

リスクヘッジはリスクを避けることを表しますが、リスクに陥る前に策を講じることを含みます。そのため、リスクによって受ける影響を低減させることも含みます。

一方のリスク回避は、リスクヘッジと同じように使われていますが、リスクヘッジには含まれている影響の低減や軽減のような意味は持ちません。

つまり、リスクヘッジは不測の事態に備えることも含みますが、リスク回避には損失を生むものを絶つことのみを表すという違いがあります。しかし、今日ではどちらもリスクヘッジのように使われ、差はないものとして使われています。

リスクヘッジとリスク回避の英語表記の違い

リスクヘッジを英語にすると「risk hedging」となり、例えば上記の「リスクヘッジのための手段」を英語にすると「a method for risk hedging」となります。

一方、リスク回避を英語にすると「risk avoidance」「risk aversion」となり、例えば上記の「リスク回避の行動」を英語にすると「behavior of risk avoidance」となります。

リスクヘッジの意味

リスクヘッジとは

リスクヘッジとは、危険を避けることや不測の事態に備えることを意味しています。

表現方法は「リスクヘッジする」「リスクヘッジをとる」「リスクヘッジを行う」

「リスクヘッジする」「リスクヘッジをとる」「リスクヘッジを行う」などが、リスクヘッジを使った一般的な言い回しです。

リスクヘッジの使い方

リスクヘッジを使った分かりやすい例としては、「先物取引でのリスクヘッジは保険とは言えるが予定していた利益は出ないだろう」「先日倒産した会社はリスクヘッジをしていなかったらしい」「リスクヘッジを適切に行うことが望まれている」などがあります。

その他にも、「リスクヘッジ能力は評価されるに違いない」「才能よりも経験がリスクヘッジに影響を与えるだろう」「慎重にリスクヘッジを行うことも必要だが早めに決断する力も大切だ」などがあります。

リスクヘッジは英語で「risk hedge」と表記されますが、和製英語のため基本的に英会話において使われることはあまりありません。「risk hedging」という表現もありますが、「hedge one’s risk」などの表現が使われることがほとんどです。

リスクヘッジのヘッジは「避けること」を意味しますが、他にも「大きな損失を負わないようにすること」も意味します。そのため、リスクヘッジという言葉も、単純に損失を避けるだけでなく、負担を予測して軽減することを意味に含んでいます。

多くのビジネスシーンで使われていますが、金融用語としてもリスクヘッジは使われており、リスクに対応するための体制を取って備えることを意味します。具体的には、資産運用にて使われ、別の取引で損失を最小限に抑えるなどの方法が取られています。

リスクヘッジの対義語

リスクヘッジの対義語・反対語としては、リスクを冒すことを意味する「リスクテイク」があります。

リスクヘッジの類語

リスクヘッジの類語・類義語としては、事故や危機に発展する可能性を排除や低減することを意味する「リスクマネジメント」などがあります。

リスク回避の意味

リスク回避とは

リスク回避とは、将来起きる可能性があるリスクを回避しようとする行動を意味しています。

リスク回避の使い方

リスク回避を使った分かりやすい例としては、「リスク回避のためにリターンの再確認をしておく」「低減をしても何も変わらないのであればリスク回避する他ない」「リスク回避で使われる関数を見てみたが何も分からなかった」などがあります。

その他にも、「感染症リスク回避に注力してきたが一人の力では意味がない」「リスク回避志向の人たちと経済を如何に回すかという人たちの意見を聞いた」「熱中症リスク回避のポスターが貼られるほどには熱中症になった人がいたのだろう」などがあります。

リスク回避はビジネスシーンなどで多く使われている表現ですが、経済学やIT分野において使われることも多く、「危険回避」「リスク破棄」とも呼ばれています。

リスクヘッジなどとは異なり、危険や危機に陥ると考えられる行動をそもそもしないことを意味します。リスク対応は他にも、リスクの低減、移転、保有があり、その状態を受け入れる保有とリスク要因を取り除く回避はどちらも策を講じないやり方とされています。

リスク回避の対義語

リスク回避の対義語・反対語としては、大きなリスクを受ける方がよいという考え方を意味する「リスク愛好」、返ってくるものがあればリスクの大小は問わないという考え方を意味する「リスク中立」があります。

リスク回避の類語

リスク回避の類語・類義語としては、居心地の悪い状況を避けることを意味する「回避行動」などがあります。

リスクヘッジの例文と使い方

1.意味がないとされるリスクヘッジであっても、あくまで保険であるため実際考えられるリスクに陥らない方がいいのは当たり前だ。
2.時間を掛けて慎重にリスクヘッジを行う必要がある場合と、早々に決断して周囲に指示を出す必要がある場面、どちらにも適応できるようになりたい。
3.リスクヘッジの方法として挙げられることは全て試してみようと思っている。
4.保険の加入はリスクヘッジに含まれているため、無駄な支出ではない。
5.住宅ローンの返済に関するリスクヘッジの一つには、契約者の心身に何か影響があった際に一定額補填するなどの制度がある。
6.属人化へのリスクヘッジとして、業務はチーム制で担当しメンバーは必ずメールのCCに入れるなど、マニュアルが作成されることになった。
7.先物取引というと危険なイメージがあるが、リスクヘッジを取ることができて一種の保険として機能できます。
8.もしはじめて株式投資をするなら、リスクヘッジの一手法としてインデックスファンドがおすすめです。
9.華僑の人たちは、世界中のどこの国でも生きていけるよう、リスクヘッジをつねに意識しながら生きているように思えました。
10.私が考える副業とは本業が飛んだ場合のリスクヘッジの意味合いが強いので、知識やスキルをマネタイズする方法が最適です。

この言葉がよく使われる場面としては、危険を避けることや不測の事態に備えることを表す時などが挙げられます。

どの例文のリスクヘッジも、根本から原因を絶つことには使われていないため、リスク回避という言葉に置き換えて使うことはあまり適していません。

リスク回避の例文と使い方

1.リスク回避的な考えをする投資家の友人は、どのような場面でも自身の負ったリスクに対する見返りを求めてくる。
2.基本的にギャンブルはしないため、リスク回避をしがちだが、勝負をして負けている人を見ると自分はこのままでいいと思える。
3.日本人はリスク回避志向が強いと言われることもあるようだが、不景気の中過ごしていれば将来を見据えて大きな投資に踏み出せない人も多いだろう。
4.流行り病の感染リスクを回避するためにも、手洗いうがいは徹底している。
5.出先で辺りを見渡せば、感染症のリスク回避のために店内の換気が行われたり、消毒液が設置されたりしている。
6.リスク回避を優先して転職に踏み切れず、これでよかったと思う反面、猛烈な後悔に襲われる時がある。
7.経済危機へのリスク回避の動きから、円を買う動きが活発となり1ドル115円台に突入した。
8.ニューヨークダウ平均は、長期金利の上昇継続によるリスク回避姿勢が強いため、下落傾向が見られる。
9.「多数決」という決定方法は一見合理的だが、誰も責任を負わないためのもので、これはリスク回避以外の何物でもない。
10.長年の不景気の世の中で、生活の安定を求めリスク回避する若者はどんな世代より賢いと思います。

この言葉がよく使われる場面としては、将来起きる可能性があるリスクを回避しようとする行動を表す時などが挙げられます。

基本的には例文1から例文3のように経済面において使われていますが、例文4や例文5のように経済以外の危険性を回避することに対しても使われています。

リスクヘッジとリスク回避は、どちらも「リスクへの対応方法」を表します。

どちらを使うか迷った場合は、リスクを受け入れ対策をすることも表す場合は「リスクヘッジ」を、リスクの原因を絶つことのみを表す場合は「リスク回避」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター