今日の買取件数:20件/今月の買取件数:40件/累計買取件数:18,926件

【フィードバック】と【フィードフォーワード】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「フィードバック」と「フィードフォワード」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「フィードバック」と「フィードフォワード」という言葉は、「物事の結果に対するアプローチ」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




フィードバックとフィードフォワードの違い

フィードバックとフィードフォワードの意味の違い

フィードバックとフィードフォワードの違いを分かりやすく言うと、フィードバックは過去の出来事を活かすことを表現する時に使い、フィードフォワードは未来を予測して変化させることを表現する時に使うという違いです。

フィードバックとフィードフォワードの使い方の違い

一つ目のフィードバックを使った分かりやすい例としては、「次の会議のために上司からのフィードバックを待つ」「フィードバックで得たものこそ重要となるだろう」「冷暖房のフィードバック装置は進化をし続けている」などがあります。

二つ目のフィードフォワードを使った分かりやすい例としては、「フィードフォワード制御装置には外的要因を察知するためのものが含まれている」「フィードフォワードが空調と連鎖してより快適な空間を生み出す」などがあります。

フィードバックとフィードフォワードの使い分け方

フィードバックとフィードフォワードは、どちらも物事の結果に対するアプローチの方法を指す言葉ですが、内容は大きく異なります。

フィードバックは、入力によって生じた出力が原因側へと戻り出力に影響を与える方法を指し、物事の結果をそれが生じた原因となった行動に活かすための反省や調整を行うことを意味する言葉として使われています。

一方のフィードフォワードは、事前に設定した目的に至るように情報を得ながら予測を行ない、今後の策を決定する方法を指す言葉です。フィードバックとは対照的で、未来のみを見据える考え方と言えます。

つまり、フィードバックは生じた結果を踏まえた上でその原因に影響を与えて改善などをしていくことを指し、フィードフォワードは生じるだろう結果を予測して目的通りの結果を得られるように影響を与えていくことを指すという違いがあります。

フィードバックとフィードフォワードの英語表記の違い

フィードバックを英語にすると「feedback」となり、例えば上記の「フィードバックを待つ」を英語にすると「wait for one’s feedback」となります。

一方、フィードフォワードを英語にすると「feed forward」となり、例えば上記の「フィードフォワード制御装置」を英語にすると「a feed forward control device」となります。

フィードバックの意味

フィードバックとは

フィードバックとは、動作が生じた結果を原因へと戻して影響を与える循環作用を意味しています。

表現方法は「フィードバックする」「フィードバックを受ける」

「フィードバックする」「フィードバックを受ける」「フィードバックを行う」などが、フィードバックを使った一般的な言い回しです。

フィードバックの使い方

「楽器によるフィードバックの音は奏法の一つとして使われている」「フィードバック装置が搭載された身近なものはエアコンだ」などの文中で使われているフィードバックは、「出力したものの一部を入力側へ戻すこと」の意味で使われています。

一方、「実験を踏まえてフィードバックを行なう」「フィードバックをしなければまた同じ過ちを繰り返す」「フィードバックのためのレポート課題が出た」などの文中で使われているフィードバックは、「結果を見て行動を変化させること」の意味で使われています。

フィードバックは英語で「feedback」と表記され、反応や意見、帰還を意味する言葉として使われています。この帰還は、工学における用語で装置から出力されたものが入力側に返されることを指しますが、日本語でも同じように使われています。

上記例文の「楽器によるフィードバックの音」は、楽器やスピーカーなど音の出力が大きい場合、音が作用する他の弦やマイクなどの入力反応となって異音が聞こえてくる現象によるもので、特に耳障りな音は「ハウリング」と呼ばれています。

また、今日ではビジネスシーンから日常生活において、生じた結果を見て反省や分析をしたうえで今後の行動を変化させることを意味する言葉として使われることがほとんどです。

ただし、フィードバックにおける議論が上から目線と感じる人も一定数いることから、目上の人の言動に対して行なう評価に対して使うには、あまり適していません。

フィードバックの類語

フィードバックの類語・類義語としては、物事の力が他のものに及ぶことやその結果を意味する「影響」、物事の動きを活発にさせるように外から作用することを意味する「刺激」、操作に対する反応を意味する「レスポンス」などがあります。

フィードフォワードの意味

フィードフォワードとは

フィードフォワードとは、結果を予測しながら変化させていくことを意味しています。

フィードフォワードの使い方

「フィードフォワード制御は予測通りであれば反応が遅れることはない」「フィードフォワード原理は多くの物事に応用ができる」などの文中で使われているフィードフォワードは、「出力の予測をするシステム制御方法」の意味で使われています。

一方、「同僚とフィードフォワードをするために何度も話し合いの場を設けている」「フィードフォワードも情報収集が必要となる」などの文中で使われているフィードフォワードは、「今後に向けた改善策」の意味で使われています。

フィードフォワードは英語で「feed forward」「feed-forward」と表記され、予測制御を意味します。「feed」は与えることや養うことを意味し、「forward」は今後や将来を意味することから、今後に向けた解決策を表す言葉としても使われています。

1923年に使われた言葉ですが、多くの論文や書籍などで明確に定義されたのは1980年代後半で、工学においてだけでなく生物学でも使われるようになり、人間の脳や遺伝子の機能における予測的な反応を意味します。

上記例文の「フィードフォワード制御」「フィードフォワード原理」などの使い方が多くされますが、脳の働きや精密機械の動きだけでなく、純粋な今後の解決策や改善策を見出す行動を表す言葉としても使われています。

フィードフォワードの類語

フィードフォワードの類語・類義語としては、適切な刺激が与えられていないのに刺激が与えられることを予想して生じる反応を意味する「予期反応」、前もって想定することを意味する「予想」などがあります。

フィードバックの例文と使い方

1.湯沸かし器のフィードバック装置が壊れてしまったのかぬるい状態でしか湯の温度が保たれなくなってしまった。
2.フィードバックにおける正と負は良し悪しではなく、数値がマイナスかプラスかの違いである。
3.先輩や上司からのフィードバックのおかげで次のレポートは上手く書けそうな気がしてきた。
4.客観的なアドバイスだからフィードバックのはずなのに主観が混じった意見を言われてげんなりしてしまった。
5.バグがあまりにも多かったため企業に対してフィードバックを送信したが、修正がいつになるかは定かではない。

この言葉がよく使われる場面としては、動作が生じた結果を原因へと戻して影響を与える循環作用を意味する時などが挙げられます。

例文1や例文2のように出力したものの一部を入力側へ戻すことを表すだけでなく、例文3から例文5のように物事の結果を見て行動を変化させることを表す言葉として使われることが多くあります。

フィードフォワードの例文と使い方

1.フィードフォワードシステムを理解するために、自分には身近な例が必要だった。
2.運動の最中は脳内でフィードフォワード制御が働いているため、物事を予測して動こうという身体になっている。
3.実際、業務においてはフィードフォワードとフィードバックが併用して行われることが多い。
4.フィードフォーワードに長けた友人だからこそ、そのプロジェクトの立案ができ、成功を収められたのだろうと思っている。
5.上から目線になるよりも、実際に予測してもらった上で実行に移すフィードフォーワード的方法で業務に当たってもらった方が効率がよい。

この言葉がよく使われる場面としては、結果を予測しながら変化させていくことを意味する時などが挙げられます。

例文1や例文2のように脳の働きや精密機械の動きを指すだけでなく、例文3から例文5のように将来的な解決策や改善策やそれを見出すことを意味する言葉として使われることもあります。

フィードバックとフィードフォワードは、どちらも「物事の結果に対するアプローチ」を表します。

どちらを使うか迷った場合は、過去の出来事を活かすことを表す場合は「フィードバック」を、未来を予測して変化させることを表す場合は「フィードフォワード」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター