メルカリで発送されないときに催促するメッセージ例文

メルカリの例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:436件/累計買取件数:2,340件

フリマアプリ「メルカリ」で出品者さん側がなかなか商品を発送してくれないときに使える催促用メッセージのテンプレート例文です。

メルカリでは、不要なトラブルを防ぐため、催促メッセージを送ることはあまり良いとされていません。しかし、購入者さん側からすると、買った商品をなかなか発送してもらえない場合、不安に思う人も多いです。

商品ページでは、出品者さんが「発送までの日数」を設定しています。商品購入後から発送予定日までの期間中は、催促することなく、気長に待つようにしましょう。

しかし、発送予定日を過ぎても一向に商品が発送されない場合は、取り引きメッセージで出品者さん側に問い合わせをしてみるようにします。

出品者さん側にも事情がありますし、メルカリアプリ初心者で勝手がわからず、確認を忘れて放置してしまっている場合もあります。

出品者さん側に問い合わせをしても発送がされない場合、または取り引きメッセージに対する返信がない場合は、メルカリの事務局に相談しましょう。

メルカリの事務局への連絡は、メルカリアプリの左上にある「三」をクリックすることで出てくるメニュー一覧から、「お問い合わせ」を選択します。連絡の際には、取り引き中の商品IDを添えることも忘れないようにします。

出品者さん側に商品の発送を催促する際、取り引きメッセージにどのような内容を書けば良いのか分からない方や他の方の内容が気になる方はこのページの情報を参考にしてみてください。



シンプルな催促の例文

お世話になっております。こちらの商品を購入させていただいた者です。商品の発送予定日を過ぎておりますが、発送はしていただけましたか?

発送予定日を過ぎているけれど、出品者さん側に事情があって発送が出来ていない場合もあります。発送予定日が土日と被ってしまい、郵便局が休みで送れなかったり、仕事の都合で商品発送の準備時間が取れなかったりすることもあります。

また、メルカリ初心者の出品者さんは、アプリを頻繁にチェックする習慣がなく単純に発送を忘れてしまっている可能性もあります。

購入者さん側から取り引きメッセージを一言送ることで、出品者さん側が商品の発送がされていないことに気付くことが出来ます。

発送予定日を確認する例文

お世話になっております。先日、こちらの商品を購入させていただきました。お忙しいのでしょうか、発送予定日を過ぎております。いつ頃の発送になりますか?差し支えなければ、発送のご予定を教えていただけますと幸いです。

取り引きメッセージから、出品者さんに今後の発送予定日を聞いてみるのもひとつの手段です。

本来の発送予定日は過ぎてしまっているので、新しく目安となる発送予定日を決めてもらうのが購入者さん側からしても安心です。

その際、メッセージに「お忙しい中」「お手数をおかけしますが」「届くのを楽しみにお待ちしています」などの言葉を付け加えると、出品者さん側も不快な気持ちになることなく、スムーズに商品発送を促すことが出来ます。

発送通知ボタンの確認をする例文

お世話になっております。先日、商品を購入させていただきました。発送予定日を過ぎていますが、もう発送はされていますでしょうか?このメッセージと行き違いになってしまっていたらごめんなさい。発送通知ボタンの押し忘れかもしれないと思い、ご連絡をしました。お手数ですがご確認いただけますようお願いいたします。

出品者さんの中には、発送はもう済んでいるけれど、発送の完了を購入者さん側にお知らせする「発送通知ボタン」を押し忘れてしまっている人もいます。

上記のようなメッセージを送ることで、購入者さんは、出品者さんに「発送通知ボタンの押し忘れがないか」を確認すると同時に「商品の発送予定日が過ぎている」ことを伝え、発送の催促をすることが出来ます。

本当に出品者さん側が発送通知ボタンを押し忘れていただけの場合、発送完了の連絡より先に商品が届いてしまうこともあります。「メッセージと行き違いになってしまったらごめんなさい」という一文を加えておくことで、無用なトラブルを防ぐことが出来ます。

相手を気遣う例文

お世話になっております。こちらの商品を購入させていただいた者です。商品発送までの日数が2~3日と記載されておりましたが、お忙しいのでしょうか。商品がまだ届いておりません。最近は気温の変動も激しく体調を崩されたのではないかと心配しております。ご無理のない範囲で構いませんので、発送予定日を教えていただけますと幸いです。

商品発送の催促を本題とするのではなく、相手の体調などを気遣うようにしてメッセージを送るのも良いでしょう。

購入した商品の受け取りを急がない場合は、上記のような気遣いのメッセージを送るとトラブルもなく気持ちの良い取り引きを進めることができます。

出品者さん側にも、仕事や体調面などの事情があります。体調不良などが原因の遅延であった場合「無理のない範囲で」のお願いにとどめ、その後は取り引きメッセージでこまめにやり取りをするようにすると購入者さん側も安心です。

事情がわかった後は、「お加減いかがですか」「お仕事は順調でしょうか」などのメッセージを、あまりしつこくならない頻度で送るようにしてコミュニケーションを取りましょう。

自分の都合を伝える例文

お世話になっております。先日、こちらの商品を購入させていただきました。発送予定日を過ぎているようですが、商品の到着はいつ頃になるでしょうか?こちらの都合で大変恐縮なのですが、○日からしばらく家を留守にする予定です。予定通りの発送日ですと受け取れると思い購入をしたのですが……商品の受け取りが遅れるとご迷惑をおかけすると思い、ご連絡をしました。発送予定日を教えていただけますでしょうか?

出品者さん側だけでなく、購入者さん側にも事情があります。商品の発送予定日が遅れることで、受け取りが難しくなる場合はこちらの例文を参考にしてください。

「家を留守にする」「旅行の予定がある」「仕事の出張がある」など、購入者さん側の都合をメッセージで伝えることで、商品の発送を急いでもらうことが出来ます。その際「○日から」「今週末から」など具体的に伝えると、よりスムーズです。

商品の受け取りが遅れることで、受け取り後に購入者さんが行う「商品の確認」や「受け取り評価」も遅れることになります。出品者さん側は、商品受け取り後は受け取り評価を早めにしてもらった方が嬉しいものです。

お互いが気持ちよく取り引きを完了できるように、具体的な都合を伝えることが大切です。

キャンセルを考えている時の例文

お世話になっております。何度もメッセージを送ってしまい申し訳ありません。先日、商品の発送予定日についてお尋ねしたのですが、お返事をいただけず……商品も未だ届いていない状態なので、商品購入自体をキャンセルさせていただきたく思います。こちらからキャンセル手続きをいたします。よろしくお願いいたします。

購入者さん側からの質問や問い合わせのメッセージに対して、出品者さん側からなんの返信もない場合もあります。こういった場合は、商品購入のキャンセルも視野に入れて考えましょう。

商品の発送予定日から3日経っても出品者さん側が商品を発送しなかった場合、または出品者さん側が発送通知ボタンを押さなかった場合、購入者さんは商品購入をキャンセルすることが出来ます。

キャンセルが成立すれば、支払っていた金額も返金されますので、商品ページの「キャンセルボタン」からキャンセルの手続きをするようにしましょう。

キャンセル手続きをする前に、上記の例文のように「商品の購入をキャンセルします」と出品者さん側にメッセージで伝えるようにします。無言でキャンセルの手続きをすると無用なトラブルの原因にもなりかねません。相手から返信がない場合も、最後まで丁寧な取り引きを心掛けましょう。

キャンセル手続き後は、取り引きメッセージが送れなくなってしまうので注意しましょう。

メルカリの例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター