【顧みる】と【省みる】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「かえりみる」という読み方、似た意味を持つ「顧みる」と「省みる」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「顧みる」と「省みる」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。



顧みると省みるの違い

顧みると省みるの違いを分かりやすく言うと、「顧みる」は過ぎ去った物事や出来事を客観的に思い起こすことで、「省みる」は過去の自分自身の言動について主観的に思い起こすことであるという違いです。

「かえりみる」という言葉は、一般的に漢字で表記すると「顧みる」となります。これは、自分のことだけでなく、過ぎ去った物事全般に対して使える漢字表記です。例えば、歴史的な出来事を思い返す場合などにも、この顧みるという字を使います。

「日本の歴史を顧みて考える」などのように使用されるもので、この「顧みる歴史」というのは、自分が当事者ではなくても問題ないものです。自分が実際に体験したことではなくても、過去を振り返った場合には、顧みるという表現を使うことが出来ます。

また、その他にも、顧みるという言葉には、心に留めて考えるという意味があります。これは誰かのことを心に思い描いて考える、気に掛けることを意味しています。「子供のことを顧みる」という表現では、子供のことを気に掛けるという意味になります。

顧みるという言葉には、単純に振り返るという意味もあります。これは後ろを見るという意味で、例えば「車を駐車場に入れる際には、後ろを顧みる必要がある」などのように使用することが出来ます。

一方の省みるというのは、自分自身が過去に行ったことや、発言したことなどについて、振り返って考えることを意味しています。顧みると違って、他者のことを考えることは意味していません。あくまでも自分自身のことを限定的に表現する言葉です。

この「省みる」という漢字を使用する場合には、反省をするという意味が含まれると考えられます。自分自身の過去の言動について改めて考え直して、反省したり、改善点を考えたりすることを「省みる」と表現します。

自分自身の在り方について、主観的に考えることを「省みる」と表現するものだと覚えておくようにしましょう。反省の「省」という字を使っていることを思い出しても分かりやすいです。

顧みるの意味

顧みるとは、過ぎ去ってしまったことを思い起こしたり、誰かのことを心に留めて考えたり、後ろ側を振り返って見たりすることを意味しています。顧みるという漢字の表記で示されるのは、自分の行いに限らず、時代や客観的な物事なども含まれるものです。

顧みるという言葉は、様々な意味を持つものです。一般的に「かえりみる」という言葉を漢字で表記する際には、この「顧みる」という字を使います。

顧みるの「顧」という漢字は、振り向いて見る、思いを巡らせる、心に掛けるという意味を持つ漢字です。そのことから、顧みるという言葉にも様々な意味が生まれます。

主な意味としては、過ぎ去った物事を思い起こすこと、回想するという意味です。これは自分が関わったことに限らず、過去の時代に起こった歴史的な出来事や、物事についても使うことが出来ます。

例えば、実際に自分は関わっていなくても「明治時代というのは、激動の時代だったのだなと顧みる」などのように使うことが出来ます。これは、学習などによって一般的に知られている知識について思い起こす場合などです。

また、心に留めて考えるという意味も「顧みる」という言葉で表すことが出来ます。これは「仕事が忙しくて、妻子を顧みずに生きてきてしまった」などのように使用されます。仕事に夢中になって、妻子のことを気に掛けなかったという意味です。

このように、気に掛ける、心に留めるなどの意味で顧みるという言葉を使う場合も多くあります。「危険を顧みずに」などの表現で使用されるのは、この意味を示しているものです。

最後に、顧みるという言葉は、後ろを振り返って見るという意味も持つ言葉です。これは物理的に後ろを見るという意味で「後方を顧みて確認する」などのように使用されます。振り向く、振り返るという意味です。

このように、顧みるという言葉には様々な意味が含まれますが、どれも振り返る、回顧する、というような意味を持つ言葉であると覚えておくようにしましょう。

顧みるの「顧」という字を使った別の単語としては、ある事をしっかり考えに入れて心をくばることを意味する「顧慮」、目をかけ引き立てることを意味する「愛顧」、会社や団体などで相談を受けて意見を述べる役を意味する「顧問」などがあります。

省みるの意味

省みるとは、自分のしたことについて、もう一度考えてみたり、反省をしたりすることを意味しています。この漢字表記で「省みる」と書いた場合には、自分自身の過去の言動について反省したり、考え直したりする場合に限ります。

「かえりみる」という言葉を「省みる」という字で表現した場合には、それは自分自身に関係のあることに限ります。例えば、過去に行ったことや、過去の自分の言動について反省をしたり、悔いたりする場合にこの「省みる」という漢字を使います。

この「省みる」という表記で使われている「省」という字は、振り返って考えるという意味を持つ言葉です。自分の過去の行いについて改めようと考えることを意味する「反省」という言葉に使われている「省」という字だと考えると分かりやすいでしょう。

一般的に使用される「顧みる」という言葉が、自分以外の他人についてや、歴史的な出来事などにも使える表現であるのに対し、この「省みる」という表記で書いた場合には、自分自身のことについてしか表現することは出来ません。

自分の中にある過去の行いについての記憶を振り返ったり、その行いについて、良くなかったなと反省したりする場合に「省みる」という表記で書き記すようにしましょう。

省みるの「省」という字を使った別の単語としては、自分の言動を反省することを意味する「自省」、自分の考えや行動などを深くかえりみることを意味する「内省」、自分自身をかえりみてその良し悪しを考えることを意味する「省察」などがあります。

顧みるの例文

1.人間の歴史を顧みても、過去からあまり学んでいないのではないかな、と思ってしまう。
2.彼はいつも危険を顧みずに、人助けをする。
3.過去のデータを顧みても、今回の出来事を予測するのは難しかっただろう。
4.彼は妻や子供を顧みずに、仕事ばかりに打ち込んでいる。
5.運転中は、背後も顧みることを忘れてはいけないよ。
6.その老人は、若いころのことを顧みて、自分の孫に聞かせた。
7.この場を故人との思い出を顧みる、いい機会にしたいと思います。
8.彼が一年中半袖を着ている様は、まるで暑さ寒さを顧みないようだった。
9.他を鑑みることなく、彼はまっすぐにゴールだけを目指した。
10.他人の都合を顧みないかのような彼の態度に、内心困り果てている同僚は多い。

この言葉がよく使われる場面としては、過ぎ去った物事を思い起こしたり、他者のことを気に掛けたり、後ろを振り返ったりすることを表現したい時などが挙げられます。「かえりみる」という言葉を漢字で表記する時、一般的には「顧みる」と書きます。

顧みるという言葉には、様々な意味があります。自分のことだけでなく、他者のことや歴史的なことを振り返って考える際にもこの「顧みる」という字を使って表現します。類語としては「振り向く」「振り返る」などがあると考えると分かりやすいでしょう。

省みるの例文

1.今日の自分の言動について、あまりに失礼だったのではないかと省みる。
2.自分の身の振り方を省みるにつけて、情けない気持ちでいっぱいになる。
3.今更、もっと子供のことを考えればよかったと省みても遅いのだろうな。
4.昨年の行動を省みて、今年こそは失敗しないと誓うのだった。
5.自分の考えの単純さを省みて、恥ずかしくなる。
6.彼は、自分の過去の振る舞い方を省みて、直すべきところが多いことが分かった。
7.毎日寝る前に日記をつけることで、その日一日を省みる習慣をつける。
8.ただ漠然と思い返すだけではなく、きちんと省みることが重要だ。
9.失敗を省みなければ、次に繋げることが絶対にできないと言われた。
10.これまでの食習慣を省みると、食物繊維の摂取量が全く足りていないことが分かった。

この言葉がよく使われる場面としては、個人的に過去に自分がしたことについて、もう一度考えてみたり、自分の過去の言動について考え直したりすることを表現したい時などが挙げられます。

省みるという字で表記した場合、それは過去の自分自身のことを表現する場合に限ります。他者のことや、他の物事についてを表現することは出来ません。その場合には「顧みる」という方の表記を使います。

自分自身のことを改めて考え直したり、過去について反省をしたりする場合にのみ、反省の「省」という字を使った「省みる」という表記をするのだと覚えておくようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター