今日の買取件数:20件/今月の買取件数:580件/累計買取件数:28,226件

【ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます】と【ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」(読み方:ごけんしょうとごたこうをおいのりもうしあげます)と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」(読み方:ごけんしょうとごかつやくをおいのりもうしあげます)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」という言葉は、どちらも相手の健康を祈ることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




  1. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の違い
    1. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の意味の違い
    2. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の使い方の違い
    3. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の使い分け方
    4. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の英語表記の違い
  2. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の意味
    1. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」とは
    2. 表現方法は「皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」
    3. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の使い方
    4. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の特徴
    5. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の類語
  3. 「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の意味
    1. 「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」とは
    2. 表現方法は「皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」
    3. 「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の使い方
    4. 「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の特徴
    5. 「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の類語
  4. 「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の例文
  5. 「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の例文

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の違い

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の意味の違い

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の違いを分かりやすく上げてみます。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」は異動や退職する本人が在籍する人に対して使うことが多い、「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」は異動や退職する人に向けて使うことが多いという違いです。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の使い方の違い

一つ目の「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」を使った分かりやすい例としては、「貴殿のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」「ご家族のますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」などがあります。

二つ目の「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」を使った分かりやすい例としては、「部長のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」「皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」「本日お集りの皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」などがあります。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の使い分け方

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」はどちらも相手の健康を祈ることを意味しており、大きな違いはありません。

あえて違いを挙げるならば、「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」は異動や退職する本人が在籍する人に対して使うことが多いのに対して、「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」は異動や退職する人に向けて使うことが多いという点です。

ただし、あくまで多いだけで意味に大きな違いはないので、お互いに置き換えても問題ないと覚えておきましょう。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の英語表記の違い

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」も「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」も英語にすると「I wish you all the best」「Wishing you all the best」などとなります。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の意味

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」とは

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」とは、相手の健康と幸福を祈ることを意味しています。

表現方法は「皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」

「皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」が「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」を使った一般的な言い回しになります。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の使い方

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」を使った分かりやすい例としては、「末筆ながら皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」「お二人の末永いご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」「ご夫婦のご健康とご多幸をお祈り申し上げます」などがあります。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」は、元気で健康なことを意味する「ご健勝」に、非常に幸せなことを意味する「ご多幸」と祈ることを丁寧に表現した言葉である「お祈り申し上げます」が合わさり、相手の健康と幸福を祈ることの意味で使われている言葉です。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」は、とても丁寧な表現なのでビジネスシーンでも使うことができます。また、基本的にプラスのイメージで使うことが多いと覚えておきましょう。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の特徴

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の特徴としては、退職時や異動時などの挨拶やメールの締めとして使うことが多いです。また、スピーチなどの締めの言葉として使うこともできます。

したがって、「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」は話し言葉と書き言葉どちらでも使用することができると覚えておきましょう。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の類語

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の類語・類義語としては、紙などで相手の無事と繁栄を喜ぶ挨拶のことを意味する「ご清栄をお祈り申し上げます」、商売繁盛して栄えて発展することを願うことを意味する「ご繁栄をお祈り申し上げます」などがあります

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の意味

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」とは

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」とは、相手の健康と活躍を祈ることを意味しています。

表現方法は「皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」

「皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」が「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」を使った一般的な言い回しになります。

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の使い方

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」を使った分かりやすい例としては、「ご定年おめでとうございます。今後のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」「旅立つ貴方のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」などがあります。

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」は、元気で健康なことを意味する「ご健勝」に、目覚ましく活躍することを意味する「ご活躍」と祈ることを丁寧に表現した言葉である「お祈り申し上げます」が合わさり、相手の健康と幸福を祈ることの意味で使われている言葉です。

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」は、とても丁寧な表現なのでビジネスシーンでも使うことができます。また、基本的にプラスのイメージで使うことが多いと覚えておきましょう。

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の特徴

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の特徴としては、退職時や異動時などの挨拶やメールの締めとして使うことが多いです。また、スピーチなどの締めの言葉として使うこともできます。

したがって、「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」は話し言葉と書き言葉どちらでも使用することができると覚えておきましょう。

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の類語

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の類語・類義語としては、より一層進んだ段階になることを願うことを意味する「ご発展をお祈り申し上げます」などがあります。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」の例文

1.長い間お世話になりました。皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
2.ここにお集りの皆様の、ますますのご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
3.今後も益々の貴方様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げます。
4.皆様のご健勝とご多幸をお祈りを申し上げますと共に、結びの言葉とさせていただきます。
5.本日お集りの皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げまして、乾杯の音頭を取らせていただきます。

この言葉がよく使われる場面としては、相手の健康と幸福を祈ることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」の例文

1.新天地におかれましても、ますますのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
2.末筆となりますが、皆様のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
3.昨年は大変お世話になりました。今年もさらなるご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
4.ご栄転おめでとうございます。今後のご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。
5.長年のご功労に敬意を表し感謝申し上げますと共に、ますますのご健勝とご活躍をお祈り申し上げます。

この言葉がよく使われる場面としては、相手の健康と活躍を祈ることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」と「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」はどちらも相手の健康を祈ることを表します。

どちらの言葉を使うか迷った場合、異動や退職する本人が在籍する人に対して使うことが多いのが「ご健勝とご多幸をお祈り申し上げます」、異動や退職する人に向けて使うことが多いのが「ご健勝とご活躍をお祈り申し上げます」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター