今日の買取件数:60件/今月の買取件数:520件/累計買取件数:26,406件

【取り急ぎご報告まで】と【取り急ぎご報告させていただきます】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「取り急ぎご報告まで」(読み方:とりいそぎごほうこくまで)と「取り急ぎご報告させていただきます」(読み方:とりいそぎごほうこくさせていただきます)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご報告させていただきます」という言葉は、どちらもとりあえず急いで報告だけすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご報告させていただきます」の違い

「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご報告させていただきます」の意味の違い

「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご報告させていただきます」の違いを分かりやすく言うと、「取り急ぎご報告まで」は目上の人に対して使えない、「取り急ぎご報告させていただきます」は目上の人に対しても使えるという違いです。

「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご報告させていただきます」の使い方の違い

一つ目の「取り急ぎご報告まで」を使った分かりやすい例としては、「来週の火曜日にアポが取れましたので取り急ぎご報告まで」「本日荷物を受け取りましたので取り急ぎご報告まで」「メールにて失礼しますが取り急ぎご報告まで」などがあります。

二つ目の「取り急ぎご報告させていただきます」を使った分かりやすい例としては、「先方から書類を受け取りましたので取り急ぎご報告させていただきます」「新年会の日程が決まりましたので取り急ぎご報告させていただきます」などがあります。

「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご報告させていただきます」の使い分け方

「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご報告させていただきます」はどちらもとりあえず急いで報告だけすることを意味する言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「取り急ぎご報告までは」は「取り急ぎご報告させていただきます」を省略した言葉なので、いくら急いでいたとしても敬意が欠けた表現になります。したがって、目上の人に対しては使うことができない表現です。

一方、「取り急ぎご報告させていただきます」は敬語表現なので、取引先や社外の人などの目上の人に対しても使えると覚えておきましょう。

「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご報告させていただきます」の英語表記の違い

「取り急ぎご報告まで」も「取り急ぎご報告させていただきます」も英語にすると「just a quick note to tell you that」「reminder」「let you know」となります。

「取り急ぎご報告まで」の意味

「取り急ぎご報告まで」とは

「取り急ぎご報告まで」とは、とりあえず急いで報告だけすることを意味しています。

「取り急ぎご報告まで」の使い方

「取り急ぎご報告まで」を使った分かりやすい例としては、「忘年会会場の予約が取れましたので取り急ぎご報告まで」「対象者への事情説明が終わりましたので取り急ぎご報告まで」「予定していたイベントが中止になりましたので取り急ぎご報告まで」などがあります。

「取り急ぎご報告まで」はとりあえず急ぐことを意味する「取り急ぎ」に、接頭語の「ご」、告げ知らせることを意味する「報告」が合わさり、とりあえず急いで報告だけすることの意味で使われている言葉です。

「取り急ぎご報告まで」は、本来あるべき挨拶を省略してとりあえず要点だけ伝えるというニュアンスで、ビジネスシーンにおいてよく使われています。

「取り急ぎご報告まで」は目上の人に使えない

「取り急ぎご報告まで」は、「取り急ぎご報告させていただきます」や「取り急ぎご報告いたします」を省略した言葉なので、いくら急いでいたとしても上司や取引先などの目上の人に対しては使うことはできません。

ただし、直属の上司などの親しい間柄においては使っても問題ないでしょう。

「取り急ぎご報告まで」の注意点

「取り急ぎご報告まで」を使う上で注意しなければならないのは、必要な経過や結果をとりあえず伝える場合の言い回しなので、後ほど詳細を連絡する必要があるという点です。また、急ぎの報告の場合にのみ使うようにしましょう。

「取り急ぎご報告まで」の類語

「取り急ぎご報告まで」の類語・類義語としては、急いで報告することを意味する「取り急ぎのご報告でした」、ともかく報告することを意味する「まずはご報告まで」などがあります。

「取り急ぎご報告させていただきます」の意味

「取り急ぎご報告させていただきます」とは

「取り急ぎご報告させていただきます」とは、とりあえず急いで報告だけすることを意味しています。

「取り急ぎご報告させて頂きます」は誤用

「取り急ぎご報告させていただきます」を漢字にして、「取り急ぎご報告させて頂きます」とするのは誤用です。

ではなぜ誤用かと言うと、「取り急ぎご報告させていただきます」の「いただきます」は補助動詞であり、日本語には動詞は漢字表記し、補助動詞はひらがなで表記するという決まりがあるのが理由になります。

「取り急ぎご報告させていただきます」の使い方

「取り急ぎご報告させていただきます」を使った分かりやすい例としては、「新しい契約が取れましたので取り急ぎご報告させていただきます」「取り急ぎご報告させていただきますが、詳細は追ってご連絡いたします」などがあります。

「取り急ぎご報告させていただきます」は、とりあえず急ぐことを意味する「取り急ぎ」に、接頭語の「ご」、告げ知らせることを意味する「報告」、自身の何らかの動作を遠慮しながら行うことを意味する「させていただく」、丁寧語の「ます」が合わさった言葉です。

「取り急ぎご報告させていただきます」は目上の人に使える

「取り急ぎご報告させていただきます」はビジネスシーンにおいてよく使われており、とても丁寧な表現なので、上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。

「取り急ぎご報告させていただきます」の注意点

「取り急ぎご報告させていただきます」を使う上で注意しなければならないのは、必要な経過や結果をとりあえず伝える場合の言い回しなので、後ほど詳細を連絡する必要があるという点です。また、急ぎの報告の場合にのみ使うようにしましょう。

「取り急ぎご報告させていただきます」の類語

「取り急ぎご報告させていただきます」の類語・類義語としては、とりあえず報告することの丁寧な表現を意味する「取り急ぎご報告申し上げます」、ともかく報告することの丁寧な表現を意味する「まずはご報告のみにて失礼いたします」などがあります。

「取り急ぎご報告まで」の例文

1.このまま進めば明日には作業が終わりそうです。取り急ぎご報告まで。
2.本日のイベントは雨天により延期になりましたので、取り急ぎご報告まで。
3.新プロジェクトの進歩につきましては取り急ぎご報告まで。詳細が分かり次第追って連絡いたします。
4.再来週のアポを確認いたしましたので、取り急ぎご報告まで。
5.訪問の日が決まりましたので取り急ぎご報告まで。詳細は後日連絡いたします。
6.明日の会議はリスケとなりました。詳しいことは後ほど説明しますが取り急ぎご報告まで。
7.顧客からの苦情がありましたが、迅速に対応し、問題を解決しました。取り急ぎご報告まで。
8.新たな市場調査の結果が出ましたので、取り急ぎご報告まで。戦略の変更点については後日詳しく説明いたします。
9.家族との帰省で実家におりますが、今のところ地震の影響もなく全員無事です 取り急ぎご報告まで。
10.予定していた新年のイベントが北陸の地震災害中止になりましたので取り急ぎご報告まで。

この言葉がよく使われる場面としては、とりあえず急いで報告だけすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「取り急ぎご報告まで」は、ビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「取り急ぎご報告させていただきます」の例文

1.来週の打ち合わせは先方の都合により延期となりましたので、取り急ぎご報告させていただきます。
2.5日後には部品の生産を再開できそうとのことなので、取り急ぎご報告させていただきます。
3.明日のミーティングの時間が15時に変更となりましたので、取り急ぎご報告させていただきます。
4.このまま開発が進めが予定通りリリース可能ですので、取り急ぎご報告させていただきます。
5.お支払いを承りましたので、取り急ぎご報告させていただきます。
6.本会議に先立ちましてプロジェクトの進捗状況を取り急ぎご報告させていただきます。
7.本日、重要なプロジェクトの進捗状況を取り急ぎご報告させていただきます。現在、設計フェーズにおいて予定通り進んでおり、次のステップに移行する予定です。
8.夜分の連絡を失礼いたします。例の契約が無事取れましたので取り急ぎご報告させていただきます。
9.弊社の新規事業計画について、取り急ぎご報告いたします。市場調査の結果、事業の成功の見込みが高いことが確認され、投資に進むことが決定されました。
10.お世話になっております。部品の生産につきまして、5日後には別の工場で再開できそうとのことなので、取り急ぎご報告させていただきます。

この言葉がよく使われる場面としては、とりあえず急いで報告だけすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「取り急ぎご報告させていただきます」は、ビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「取り急ぎご報告まで」と「取り急ぎご報告させていただきます」はどちらもとりあえず急いで報告だけすることを表します。

どちらの言葉を使うか迷った場合、目上の人に対して使えないのが「取り急ぎご報告まで」、目上の人に対しても使えるのが「取り急ぎご報告させていただきます」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター