今日の買取件数:20件/今月の買取件数:300件/累計買取件数:29,146件

【アウトソーシング】と【アウトソース】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「アウトソーシング」と「アウトソース」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「アウトソーシング」と「アウトソース」という言葉は、「外部に業務を委託すること」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




アウトソーシングとアウトソースの違い

アウトソーシングとアウトソースの意味の違い

アウトソーシングとアウトソースの違いを分かりやすく言うと、アウトソーシングは業務を委託する経営手法を表現する時に使い、アウトソースは業務を委託する行為を表現する時に使うという違いです。

アウトソーシングとアウトソースの使い方の違い

一つ目のアウトソーシングを使った分かりやすい例としては、「アウトソーシングを始めるにあたって契約内容の書類を提示した」「アウトソーシングの目的は企業によって様々だろう」「アウトソーシング企業に関して調べる」などがあります。

二つ目のアウトソースを使った分かりやすい例としては、「アウトソースの増加傾向が特に見られるのは情報分野だろう」「アウトソース化した後もきちんと目を配る必要がある」「アウトソース先に選んだ企業が非常に優秀だった」などがあります。

アウトソーシングとアウトソースの使い分け方

アウトソーシングとアウトソースはどちらも、業務を外部に委託することを意味する言葉で、意味や使い方もほとんど同じです。

アウトソーシングは、業務の一部を他者に委託する経営方法を指す言葉です。上記例文のように「アウトソーシングの目的」「アウトソーシング企業」などのように使われています。

一方のアウトソースは、外部に自社のビジネスや業務の一部を委託することを指す言葉です。上記例文のように「アウトソース化」「アウトソース先」などのように使われています。

強いて言えば、アウトソーシングは手法や戦略を指し、アウトソースは行為を指す言葉であるため、動詞のように使う場合は「アウトソーシングする」よりも「アウトソースする」という表現の方が多く使われています。

アウトソーシングとアウトソースの英語表記の違い

アウトソーシングを英語にすると「outsourcing」となり、例えば上記の「アウトソーシングを始める」を英語にすると「begin outsourcing」となります。

一方、アウトソースを英語にすると「outsource」となり、例えば上記の「アウトソースの増加傾向」を英語にすると「an increasing trend to outsource」となります。

アウトソーシングの意味

アウトソーシングとは

アウトソーシングとは、業務の一部を他者に委託する経営方法を意味しています。

その他にも、外部から部品を調達する手法を意味する言葉として使われています。

表現方法は「アウトソーンシング企業」「アウトソーシング事業」

「アウトソーンシング企業」「アウトソーシング事業」などが、アウトソーシングを使った一般的な言い回しです。

アウトソーシングの使い方

「アウトソーシング市場についての見解を尋ねた」「アウトソーシングには長所も短所も存在する」「アウトソーシング企業は危ないと言われた」などの文中で使われているアウトソーシングは、「他の企業に業務の一部を請け負わせる手法」の意味で使われています。

一方、「購買アウトソーシングの低コスト化を目指す」「アウトソーシング化することで自社負担が減るのだろうか」「アウトソーシングとして調達を依頼した」などの文中で使われているアウトソーシングは、「外部から調達する手法」の意味で使われています。

アウトソーシングは英語で「outsourcing」と表記され、「海外の会社から買うこと」「海外調達をすること」といった意味を持つ言葉ですが、「outsource」が変化した言葉であることから、海外だけではない外部企業からの調達を表す和製英語となりました。

日本では外部調達の意味よりも、「他企業に業務を委託する経営手法」を指す言葉として使われることの方が多く、部品や原料だけではなく、人材を外部から確保する場合に用いられています。

また、アウトソーシングは契約形態の名称でもあり、「派遣」と混同して使われることがあります。前者には企業には直接労働者に対して命令することはできませんが、後者は指揮命令を労働者に対して行うことができるという違いがあります。

アウトソーシングの対義語

アウトソーシングの対義語・反対語としては、外部に委託していた業務を自社に取り戻すことを意味する「インソーシング」があります。

アウトソーシングの類語

アウトソーシングの類語・類義語としては、企業がコスト削減を目的に業務を国外に委託する事を意味する「オフショアリング」、企業の業務を特定の部門丸ごと請け負い代行するサービスを意味する「企業業務代行サービス」などがあります。

アウトソースの意味

アウトソースとは

アウトソースとは、外部に自社のビジネスや業務の一部を委託することを意味しています。

その他にも、外部から部品や原料を調達することを意味する言葉として使われています。

アウトソースの使い方

「テレアポなどをアウトソースする企業は多い」「アウトソース契約に関して色々調べている」「アウトソースを受ける企業はアウトソーサーと呼ばれる」などの文中で使われているアウトソースは、「業務の一部を委託すること」の意味で使われています。

一方、「海外にアウトソース先に選ぶことも増えてきた」「アウトソースしてコストも抑えられれば一石二鳥だ」「フルアウトソースは管理が難しそうだ」などの文中で使われているアウトソースは、「外部から原料などを調達すること」の意味で使われています。

アウトソースは英語で「outsource」と表記され、「海外の企業から購入する」「海外調達する」といった意味を持つ言葉です。日本でも同じように使われていますが、調達や購買だけでなく、「一部の業務を外務の企業に任せる」という意味でも使われています。

「アウトソースする」の意味

上記例文のように動詞として「アウトソースする」という使い方をすることもあり、似た表現である「外注する」と混同されることもありますが、前者はより高品質なものを求める目的である一方、後者はコストを抑えることを目的としているという違いがあります。

アウトソースの対義語

アウトソースの対義語・反対語としては、企業内や自社内のものやその様子を意味する「インハウス」があります。

アウトソースの類語

アウトソースの類語・類義語としては、組織内部で行なっていた業務を外部に任せることを意味する「業務委託」、企業の核となる業務のサポートとなる業務を意味する「ノンコア業務」などがあります。

アウトソーシングの例文

1.アウトソーシングには業務管理ができずに進行の遅れが出るなどの問題が発生しかねないというデメリットがある。
2.自社で抱えるサービスとして全てを担うには負担が大きいため、アウトソーシングサービスを利用する方がいいと判断された。
3.その分野のプロにアウトソーシングとして依頼することで、よりクオリティの高いものを消費者に提供できると思っている。
4.近年アウトソーシングの需要が高まり、リモートワークが推奨されていた時期には特に目にした言葉だと思う。
5.AIなどの技術発展によりアウトソーシング事業が今後どうなるのか注目されている。
6.企業はコスト削減と効率化を目指し、製造部門の一部をアウトソーシングすることを決定しました。
7.我が社では懸案だったカスタマーサービス部門をアウトソーシングすることで、24時間体制のサポートを提供することができるようになりました。
8.企業は人事業務をアウトソーシングすることで、採用プロセスの効率化と人材獲得の品質向上を実現したいようだった。
9.企業は業務の効率化だったり意思決定をするのに人を配置できるようにという意識を持っていて、DXやアウトソーシングを進めてますよね。
10.あの会社はプロジェクトのアウトソーシングを極力やめると言ってたので、フリーランスの仕事は減るだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、業務の一部を他者に委託する経営方法を意味する時などが挙げられます。

例文4や例文5のように、原料や部品を外部から調達する手法を指す言葉としても使われています。

アウトソースの例文

1.アウトソース先をどのように選ぶかなど、経営に関するノウハウを学ぶことができる機会がほしい。
2.数年前にアウトソース契約を行いノンコア業務を任せる先ができてからはコア業務に集中できるようになった。
3.考えれば考えるほどアウトソースのリスクが思い浮かぶが得られるものも多いように思える。
4.人材のアウトソース化を行うことで必要以上に人事に時間を割くことがなくなるが、求める人材ではないというミスマッチも生じそうだ。
5.海外へとアウトソースされることも多いが、国内へと生産拠点が戻されることももちろんある。
6.IT関連など専門知識や技術を必要とする業務をアウトソースすることで、安全性と効率性を確保できる。
7.メディア企業は、英語やドイツ語の翻訳業務をアウトソースして、国際展開をスムーズに進めました。
8.自動化ソフトウェア企業は、テスト業務をアウトソースして、製品品質の向上と開発速度の加速を実現しました。
9.我が社は支店のほとんどの業務を事務センターにアウトソースしているので、全体像を把握しづらかったのかもしれない。
10.私の立ち上げたファッションブランドは、生産工程をすべてアウトソースしており、迅速な商品供給と競争力の維持を図っている。

この言葉がよく使われる場面としては、外部に自社のビジネスや業務の一部を委託することを意味する時などが挙げられます。

例文4や例文5のように、外部から原料や人材などを調達することを指す言葉としても使われています。

アウトソーシングとアウトソースは、どちらも「外部に業務を委託すること」を表します。どちらを使うか迷った場合は、経営手法を表す場合は「アウトソーシング」を、行為を表す場合は「アウトソース」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター