今日の買取件数:20件/今月の買取件数:500件/累計買取件数:23,406件

【グロースハック】と【マーケティング】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「グロースハック」と「マーケティング」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「グロースハック」と「マーケティング」という言葉は、「商品やサービスをユーザーたちに届けるための活動」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




グロースハックとマーケティングの違い

グロースハックとマーケティングの意味の違い

グロースハックとマーケティングの違いを分かりやすく言うと、グロースハックは商品を継続的に利用してもらうための活動を表現する時に使い、マーケティングは商品を届けるための企画や活動を表現する時に使うという違いです。

グロースハックとマーケティングの使い方の違い

一つ目のグロースハックを使った分かりやすい例としては、「グロースハックツールを使いこなすコツを先輩に尋ねた」「自社製品のグロースハックが行われることになった」「ユーザーの声を聞きながらグロースハックを行っていく」などがあります。

二つ目のマーケティングを使った分かりやすい例としては、「マーケティング戦略の見直しが早急に行われる」「次の転職先にはマーケティング職を選んでみたい」「将来自分の店を持つために大学でマーケティングに関して学んだ」などがあります。

グロースハックとマーケティングの使い分け方

グロースハックとマーケティングはどちらも、商品やサービスを消費者たちに届けるための活動を指す言葉ですが、目的や行動が大きく異なります。

グロースハックは、製品やサービスに関するデータを分析して改善していく手法を指す言葉で、継続的に消費活動を行うユーザーを増やしていくための行動が該当します。そのため、ユーザーの行動の分析を行い、改善を続けていくこと表します。

一方のマーケティングは、商品やサービスを生産者から消費者のもとへ届けるまでの活動全般を指す言葉で、ユーザーのニーズに答えられるような商品やサービスを届けるための企画開発や販売を表します。

つまり、グロースハックは消費者らに継続的に利用してもらうために改善を重ねていく内側への働きかけを指し、マーケティングは消費者らのもとへ商品やサービスを届けるために企画や宣伝、販売を行うなど外側への働きかけを指すという違いがあります。

グロースハックとマーケティングの英語表記の違い

グロースハックを英語にすると「growth hacking」となり、例えば上記の「グロースハックツール」を英語にすると「growth hacking tool」となります。

一方、マーケティングを英語にすると「marketing」となり、例えば上記の「マーケティング戦略」を英語にすると「a marketing strategy」となります。

グロースハックの意味

グロースハックとは

グロースハックとは、製品やサービスに関するデータを分析して改善していく手法を意味しています。

グロースハックの使い方

グロースハックを使った分かりやすい例としては、「グロースハックツールはいくつか存在している」「グロースハックを学ばなければならない初心者である」「グロースハック事例は多いが2015年前後が一番多いように思う」などがあります。

その他にも、「予算の見直しも大切だが既存の製品の見直しをするグロースハックも大切だ」「グロースハックが注目されるようになってから数年経った」「グロースハックに携わる人をグロースハッカーと呼ぶ」などがあります。

グロースハックは英語で「growth hack」と表記することができますが、本来は「growth hacking」で、「企業の成長のためのサービス品質向上に効果をもたらすような取り組み」を表す言葉で、「グロースハック」は造語とされています。

日本でも同じように使われており、消費者らから得た自社製品やサービスに対する情報を分析し、ニーズに合わせて改善していくことを表します。新規顧客を増やすよりも、リピーターを増やすことを目的に重きを置いているとも言えます。

1990年代後半に名が付けられてから様々な業界で使われている考え方で、サイト運営者にとって利益があるプロモーション企画を行うことで既存ユーザーがアクティブになっただけでなく、新規ユーザーを獲得することにも繋がった件が最初のグロースハック事例です。

グロースハックの類語

グロースハックの類語・類義語としては、認知されているブランドをさらに新しい分野へ応用させることを意味する「ブランドエクステンション」、不備や悪い点を改めて良くすることを意味する「改良」などがあります。

マーケティングの意味

マーケティングとは

マーケティングとは、商品やサービスを生産者から消費者のもとへ届けるまでの活動を意味しています。

表現方法は「マーケティング戦略」「マーケティング活動」「マーケティングを学ぶ」

「マーケティング戦略」「マーケティング活動」「マーケティングを学ぶ」などが、マーケティングを使った一般的な言い回しです。

マーケティングの使い方

マーケティングを使った分かりやすい例としては、「商品マーケティングを行う手法も今では色々ある」「マーケティングの概念は19世紀末期に誕生し徐々に拡張化された」「マーケティング支援を行う企業もある」などがあります。

その他にも、「デジタルマーケティングのおかげでより早く顧客の感想などをチェックできる」「アナログマーケティングを用いるやり方をとる企業もある」「ウェブマーケティングに詳しい人に担当してもらいたい」などがあります。

マーケティングは英語で「marketing」と表記され、「市場調査から販売までの過程」を意味する言葉として使われています。また、企業に設置されている「マーケティング部門」も表します。

日本語でも同じように使われており、市場調査や分析を行い、商品の企画開発、広告宣伝、流通、そして営業や接客による消費者とのコミュニケーション、顧客らの情報管理など、幅広い活動が「マーケティング」に含まれています。

「商品マーケティング」の意味

中でも、上記例文の「商品マーケティング」とは、商品の開発、宣伝、そして市場分析を行い、商品やサービスを売り込むための活動を指す言葉です。

「デジタルマーケティング」の意味

また、上記例文の「デジタルマーケティング」は、SNSやアプリ、AI技術を用いるなどデジタル化されたデータを活用したマーケティング活動を指す言葉です。一方、ダイレクトメールや折込チラシを用いたやり方は「アナログマーケティング」と呼ばれています。

マーケティングの類語

マーケティングの類語・類義語としては、販売することを意味する「セールス」、顧客や消費者にとって価値のある銘柄を生み出すための活動を意味する「ブランディング」などがあります。

グロースハックの例文と使い方

1.アプリグロースハックにあたったグロースハッカーとしてそのアプリを我が子のように思ってしまう。
2.グロースハックツールであるアクセス解析ツールは毎日覗くようにしている。
3.グロースハックを行う際に求められるスキルはマーケティングで必要不可欠な能力でもあるだろう。
4.過去のグロースハック事例から学べることも多く、自社の改善点のあぶり出しにも役に立っている。
5.グロースハックを活用することで企業の成長速度も上がり、新商品に対して今まで以上に注力することもできる。

この言葉がよく使われる場面としては、製品やサービスに関するデータを分析して改善していく手法を意味する時などが挙げられます。

例文1のように、グロースハックを行う人は「グロースハッカー」と呼ばれています。

マーケティングの例文と使い方

1.技術の発展によってマーケティングオートメーションが導入できるようになり、作業時間が大幅に短縮され、ミスも減るなどメリットがある。
2.マーケティングリサーチによって顧客のニーズを知る場合、同じ対象の分析を継続的に行うかなど手法がいくつか存在する。
3.大学にもマーケティング学科が存在するなど、多くの人が関連知識を身につけることができるようになっている。
4.マーケティング施策が成功したと実感できるようになるまで時間はかかるだろう。
5.マーケティングに携わるマーケターは想定されるターゲット層の調査を行うが、特にウェブマーケターは人気職なのではないだろうか。

この言葉がよく使われる場面としては、商品やサービスを生産者から消費者のもとへ届けるまでの活動を意味する時などが挙げられます。

例文1の「マーケティングオートメーション」とは、顧客の情報の管理を自動で行うなど、マーケティングに関する業務を自動化して省力化する考え方やツールを指す言葉です。

グロースハックとマーケティングは、どちらも「商品やサービスをユーザーたちに届けるための活動」を表します。

どちらを使うか迷った場合は、商品を継続的に利用してもらうための活動を表す場合は「グロースハック」を、商品を届けるための企画や活動を表す場合は「マーケティング」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター