今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:26,326件

【誠に遺憾です】と【残念です】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「誠に遺憾です」(読み方:まことにいかんです)と「残念です」(読み方:ざんねんです)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「誠に遺憾です」と「残念です」という言葉は、どちらも期待したような結果にならず心残りであることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「誠に遺憾です」と「残念です」の違い

「誠に遺憾です」と「残念です」の意味の違い

「誠に遺憾です」と「残念です」の違いを分かりやすく言うと、「誠に遺憾です」は公の場で大勢の人に向けて使う表現、「残念です」は公の場だけではなく個人的なプライベートの場面でも使う表現という違いです。

「誠に遺憾です」と「残念です」の使い方の違い

一つ目の「誠に遺憾です」を使った分かりやすい例としては、「彼女の言動については誠に遺憾です」「弾道ミサイル発射については誠に遺憾です」「今回の件に関しましては誠に遺憾です」などがあります。

二つ目の「残念です」を使った分かりやすい例としては、「ご期待に応えることができず残念です」「そんなに風に思っていたなんてとても残念です」「今回の結果に関しましてはとても残念です」などがあります。

「誠に遺憾です」と「残念です」の使い分け方

「誠に遺憾です」と「残念です」はどちらも期待したような結果にならず心残りであることを意味する言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「誠に遺憾です」は記者会見やインタビューなどの公の場で大勢の人に向けて使うのに対して、「残念です」は公の場だけではなく、個人的なプライベートの場面で使えるというのが違いになります。

また、どちらの言葉もマイナスなイメージで使われることが多いと覚えておきましょう。

「誠に遺憾です」と「残念です」の英語表記の違い

「誠に遺憾です」も「残念です」も英語にすると「It is truly regrettable」となります。

「誠に遺憾です」の意味

「誠に遺憾です」とは

「誠に遺憾です」とは、期待したようにならずとても残念に思うことを意味しています。

「誠に遺憾です」の使い方

「誠に遺憾です」を使った分かりやすい例としては、「この場に彼女がいないことは誠に遺憾です」「このような事態が生じましたことは誠に遺憾です」「この度のご対応につきましては誠に遺憾です」「この度の不正行為に関しましては誠に遺憾です」などがあります。

「誠に遺憾です」は期待にしたようにならず残念に思うことを意味する「遺憾」に、本当にのことを意味する「誠」と、丁寧語の「です」が合わさり、期待したようにならずとても残念に思うことの意味で使われている言葉です。

「誠に遺憾です」は記者会見やテレビのニュースなどで、思い通りにならなかった状況について客観的な立場で語る場合に使うのが一般的になります。そのため、基本的に公の場において使う言葉と覚えておきましょう。

「誠に遺憾です」はあくまで客観的な立場で語る場合に使うので、何かトラブルを起こした場合の謝罪の言葉として使うのは適していません。また、不満のニュアンスで使用するのが一般的なので、基本的にマイナスなイメージを伴っています。

「誠に遺憾です」の類語

「誠に遺憾です」の類語・類義語としては、物事が思うようにならず残念でたまらないことを意味する「遺憾千万」、非常に残念であることを意味する「甚だ遺憾」などがあります。

「残念です」の意味

「残念です」とは

「残念です」とは、悔しく思うことを意味しています。

表現方法は「行けなくて残念です」「とても残念です」「本当に残念です」

「行けなくて残念です」「とても残念です」「本当に残念です」「それを聞いて残念です」などが、「残念です」を使った一般的な言い回しになります。

「残念です」の使い方

「残念です」を使った分かりやすい例としては、「あなたに会うことができなかったのはとても残念です」「今回にのトラブルに関しては非常に残念です」「甲子園に出場することができずとても残念です」などがあります。

「残念です」は悔しく思うことを意味する「残念」に、丁寧語の「です」が合わさり、悔しく思うことの意味で使われている言葉です。

「残念です」は「このような結果になってしまったのは非常に残念です」のように、記者会見などやインタビューなどの公の場だけではなく、「彼女に会うことができなくてとても残念です」のように、個人的なプライベートの場面でも使えるというのが特徴になります。

また、基本的にマイナスのイメージで使われることが多いと覚えておきましょう。

「残念です」の類語

「残念です」の類語・類義語としては、非常に悔しくてたまらないことを意味する「残念至極」、とても残念に思うことを意味する「非常に残念」などがあります。

「誠に遺憾です」の例文

1.利用者に多大なるご迷惑をおかけしたことは、誠に遺憾です。
2.今回の判定に関して、当方としては誠に遺憾です。
3.当球団の選手が書類送検されたことは誠に遺憾です。ファンの皆様にはご心配をおかけしており、大変申し訳ございません。
4.今回の件は国民の信頼を傷つけており、誠に遺憾です。
5.著作権を侵害されたことは誠に遺憾です。訴訟手続きにもすでに入っております。

この言葉がよく使われる場面としては、期待したようにならずとても残念に思うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「誠に遺憾です」はビジネスシーンで使える言葉です。

「残念です」の例文

1.今回の件は風評被害であり、私たちは何もしていないので残念です。
2.ここまで貢献してきた企画の担当を外されるのは、非常に残念です。
3.沖縄への旅行を楽しみにしていたが、台風で中止となり残念です。
4.彼のことを信じていたのに、誰とも会っていないと嘘をつかれたのは残念です。
5.昨日のイベント会場はとても混雑していたため、お目にかかれず残念です。

この言葉がよく使われる場面としては、悔しく思うことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「残念です」はカジュアルな場面でも使える言葉です。

「誠に遺憾です」と「残念です」はどちらも期待したような結果にならず心残りであることを表します。

どちらの言葉を使うか迷った場合、公の場で大勢の人に向けて使うことを表現したい時は「誠に遺憾です」を、公の場だけではなく個人的なプライベートの場面でも使うことを表現したい時は「残念です」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター