今日の買取件数:20件/今月の買取件数:460件/累計買取件数:28,706件

【加算】と【乗算】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「加算」(読み方:かさん)と「乗算」(読み方:じょうざん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「加算」と「乗算」という言葉は、どちらも「計算の方法」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




加算と乗算の違い

加算と乗算の意味の違い

加算と乗算の違いを分かりやすく言うと、加算とは足し算を意味し、乗算とは掛け算を意味するという違いです。

加算と乗算の使い方の違い

一つ目の加算を使った分かりやすい例としては、「介護報酬の加算と減算の要件について説明します」「加算税と延滞税の違いがわかりません」「期日までに加算金を納めてください」「加算の前に乗算をします」などがあります。

二つ目の乗算を使った分かりやすい例としては、「アナログ乗算器の原理をご存知ですか」「乗算回路をトランジスタで作る」「値を乗算するには PROFILE関数を使用します」「乗算のやり方は何年生で習いますか」などがあります。

加算と乗算の使い分け方

加算と乗算という言葉は、どちらも四則演算の一種であり計算方法を表しますが、意味や使い方には大きな違いがあります。

加算とは、数字に別の数字を加えて合計することを意味します。「足し算」として小学校1年生で習うもので、「+」の記号を用いて「2+4」のように表現します。この計算は2に4を加えることを意味し、計算式は「2+4=6」となります。加算の答えの「6」は「和」と言います。

乗算とは、2つ以上の数字を掛け合わせて計算することを意味します。「掛け算」として小学校2年生で習うもので、「×」の記号を用いて「2×4」のように表現します。この計算は2を4回加えることを意味し、計算式は「2×4=8」となります。乗算の答えの「8」は「積」と呼びます。

つまり、加算とは足し算のことであり、乗算とは掛け算のことです。二つの言葉は似ていますが、意味は異なるので区別して使い分けるようにしましょう。

加算と乗算の英語表記の違い

加算を英語にすると「addition」「supplement」「summation」となり、例えば上記の「加算と減算」を英語にすると「addition and subtraction」となります。

一方、乗算を英語にすると「multiplication」「times」となり、例えば上記の「乗算器」を英語にすると「multiplier」となります。

加算の意味

加算とは

加算とは、ある数量に、さらに別の数量を加えて計算することを意味しています。

その他にも、「足し算、寄せ算」の意味も持っています。

表現方法は「加算される」「加算を取る」

「加算される」「加算を取る」などが、加算を使った一般的な言い回しです。

加算の使い方

「過少申告加算税の金額はいくらぐらいになるだろう」「加算平均合成で高感度ノイズを除去する」「オペアンプを用いた加算回路の仕組みを解説します」などの文中で使われている加算は、「ある数量に別の数量を加えて計算すること」の意味で使われています。

一方、「加算を乗算が混ざった計算が苦手です」「加算のやり方を英語で説明してください」「半加算器と全加算器のどちらをご所望ですか」などの文中で使われている加算は、「足し算、寄せ算」の意味で使われています。

加算とは、ある数量に別の数量を加えることを意味します。基本の給料に手当を加えたり、通常のポイントにボーナスポイントが上乗せされたりすることを表す言葉です。数学では、数字に別の数字を加えて合計する「足し算」を意味し、「5+3」のような計算式を指します。

「加算税」の意味

加算を用いた日本語には「加算税」があります。加算税とは、申告納税方式または源泉徴収等による国税について、過少であったり延滞をするなど納付義務の違反に対する課税です。罰金としての意味合いを持ちます。

「加算年金」は誤用

加算を用いた誤った表現には「加算年金」があります。正しくは「加給年金」であり、厚生年金の被保険者が65歳になった時点で扶養する子供や配偶者がいる場合に、老齢厚生年金に加算される年金制度のことです。

加算の対義語

加算の対義語・反対語としては、引き算や減法を意味する「減算」などがあります。

加算の類語

加算の類語・類義語としては、一緒に合わせて計算することや合計を意味する「合算」、計算の中に含めることや数え入れることを意味する「算入」、費用などを全体の計算の中に組み入れることを意味する「計上」などがあります。

乗算の意味

乗算とは

乗算とは、掛け算、乗法を意味しています。

乗算の読み方

乗算の読み方は「じょうざん」です。誤って「じょうさん」「じょざん」などと読まないようにしましょう。

表現方法は「乗算レイヤー」「乗算記号」

「乗算レイヤー」「乗算記号」などが、乗算を使った一般的な言い回しです。

乗算の使い方

乗算を使った分かりやすい例としては、「エクセルで乗算する方法を習った」「英語で乗算のやり方を説明する」「CSSで乗算をかける方法を教えてください」「乗算レイヤーを使ってイラストに影を付ける」などがあります。

その他にも、「アスタリスクは乗算記号として使用されている」「大学で4ビット乗算器を作成しました」「四則演算で乗算は加算より優先されます」「エクセルで乗算を実行する計算式を作成する」などがあります。

乗算とは、「掛け算」「乗法」とも呼ばれ、ある数を他の数の表す回数だけ加えた合計を求める計算を意味します。乗算は「2×4」のように「×」を使って表記され、これは「2+2+2+2」を表し、答えは「8」となります。

「乗算器」の意味

乗算を用いた日本語には「乗算器」があります。乗算器とは、二つの数について乗算を行うための電子回路のことで、「アナログ乗算器」と「デジタル乗算器」があります。

乗算の対義語

乗算の対義語・反対語としては、割り算や除法を意味する「除算」などがあります。

乗算の類語

乗算の類語・類義語としては、1から9までの数を互いに掛け合わせた数の一覧表を意味する「九九」、二つ以上の数を掛け合わせることを意味する「相乗」、二つ以上の数や式を掛け合わせて得られる数や式を意味する「積」などがあります。

加算の例文

1.計算にはルールがあり、加算や減算より乗算や除算を優先する決まりがあります。
2.ポイ活の達人に、上手なポイントの貯め方や使い方と加算履歴の確認方法を教えてもらいました。
3.医療事務の勉強をして、病院が受け取る診療報酬加算には様々な種類があることがわかりました。
4.介護福祉士に対する加算の一つに、サービス提供強化加算があります。
5.介護報酬の加算を取るための基準は、小さな事業所にはハードルが高いと感じます。
6.こちらのアプリからお友だちをご紹介したいただくと、自動的にあなたに紹介ポイントが加算されます。
7.スーパーで食材を購入する際、食費用の予算にポイント還元額を加算することで、よりお得に買い物を楽しむことができます。
8.前月の売上金額に今月の売上金額を加算することで、累計売上金額を算出することができます。
9.このゲームはシューティングゲームで、敵を倒したりアイテムを取ったりすると得点が加算される。
10.クレジットカードや会員プログラムによって加算されるポイントを活用することで、宿泊費や航空券の料金から割引を受けることができます。

この言葉がよく使われる場面としては、足し算や寄せ算、加えて勘定することを表現したい時などが挙げられます。

例文1にある加算は、四則演算の一つで、二つ以上の数を足して和を求める「足し算」の意味で用いられています。例文2から例文5の加算は、ある数量を加えて勘定することの意味で使用されています。

乗算の例文

1.一般的に、乗算は小学校2年生の秋から、除算は小学校3年生の春あたりから学習します。
2.足し算は加算であり掛け算は乗算ですが、さて割り算は何というでしょう。
3.イラスト制作における乗算とは、色を掛け合わせて合成するレイヤー機能のことです。
4.新しい画像編集ソフトの乗算レイヤーは、簡単にきれいな陰影が付けられて以前のものより使いやすいです。
5.この関数は、数式を100で乗算し、パーセント形式にした上で%記号を付加した文字列にしています。
6.料理のレシピは一人前の分量で書かれているが、材料の量を乗算することで、何人分の料理を作れるか計算できます。
7.そろばんとは違い、電卓やコンピュータなどの計算機では、乗算ボタンを使って簡単に乗算を行うことができます。
8.私がイラストを作る際、キャラクターの衣服の陰影は乗算レイヤーを用いるが、肌の陰影は通常レイヤーを用いている。
9.この関数の場合は、数式を100で乗算し、パーセント形式にした上で%記号を付加した文字列にします。
10.科学技術の分野では、乗算は様々な計算に使われており、例えば、物理学では力や速度を計算するために使われています。

この言葉がよく使われる場面としては、乗法や掛け算を表現したい時などが挙げられます。

例文3や例文4にあるように、乗算という言葉は、イラストなどの色の合成方法を表すことがあります。「乗算レイヤー」とは、下にあるレイヤーの色を掛け合わせながら影色を表示する効果があります。

加算と乗算という言葉は、どちらも「計算方法」を表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、足し算を表現したい時は「加算」を、掛け算を表現したい時は「乗算」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター