今日の買取件数:20件/今月の買取件数:480件/累計買取件数:28,126件

【ご添削のほどよろしくお願いいたします】と【添削お願いします】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご添削のほどよろしくお願いいたします」(読み方:ごてんさくのほどよろしくおねがいいたします)と「添削お願いします」(読み方:てんさくおねがいします)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」と「添削お願いします」という言葉は、どちらも文章の誤りや改善点を指摘してもらうことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご添削のほどよろしくお願いいたします」と「添削お願いします」の違い

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」と「添削お願いします」の意味の違い

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」と「添削お願いします」の違いを分かりやすく言うと、「ご添削のほどよろしくお願いいたします」の方が「添削お願いします」よりも丁寧な表現という違いです。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」と「添削お願いします」の使い方の違い

一つ目の「ご添削のほどよろしくお願いいたします」を使った分かりやすい例としては、「会議の資料をまとめましたのでご添削のほどよろしくお願いいたします」「お忙しいところ恐れ入りますがこちらのご添削のほどよろしくお願いいたします」などがあります。

二つ目の「添削お願いします」を使った分かりやすい例としては、「履歴書の添削をお願いします」「こちらの作文の添削お願いします」「企画書が完成しましたので添削お願いします」「韓国語で書いたメールの添削お願いします」などがあります。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」と「添削お願いします」の使い分け方

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」と「添削お願いします」はどちらも文章の誤りや改善点を指摘してもらうことを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ご添削のほどよろしくお願いいたします」の方が「添削お願いします」よりも丁寧な表現という点です。

したがって、よりかしこまった場面では「ご添削のほどよろしくお願いいたします」の方を使うのがいいでしょう。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」と「添削お願いします」の英語表記の違い

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」も「添削お願いします」も英語にすると「Could you proofread this for me」となります。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」の意味

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」とは

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」とは、文章の誤りや改善点を指摘してもらうことを意味しています。

「ご添削のほどよろしくお願い致します」は誤用

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」を「ご添削のほどよろしくお願い致します」とすると、謙譲の意味が失われてしまうため、ひらがな表記である「よろしくお願いいたします」の方を使うようにしましょう。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」の使い方

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」を使った分かりやすい例としては、「エントリーシートのご添削のほどよろしくお願いいたします」「フランス語で書いたメールをご添削のほどよろしくお願いいたします」などがあります。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」は他人の文章や答案などを書き加えたり削ったりして改め直すことを意味する「添削」に、接頭語の「ご」、断定を避ける表現の「ほど」、お願いすること丁寧に表現した「よろしくお願いいたします」が合わさった言葉です。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」は目上の人に使える

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」は学術やビジネスシーンなどでよく使われており、相手に敬意を示すだけではなく、専門的なアドバイスを求める際に使います。また、敬意を示している表現なので、目上の人に対して使うことが可能です。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」は文章で使うのが一般的

「ご添削のほどよろしくお願いします」は口頭やメールなどの、実際に文章を見せながら使うのが一般的になります。そのため、電話で使うことはほとんどありません。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」の類語

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」の類語・類義語としては、確認してほしいとお願いすることを意味する「ご確認のほどよろしくお願いいたします」、間違っていないかチェックをお願いすることを意味する「チェックをお願いいたします」などがあります。

「添削お願いします」の意味

「添削お願いします」とは

「添削お願いします」とは、文章の誤りや改善点を指摘してもらうことを意味しています。

「添削お願いします」の使い方

「添削お願いします」を使った分かりやすい例としては、「英作文の添削お願いします」「こちらのブログの記事の添削お願いします」「小論文の添削お願いします」「結婚式のスピーチの添削お願いします」などがあります。

「添削お願いします」は他人の文章や答案などを書き加えたり削ったりして改め直すことを意味する「添削」に、丁寧にお願いすることを意味する「お願いします」が合わさり、文章の誤りや改善点を指摘してもらうことの意味で使われている言葉です。

「添削お願いします」は目上の人に使える

「添削お願いします」は学術やビジネスシーンなどでよく使われており、相手に敬意を示すだけではなく、専門的なアドバイスを求める際に使います。また、敬意を示している表現なので、目上の人に対して使うことが可能です。

ただし、「添削お願いします」だけでも丁寧な表現なのですが、よりかしまった場面においては、さらに丁寧な表現である「ご添削のほどよろしくお願いいたします」を使うのがいいでしょう。

「添削お願いします」は文章で使うのが一般的

「添削お願いします」は口頭やメールなどの、実際に文章を見せながら使うのが一般的になります。そのため、電話で使うことはほとんどありません。

「添削お願いします」の類語

「添削お願いします」の類語・類義語としては、欠点や過失などを具体的に取り上げて指し示してほしいとお願いすることを意味する「ご指摘お願いします」があります。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」の例文

1.お忙しいところ大変恐縮ですが、今週末までにご添削のほどよろしくお願いいたします。
2.こちらの資料の内容の精度を上げたく、ご添削のほどよろしくお願いいたします。
3.プレゼンで使用する資料が完成しましたので、ご添削のほどよろしくお願いいたします。
4.就活用の履歴書が完成したので、ご添削のほどよろしくお願いいたします。
5.海外企業向けに英語で資料を作成しましたが、あまり自信がないのでご添削のほどよろしくお願いいたします。

この言葉がよく使われる場面としては、文章の誤りや改善点を指摘してもらうことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご添削のほどよろしくお願いいたします」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「添削お願いします」の例文

1.生徒から作文の添削お願いしますと言われたので、引き受けることにしました。
2.中国語で作文を書いてみましたので、添削お願いします。
3.クライアントに提出する企画書が完成しましたので、添削お願いします。
4.記者会見で使用するカンペを作成したので、添削お願いします。
5.卒業しで読むスピーチが完成しましたので、添削お願いします。

この言葉がよく使われる場面としては、文章の誤りや改善点を指摘してもらうことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「添削お願いします」はビジネスシーンにおいても使われている言葉です。

「ご添削のほどよろしくお願いいたします」と「添削お願いします」はどちらも文章の誤りや改善点を指摘してもらうことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「ご添削のほどよろしくお願いします」の方が「添削お願いします」よりも丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター