【変わる】と【代わる】と【替わる】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「かわる」という読み方、似た意味を持つ「変わる」と「代わる」と「替わる」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どれを使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「変わる」と「代わる」と「替わる」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。



変わると代わると替わるの違い

変わると代わると替わるの違いを分かりやすく言うと、「変化」をするのか、「代理」をするのか、「交替」をするのかの違いです。

「かわる」を「変わる」という漢字で書く場合、「変化」という意味を持つ言葉になります。変わるとは、物事の形や状態、位置や様子が今までと違ったものになるという意味を持ちます。

例えば、「様変わりする」という言葉にあるように、「変わる」とは様子がガラリと変わることを示します。

一方、「かわる」を「代わる」という漢字で書く場合、これは「代理」という意味を持つ言葉になります。代わるとは、今までそこにあった人や物のあとに、他のものが入るという意味を持ちます。

代わるというのは、今までと異なるものが役割を引き継ぎ、元にあったものと同じ役目を果たすことを示します。

最後に、「かわる」を「替わる」という漢字で書く場合、これは「交替」という意味を持つ言葉になります。替わるとは、かわりばんこにするという意味を持ちます。かわりばんこに、出たり入ったりすることを示す言葉です。

交替という言葉は「交代」とも「交替」とも書けるので、混乱しやすいものです。「交代」と書く場合は、代わったものはそのまま固定され、元に戻ることはあまりありません。

しかし「交替」と書く場合は、かわりばんこという意味ですので、更にまた替わる可能性があります。

例えば、「父と交代して母が運転する」という場合、運転するのは母になり、父が再び運転する可能性は低いものとなります。しかし「父と母が交替で運転する」という場合、父が運転し、その後に母が運転した後、再び父が運転する可能性があります。

何度も役割を引継ぐ可能性がある場合に「替わる」という字を使います。服を「着替える」やシーツを「替える」などの場合にもこちらの字を使います。服もシーツも、洗濯などをすることで、再び何度でも使用できるものなので「替える」の字を使います。

お金を「両替する」という場合にも、この「替わる」という字を使います。この場合も、お金というのは巡りながら何度も使用するものなので、替えるの字を使います。

ただし、現金ではなく電子マネーにするというような場合は「現金に代わって電子マネーを使う」という風に「代わる」の字を使います。現金の代理として電子マネーを使うという意味になるからです。

変わるの意味

変わるとは、物事の形や状態などが今までと違ったものになることを意味しています。変化の「変」という字だと考えるとわかりやすいでしょう。

変わるという字を使う場合は、Aという物事がBという全く違った物事になる場合などに使います。変わるという言葉の「変」という字は、それまでとは別の状態になるという意味を持つ漢字です。

季節が変わったり、住所が変わったりという場合にもこの字を使いますし、性格が変わったり、顔色が変わったりという場合にもこの字を使います。物事に、なにか今までと違う現象が起こった場合に「変わる」という字を使うようにしましょう。

変わるという言葉に使われている「変」という字を使った単語としては、色が変わることを意味する「変色」、変えて新しいものにすることを意味する「変革」、事態に動きがあって変化することを意味する「変革」などがあります。

代わるの意味

代わるとは、今までそこにあった人や物のあとに、他のものが入ることを意味しています。代理の「代」という字だと考えるとわかりやすいでしょう。

ある役割を他のものが果たすことを意味する時には「代わる」という字を使います。代わるという言葉の「代」という字は、かわってするという意味やかわりになるものという意味があります。

代わるという字を使う場合には、代わった後に再び元の状態に戻るということは、あまりありません。例えば、スポーツ選手で「選手交代」と言ったら、その選手が再び競技中に試合に戻ることはないという意味を持ちます。

代わるという言葉に使われている「代」という字を使った単語としては、野球で他の選手に代わって打者となることを意味する「代打」、本人に代わって事を処理することを意味する「代理」、ある人の代わりを務めることを意味する「名代」などがあります。

替わるの意味

替わるとは、かわりばんこに出たり入ったりすることを意味しています。替わるという字で書く場合には、役割を一度外れても、再び同じ役割を担う可能性があります。

かわりばんこに順番で物事にあたる際などに「替わる」という字を使います。または、何度も使うものを入れ替えたりする場合にも「替わる」と書きます。例えば、季節が変わったことで服などを入れ替えることを「衣替え」と言います。

これは、冬服から夏服へと替えるけれど、再び冬が来たらまた冬服を使うという意味です。このように、かわりばんこという意味を含む際に「替わる」という字を使うようにしましょう。

スポーツ競技などでも、一度退場するともう出番が巡ってこないような競技の場合には「交代」と表現しますが、バレーボールなど同じ選手が何度もコートを出たり入ったりすることが可能な競技の場合は「交替」と表現したりします。

替わるという言葉に使われている「替」という字を使った単語としては、役割や位置などを互いに入れかえることを意味する「交替」、それに見合う他のもので代えることを意味する「代替」などがあります。

変わるの例文

1.時代と共に流行は変わっていくね。
2.引っ越して住所が変わったので、お知らせします。
3.新年度になって、書類の様式が変わってしまった。
4.洋食の気分だったけれど、美味しそうな刺身を見たら、気が変わった。
5.子供が産まれて、彼は人が変わったように性格が丸くなった。

この言葉がよく使われる場面としては、物事の様子や状態が異なるものになることを表したい時などが挙げられます。

ある状態から他の状態に移ることを「変わる」と表現します。「変化」という言葉で考えるとわかりやすいでしょう。

例文1のように年月が改まったり、例文2のように、ある場所から別の場所に移ったりする場合にも「変わる」と表記します。

代わるの例文

1.会長に代わってご挨拶を申し上げます。
2.原子力に代わるエネルギーを見つけなくてはいけないと思う。
3.授業参観には、母の代わりに父が来ることになった。
4.人工知能が人間の代わりとなって働く日が来るのだろうね。
5.このお手紙をもって、ご挨拶に代えさせていただきたく存じます。

この言葉がよく使われる場面としては、今までそこにあった人や物のあとに、他のものが入ることを表したい時などが挙げられます。

この漢字を使う場合は、例文1や3のように誰かの役割を別の人が引き受ける時や、例文5のように何かの物事を別の何かで補う時などがあります。本来あったものとは、全く別のもので補う場合に「代わる」という字を使うと考えるとわかりやすいでしょう。

「代わる」という字を使った場合、元々その場所を占めていたものが再び同じ場所に戻ってくることは、基本的にはないと考えます。一度「代わって」しまったら、元には戻らないのが「代わる」だと覚えておくようにしましょう。

替わるの例文

1.2時間おきに人を替えて仕事をこなしていく。
2.日本は政権がよく替わる印象がある。
3.お札を小銭に替えてもらう。
4.汗をかいたので、服を替えた。
5.そろそろ冷蔵庫を買い替えようと思っている。

この言葉がよく使われる場面としては、かわりばんこに何かを行うような状態を表したい時などが挙げられます。

例文2のように、政治や経済に関する表現に使われることもあります。一度退いたら二度と同じ立場に戻ることが出来ないような場合には、この漢字は使いません。その場合は「替わる」ではなく「代わる」と書きます。

また、例文5のように同じものを同じものにする場合には「替える」と書きます。古い冷蔵庫から新しい冷蔵庫にした場合でも冷蔵庫は冷蔵庫であり、他のもので代用しているわけではありません。そういう場合には「替える」という字で表記します。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター