今日の買取件数:20件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:28,206件

【ご覧になってください】と【ご覧ください】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご覧になってください」(読み方:ごらんになってください)と「ご覧ください」(読み方:ごらんください)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご覧になってください」と「ご覧ください」という言葉は、どちらも見てくださいとお願いすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご覧になってください」と「ご覧ください」の違い

「ご覧になってください」と「ご覧ください」の意味の違い

「ご覧になってください」と「ご覧ください」の違いを分かりやすく言うと、「ご覧になってください」の方が「ご覧ください」よりも丁寧な表現という違いです。

「ご覧になってください」と「ご覧ください」の使い方の違い

一つ目の「ご覧になってください」を使った分かりやすい例としては、「お待ちの間よろしければご覧になってください」「ご注文はこちらのメニューをご覧になってください」「ご希望の方は自由にご覧になってください」などがあります。

二つ目の「ご覧ください」を使った分かりやすい例としては、「詳しい資料については後ほど添付しますのでそちらをご覧ください」「詳しくはこちらのページをご覧ください」「それでは後方をご覧ください」などがあります。

「ご覧になってください」と「ご覧ください」の使い分け方

「ご覧になってください」と「ご覧ください」はどちらも見てくださいとお願いすることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ご覧になってください」の方が「ご覧ください」よりも丁寧な表現という点です。

ではなぜ「ご覧になってください」の方が丁寧な表現かというと、「ご覧ください」は「ご覧になってください」の「なって」部分が省略された表現なので、「ご覧になってください」よりもやや敬意が落ちた表現になると覚えておきましょう。

「ご覧になってください」と「ご覧ください」の英語表記の違い

「ご覧になってください」も「ご覧ください」を英語にすると「please take a look 」となり、例えば上記の「こちらのメニューをご覧になってください」を英語にすると「Please take a look at the this menu」となります。

「ご覧になってください」の意味

「ご覧になってください」とは

「ご覧になってください」とは、見てくださいとお願いすることを意味しています。

「ご覧になって下さい」は誤用

「ご覧になってください」を「ご覧になって下さい」とするのは誤用です。

ではなぜ誤用かと言うと、「ご覧になってください」の「ください」は補助動詞であり、日本語には動詞は漢字表記し、補助動詞はひらがなで表記するという決まりがあるのが理由になります。

「ご覧になってください」の使い方

「ご覧になってください」を使った分かりやすい例としては、「参考までに添付資料をご覧になってください」「こちらが弊社の募集要項となっておりますのでご覧になってください」「詳しくは下記のリンクをご覧になってください」などがあります。

「ご覧になってください」は見ることの尊敬語を意味する「ご覧になる」の連用形の「ご覧になって」に、相手に何かを要望や懇願することを意味する「ください」が合わさり、見てくださいとお願いすることの意味で使われている言葉です。

「ご覧になってください」は丁寧な表現なのでビジネスシーンにおいても使うことができる言葉ですが、「ください」という表現が命令口調なので位の離れた上司や社外の人に対して使うのはあまり適していません。

もし、位の離れた上司や社外の人に対して使いたいのであれば、さらに丁寧な表現である「ご覧くださいませ」「ご覧くださいますようお願いいたします」などを使うのがいいでしょう。

「ご覧になってください」は正しい敬語表現

「ご覧になってください」を二重敬語だと思う人もいると思いますが、結論から言うと二重敬語ではなく、正しい敬語表現です。

二重敬語とは二重敬語とはより丁寧に表現しようとして、「尊敬語+尊敬語」「謙譲語+謙譲語」「丁寧語+丁寧語」のように同じ種類の敬語を重複させることです。

「ご覧になってください」は尊敬語の「ご覧になる」とお願いすること補助動詞である「ください」が合わさった言葉なので、二重敬語の例のに当てはまりません。したがって、正しい敬語表現であると覚えておきましょう。

「ご覧になってください」の類語

「ご覧になってください」の類語・類義語としては、目を通してもらうことを意味する「お目通しください」があります。

「ご覧ください」の意味

「ご覧ください」とは

「ご覧ください」とは、見てくださいとお願いすることを意味しています。

「ご覧下さい」は誤用

「ご覧ください」を「ご覧下さい」とするのは誤用です。

ではなぜ誤用かと言うと、「ご覧ください」の「ください」は補助動詞であり、日本語には動詞は漢字表記し、補助動詞はひらがなで表記するという決まりがあるのが理由になります。

「ご覧ください」の使い方

「ご覧ください」を使った分かりやすい例としては、「お時間ありましたらどうぞご自由にご覧ください」「より詳細な説明についてはこちらをご覧ください」「お忙しいと存じますがこちらをご覧ください」「操作方法についてはマニュアルをご覧ください」などがあります。

「ご覧ください」は見ることの尊敬語を意味する「ご覧」に、相手に何かを要望や懇願することを意味する「ください」が合わさり、見てくださいとお願いすることの意味で使われている言葉です。

「ご覧ください」は「ご覧になってください」の「なって」の部分が省略された言葉なので、表記が違うだけで「ご覧になってください」と全く同じ意味を持つ言葉になります。

「ご覧ください」は省略された言葉なので敬意が落ちる表現なのですが、ビジネスシーンにおいて意識している人はそこまでいません。そのため、使用しても問題ない言葉と覚えておきましょう。

ただし、「ください」という表現が命令口調なので位の離れた上司や社外の人に対して使うのはあまり適していません。

「ご覧ください」の類語

「ご覧ください」の類語・類義語としては、他人にみてもらうことを意味する「ご高覧ください」、相手に確認してもらうことを意味する「ご確認ください」などがあります。

「ご覧になってください」の例文

1.弊社に関する詳しい情報を知りたい方は、下記のリンクをご覧になってください。
2.あちらでは新製品を展示しておりますので、ぜひご覧になってください。
3.提案内容をこちらにまとめましたので、どうぞご覧になってください。
4.どうぞ最後までゆっくりご覧になってくださいのアナウンスの後に、上映が開始されました。
5.明日の展示会は私も出品しますので、ぜひご覧になってください。

この言葉がよく使われる場面としては、見てくださいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご覧になってください」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「ご覧ください」の例文

1.それでは最後までゆっくりご覧くださいとアナウンスが流れた後に、会場が真っ暗になりました。
2.世界遺産に登録されたお城はとても見応えがあるので、ぜひご覧ください。
3.サンプルをいくつかご用意しましたので、どうぞお手に取ってご覧ください。
4.売り上げの詳しい詳細につきましては、お手元の資料をご覧ください。
5.左斜めをご覧ください。あちらが世界遺産に登録されている滝となっております。

この言葉がよく使われる場面としては、見てくださいとお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご覧ください」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「ご覧になってください」と「ご覧ください」はどちらも見てくださいとお願いすることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「ご覧になってください」の方が「ご覧ください」よりも丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター