今日の買取件数:20件/今月の買取件数:420件/累計買取件数:28,066件

【四半世紀】と【半世紀】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「四半世紀」(読み方:しはんせいき)と「半世紀」(読み方:はんせいき)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「四半世紀」と「半世紀」という言葉は、どちらも「年月の長さ」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




四半世紀と半世紀の違い

四半世紀と半世紀の意味の違い

四半世紀と半世紀の違いを分かりやすく言うと、四半世紀とは25年を表し、半世紀とは50年を表すという違いです。

四半世紀と半世紀の使い方の違い

一つ目の四半世紀を使った分かりやすい例としては、「この食堂は四半世紀にわたって愛され続けている」「19世紀の最初の四半世紀」「若者の税負担は四半世紀で倍増しました」「日本がデフレに陥って四半世紀になります」などがあります。

二つ目の半世紀を使った分かりやすい例としては、「1970年代は今から半世紀さかのぼる」「生誕半世紀のお祝いランチパーティーをしました」「この集落は半世紀前に無人になってしまった」などがあります。

四半世紀と半世紀の使い分け方

四半世紀と半世紀という言葉は、どちらも年月の長さを表しますが、意味や使い方には違いがあります。

二つの言葉は、100年を一区切りにした「世紀」を基準にした年月を表します。四半世紀とは100年の4分の1のことで25年、半世紀とは100年の半分で50年を意味します。

上記例文にある「四半世紀にわたり」とは、ある物事が25年の歳月に及んでいること、25年間続いていることを表します。これが「半世紀にわたり」になると、ある物事が50年の歳月に及んでいることになります。

つまり、四半世紀は100年の4分の1である25年を意味し、半世紀は100年の半分である50年を意味する言葉です。二つの言葉は指し示す期間が明らかに違っているので、区別して使い分けるようにしましょう。

四半世紀と半世紀の英語表記の違い

四半世紀を英語にすると「quarter century」「quarter of century」となり、例えば上記の「四半世紀にわたって」を英語にすると「for a quarter of a century」となります。

一方、半世紀を英語にすると「half century」「half a century」「five decades」となり、例えば上記の「半世紀さかのぼる」を英語にすると「date back a half-century」となります。

四半世紀の意味

四半世紀とは

四半世紀とは、1世紀の4分の1、25年を意味しています。

四半世紀の読み方

四半世紀の読み方は「しはんせいき」です。誤って「よはんせいき」「よんはんせいき」などと読まないようにしましょう。

四半世紀の使い方

四半世紀を使った分かりやすい例としては、「四半世紀にわたり放置されていた」「75年は三四半世紀と言います」「ラグビーのW杯は四半世紀前を思い出させた」「英語教育の現場は四半世紀で大きく様変わりしています」などがあります。

その他にも、「四半世紀とは何年か知っていますか」「自民と公明の連立は四半世紀続いている」「半世紀以上続く捕鯨論争に加わる」「なぜ四半世紀も解決できないのだろう」「来年に没後四半世紀を迎えます」などがあります。

四半世紀とは、「四半」と「世紀」の二語から成る言葉です。「四半」は、四つに分けた一つ、つまり4分の1のことです。「世紀」は100年を単位とする年代の数え方を表し、四半世紀とは、1世紀の4分の1である25年を意味する言葉です。

「三四半世紀」の意味

四半世紀を用いた日本語には「三四半世紀」(読み方:さんしはんせいき)があります。三四半世紀とは、一世紀を4分の1にしたうちの3つ分のことで、75年間を意味します。三四半世紀という言葉は日常会話ではあまり使われませんが、文章語として使用されることがあります。

四半世紀の類語

四半世紀の類語・類義語としては、25年の間を意味する「25年間」、四つに分けたうちの一つを意味する「四半分」、四分の一を意味する「クオーター」などがあります。

半世紀の意味

半世紀とは

半世紀とは、1世紀の半分、50年を意味しています。

半世紀の読み方

半世紀の読み方は「はんせいき」です。誤って「なかせいき」などと読まないようにしましょう。

半世紀の使い方

半世紀を使った分かりやすい例としては、「半世紀とは何年のことですか」「半世紀生きた私は十分な処世術を身に付けています」「私は半世紀近く塾で英語を教え続けています」「生誕半世紀とは何歳になったのだろう」などがあります。

その他にも、「ブロードウェイの半世紀を振り返る」「半世紀前の恐怖が鮮明に残っています」「この町に半世紀ぶりの映画館ができました」「世紀にわたり保護活動を続けてきました」「半世紀前と変わらないものもある」などがあります。

半世紀とは、1世紀の半分のことであり、つまり50年を意味します。50年という区切りの期間として、日常会話でもビジネスシーンでも使用される言葉です。

「生誕半世紀」の意味方

上記の例文にある「生誕半世紀」とは、50歳のパースデーを意味します。50歳という節目である誕生日に特別な思いを巡らせ、他の年齢とは違ったお祝いなどをすることがあります。アーティストや芸能人の中には、「半世紀生誕祭ライブ」などと称したスペシャルライブを行うこともあります。

半世紀の類語

半世紀の類語・類義語としては、50年の間を意味する「五十年間」、西暦で、100年を単位とする年代の数え方を意味する「世紀」、半分や二分の一を意味する「ハーフ」などがあります。

四半世紀の例文

1.四半世紀ぶりとなる賃上げの動きは、長年続いたデフレからの脱却に弾みを付けそうだ。
2.連載四半世紀となる人気漫画「ワンピース」は、なぜ世界中で愛され続けているのかご存知でしょうか。
3.四半世紀生きた私は、幼い頃思い描いていた大人になっているだろうか。
4.75年間を三四半世紀と呼ぶらしいが、実際に使ったことも聞いたこともありません。
5.英語教師となって四半世紀になりますが、実は海外に行ったことがありません。

この言葉がよく使われる場面としては、一世紀の4分の1、25年を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、四半世紀の慣用的な言い回しには「四半世紀ぶり」「三四半世紀」「三四半世紀」などがあります。例文1の「四半世紀ぶりに」は、再び同じ状態が現れるまでに25年の時間が経過したことを意味します。

半世紀の例文

1.もうすぐ父の50歳の誕生日なので、半世紀生きたお祝いを盛大に行う予定です。
2.生誕半世紀である大きな節目のバースデーに、子供たちから心のこもった感謝状をもらいました。
3.人生の半世紀、思い返せば多くの人々と出会い助けられてここまで来ました。
4.日本における英語教育の半世紀を振り返り、これからの英語教育のあり方を考えたいと思います。
5.半世紀生きた証に、ギャラリーを借りて趣味で撮りためた写真の個展を開くことにしました。

この言葉がよく使われる場面としては、1世紀の半分、50年を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、半世紀の慣用的な言い回し、慣用的な表現には「半世紀生きた」「生誕半世紀」「人生の半世紀」などがあります。「人生の半世紀」とは50年の人生を振り返る際に使用される表現です。

四半世紀と半世紀という言葉は、どちらも「年月の長さ」を表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、25年を表現したい時は「四半世紀」を、50年を表現したい時は「半世紀」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター