今日の買取件数:20件/今月の買取件数:340件/累計買取件数:27,386件

【トリップ】と【トラベル】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「トリップ」と「トラベル」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「トリップ」と「トラベル」という言葉は、「旅行」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




トリップとトラベルの違い

トリップとトラベルの意味の違い

トリップとトラベルの違いを分かりやすく言うと、トリップは短期間の旅行を表現する時に使い、トラベルは長期間の旅行を表現する時に使うという違いです。

トリップとトラベルの使い方の違い

一つ目のトリップを使った分かりやすい例としては、「ワンデートリップの候補地として様々な観光地が挙げられた」「トリップクーポンを入手した」「入浴中妄想でトリップをしている時が疲れを癒す瞬間でもある」などがあります。

二つ目のトラベルを使った分かりやすい例としては、「タイムトラベルができるならいつの時代が良いだろうかと夢を見る」「トラベルバッグはスーツケースが肩の負担にならずに済む」「トラベル用ヘアアイロンは軽量なものを選んでいる」などがあります。

トリップとトラベルの使い分け方

トリップとトラベルはどちらも、旅行を表す言葉として使われていますが、使い方が若干異なります。

トリップは、日帰りや数日間、数週間の小旅行や小旅行をすることを意味する言葉です。その他にも、幻覚状態や幻覚状態に陥ることを意味する場合にも用いられています。

一方のトラベルは、遠方であったり長期間にわたる旅行や旅を意味します。明確な期間が決まっていない場合などにも使うことができる言葉です。

つまり、トリップは短期間の旅行を表す場合に、トラベルは長期間の旅行を表す場合に使うという違いがあります。また、後者の方が一般的な旅行を指す言葉としても使われています。

トリップとトラベルの英語表記の違い

トリップを英語にすると「trip」となり、例えば上記の「ワンデートリップ」を英語にすると「one-day trip」となります。一方、トラベルを英語にすると「travel」となり、例えば上記の「タイムトラベル」を英語にすると「the time travel」となります。

トリップの意味

トリップとは

トリップとは、小旅行することを意味しています。

その他にも、幻覚的な経験を意味する言葉として使われています。

トリップの使い方

「女子会ならぬ女子旅をシンデレラトリップと呼ぶのは素敵だと思う」「トリップメーターを旅路の途中でリセットしてしまった」「ワンデートリップよりもゆっくり旅館に滞在したい」などの文中で使われているトリップは、「小旅行」の意味で使われています。

一方、「脳内トリップをし過ぎると声を掛けられても気が付かないことがある」「一度トリップしたらしばらく戻ってこない」「トリップは違法な薬の副作用として現れることもある」などの文中で使われているトリップは、「幻覚的な経験」の意味で使われています。

トリップは英語で「trip」と表記され、「遠い所への旅行」「幻覚的経験」といった意味を持ちます。日本語でも同じように使われており、特に短期間の旅行を指すことが多い言葉です。

「脳内トリップ」の意味

上記例文の「脳内トリップ」とは、脳内で想像や妄想を行うことでその気分に浸ることを意味する言葉で、小説やガイドなどを読むことで実際に旅行に行かずとも行った気になれるなどの体験が該当します。

また、「電気がトリップしてしまう原因」などのように、ブレーカーや電気回路に対して使う場合は、電流が遮断され電力供給が止められてしまう状態を指す言葉として使われます。

トリップの類語

トリップの類語・類義語としては、周遊旅行や各地を巡業することを意味する「ツアー」、他の国や地方の名所などを見物することを意味する「観光」、あちこちを遊覧して回ることを意味する「回遊」などがあります。

トラベルの意味

トラベルとは

トラベルとは、旅行や旅を意味しています。

トラベルの使い方

トラベルを使った分かりやすい例としては、「トラベルウォッチを忘れてしまいスマホで代用することにした」「トラベルサイトを見比べて宿泊施設を決めようとしている」「トラベルコイルヒーターは出先でお湯が沸かせて便利だ」などがあります。

その他にも、「タイムトラベルをすることにリスクを伴うと制約が設けられる作品もある」「大容量のトラベルバッグには服だけでなくたくさんの美容用品も詰めている」「トラベルセットを一式家に置いてきてしまったため出先で購入した」などがあります。

トラベルは英語で「travel」と表記され、「旅行する」「動いていく」「旅行」といった意味を持ちます。日本語でも同じように使われており、遠方への旅行を指すことが多い言葉です。

「トラベルウォッチ」の意味

上記例文の「トラベルウォッチ」とは、目覚ましなどの機能がついた旅行用の小さな置き時計を指す言葉で、デジタルのものもアナログのものもあり、「デジタルクロック」とも呼ばれています。

「タイムトラベル」の意味

また、上記例文の「タイムトラベル」とは、通常の時間の流れから過去や未来へと移動することを意味する言葉で、文学や映画作品の題材として用いられています。例えば、昔話の「浦島太郎」は未来へのタイムトラベルが表現されている作品です。

トラベルの類語

トラベルの類語・類義語としては、比較的長い旅行を意味する「ジャーニー」、郊外などに出て楽しみ遊ぶことを意味する「行楽」、見物して回ることを意味する「遊覧」、各地を巡り歩くことを意味する「巡遊」などがあります。

トリップの例文

1.事前にトリップメーターをリセットしておいたため、今回の旅行でどの程度走行したのか分かるのが楽しみだ。
2.トリップを名称につける旅行支援サービスは多く、単なる情報サイトではなく予約やアドバイスを貰うなどもできるらしい。
3.異世界へのトリップを題材とした作品はいくつかあったが、転生を題材とした作品が非常に多いように思う。
4.脳内トリップであればお金も時間もそこまで掛からないが、あとで空しくなるだけな気がする。
5.熱でうなされた時は聞いたことのあるトリップ感覚に近いのではないかと考えてしまった。

この言葉がよく使われる場面としては、小旅行することを意味する時などが挙げられます。

例文1の「トリップメーター」とは、車の走行距離を表示する計測器を指す言葉で、利用者が任意の地点からの計測を行うことができます。

また、例文4と例文5のように、幻覚的な経験を意味する言葉として使われています。

トラベルの例文

1.健康に不安がある友人が一人旅に出掛けるのは心配だからと、自分がついていくか、トラベルヘルパーをお願いするかを提案した。
2.トラベル用品なんて必要としていなかったが修学旅行に合わせて用意することになった。
3.トラベルサイトからそのまま予約することもできるが、公式ホームページから予約する方が安いのだろうか。
4.GoToトラベルが話題になってから、ホテル従業員の友人は非常に忙しそうにしていた。
5.ネットでトラベルグッズのオススメを見ているが、旅行関係なしに欲しくなってしまった。

この言葉がよく使われる場面としては、旅行や旅を意味する時などが挙げられます。

例文1の「トラベルヘルパー」とは、介護を必要とする人の外出や旅行を手伝うサービス業を指す言葉で、「旅行介助士」とも呼ばれています。

トリップとトラベルは、どちらも「旅行」を表します。どちらを使うか迷った場合は、短期間の旅行を表す場合は「トリップ」を、長期間の旅行を表す場合は「トラベル」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター