今日の買取件数:20件/今月の買取件数:460件/累計買取件数:28,706件

【ご検討いただけますか】と【ご検討いただけますでしょうか】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご検討いただけますか」(読み方:ごけんとういただけますか)と「ご検討いただけますでしょうか」(読み方:ごけんとういただけますでしょうか)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」という言葉は、どちらもよく調べて考えてくれないかお願いすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」の違い

「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」の意味の違い

「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」の違いを分かりやすく言うと、「ご検討いただけますか」の方が「ご検討いただけますでしょうか」よりも一般的に使われているという違いです。

「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」の使い方の違い

一つ目の「ご検討いただけますか」を使った分かりやすい例としては、「差し支えなければこちらの内容でご検討いただけますか」「大変恐縮ですが今週末までにご検討いただけますか」「新サービスの開発についてご検討いただけますか」などがあります。

二つ目の「ご検討いただけますでしょうか」を使った分かりやすい例としては、「新プロジェクトの採用についてご検討いただけますでしょうか」「この中でどれが一番いいかご検討いただけますでしょうか」などがあります。

「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」の使い分け方

「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」はどちらもよく調べて考えてくれないかお願いすることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「ご検討いただけますか」の方が一般的に使われているという点です。

ではなぜ「ご検討いただけますか」の方が一般的に使われているのかというと、「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」は意味や丁寧な度合いが同じなので、よりシンプルな表現である「ご検討いただけますか」の方を使う人が多いと覚えておきましょう。

ただし、どちらも正しい日本語なので、基本的に好きな方を使って問題ありません。

「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」の英語表記の違い

「ご検討いただけますか」も「ご検討いただけますでしょうか」も英語にすると「Could you please take into account」「Thank you for your consideration」となります。

「ご検討いただけますか」の意味

「ご検討いただけますか」とは

「ご検討いただけますか」とは、よく調べて考えてくれないかお願いすることを意味しています。

「ご検討いただけますか」の使い方

「ご検討いただけますか」を使った分かりやすい例としては、「もしよろしければご検討ただけますか」「お手数ですが追加費用についてご検討いただけますか」「こちらの件について前向きにご検討いただけますか」などがあります。

「ご検討いただけますか」はよく調べ考えることを意味する「検討」に、に、接頭語の「ご」、もらうの謙譲語「いただく」、丁寧語の「ます」、疑問形の「か」が合わさり、よく調べて考えてくれないかお願いすることの意味で使われている言葉です。

「ご検討いただけますか」は敬語表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引などの目上の人に対して使うことができます。また、くどくないシンプルな表現なので、広く一般的に使われていると覚えておきましょう。

「ご検討いただけますか」の特徴

「ご検討いただけますか」は主にビジネスシーンにおいて使われている言葉ですが、会話などの話し言葉だけではなく、メールなどの書き言葉としても使うことができるというのが特徴です。

「ご検討いただけますか」の類語

「ご検討いただけますか」の類語・類義語としては、よく調べて考えてくれないかお願いすることを意味する「ご検討ください」、検討してくれとお願いをすることを意味する「ご検討願います」などがあります。

「ご検討いただけますでしょうか」の意味

「ご検討いただけますでしょうか」とは

「ご検討いただけますでしょうか」とは、よく調べて考えてくれないかお願いすることを意味しています。

「ご検討いただけますでしょうか」の使い方

「ご検討いただけますでしょうか」を使った分かりやすい例としては、「ボランティア活動への参加についてご検討いただけますでしょうか」「会食の件ですがご検討いただけますでしょうか」「お手数をおかけしますが今月末までにご検討いただけますでしょうか」などがあります。

「ご検討いただけますでしょうか」はよく調べ考えることを意味する「検討」に、接頭語の「ご」、もらうの謙譲語「いただく」、丁寧語の「ます」、「です」を丁寧にした「でしょう」、疑問形の「か」が合わさり、よく調べて考えてくれないかお願いすることの意味で使われている言葉です。

「ご検討いただけますでしょうか」は正しい敬語表現

「ご検討いただけますでしょうか」を二重敬語だと思う人もいると思いますが、結論から言うと二重敬語ではなく、正しい敬語表現です。

二重敬語とは一つの語に同じ種類の敬語を二重に使ったもののことを指しており、「いただけますでしょうか」は丁寧語の「ます」に対して、「でしょうか」を添えた表現なので二重敬語ではないと覚えておきましょう。

したがって、「ご検討いただけますでしょうか」は正しい敬語表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して使うことができます。

「ご検討いただけますでしょうか」の特徴

「ご検討いただけますでしょうか」は主にビジネスシーンにおいて使われている言葉ですが、会話などの話し言葉だけではなく、メールなどの書き言葉としても使うことができるというのが特徴です。

「ご検討いただけますでしょうか」の類語

「ご検討いただけますでしょうか」の類語・類義語としては、検討してもらうことを意味する「ご検討のほどよろしくお願いいたします」があります。

「ご検討いただけますか」の例文

1.お忙しいところ大変恐縮ですが、来週末までにご検討いただけますか。
2.大変ご迷惑をおかけしますが、追加投資についてご検討いただけますか。
3.現状だと現場が上手く回っていないので、人事配置の再検討についてご検討いただけますか。
4.顧客のクレーム対応についてご提案がありますので、ご検討いただけますか。
5.ご指摘いただいた件を改善しましたので、再度ご検討いただけますか。

この言葉がよく使われる場面としては、よく調べて考えてくれないかお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご検討いただけますか」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「ご検討いただけますでしょうか」の例文

1.お忙しいところ恐縮ですが、次回のご参加もご検討いただけますでしょうか。
2.恐れ入りますが、来期のご契約についてご検討いただけますでしょうか。
3.来年度の予算追加について、ご検討いただけますでしょうか。
4.見積書を送付いたしましたので、今月末までにご検討いただけますでしょうか。
5.先程提案したプランについても、ご検討いただけますでしょうか。

この言葉がよく使われる場面としては、よく調べて考えてくれないかお願いすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご検討いただけますでしょうか」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「ご検討いただけますか」と「ご検討いただけますでしょうか」はどちらもよく調べて考えてくれないかお願いすることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、意味や丁寧さは同じなので基本的に好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター