今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:26,326件

【しばらくお待ちください】と【今しばらくお待ちください】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「しばらくお待ちください」(読み方:しばらくおまちください)と「今しばらくお待ちください」(読み方:いましばらくおまちください)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちください」という言葉は、どちらも相手に待っていてくださいとお願いをすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちください」の違い

「しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちください」の意味の違い

「しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちください」の違いを分かりやすく言うと、「しばらくお待ちください」よりも、「今しばらくお待ちください」の方が丁寧な表現という違いです。

「しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちください」の使い方の違い

一つ目の「しばらくお待ちください」を使った分かりやすい例としては、「只今担当の者をお呼びしますのでしばらくお待ちください」「すぐにお返事いたしますのでしばらくお待ちください」「情報を確認中ですのでしばらくお待ちください」などがあります。

二つ目の「今しばらくお待ちください」を使った分かりやすい例としては、「会議が長引いておりますので今しばらくお待ちください」「修理にはまだ時間がかかりますので今しばらくお待ちください」「担当者に確認を取っておりますので今しばらくお待ちください」などがあります。

「しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちください」の使い分け方

「しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちください」はどちらも相手に待っていてくださいとお願いをすることを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「しばらくお待ちください」よりも、「今しばらくお待ちください」の方が丁寧な表現という点です。

したがって、よりかしこまった場面では「今しばらくお待ちください」の方を使うのがいいでしょう。

「しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちください」の英語表記の違い

「しばらくお待ちください」も「今しばらくお待ちください」も英語にすると「Just a moment, please」「Please wait a little longer」となります。

「しばらくお待ちください」の意味

「しばらくお待ちください」とは

「しばらくお待ちください」とは、相手に待っていてくださいとお願いをすることを意味しています。

「しばらくお待ちください」の漢字表記

「しばらくお待ちください」を漢字にすると、「暫くお待ちください」と表記することができますが、あまり一般的ではありません。余程の理由がない限り、ひらがなの「しばらくお待ちください」を使うようにしましょう。

「しばらくお待ちください」の使い方

「しばらくお待ちください」を使った分かりやすい例としては、「恐れ入りますがしばらくお待ちください」「担当者と代わりますのでしばらくお待ちください」「間もなく参りますので応接室でしばらくお待ちください」などがあります。

「しばらくお待ちください」は待つことを意味する「待ち」に、 すぐではないがあまり時間がかからないことを意味する「しばらく」、接頭語の「お」、くれの尊敬語の「ください」が合わさり、相手に待っていてくださいとお願いをすることの意味で使われている言葉です。

「しばらくお待ちください」は丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて目上の人に対して使うことができますが、「ください」という命令形を使用しているのでやや敬意に欠けている部分もあります。

そのため、よりかしまった場面では、「しばらくお待ちくださいませ」「しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」などのように、さらに敬語表現を付け加えた方がいいでしょう。

「しばらくお待ちください」の期間

「しばらくお待ちください」はどれくらいの期間だろうと思う方もいると思いますが、明確な定義は決まっていません。例えば数十分の人もいれば、数時間の人もいます。そのため、個人の裁量によるものと覚えておきましょう。

ただし、電話や会話などの対面においては10分程度、手紙やメールなどの文章においては数日から1週間程度とするのが一般的と言われています。

「しばらくお待ちください」の類語

「しばらくお待ちください」の類語・類義語としては、待ってほしいと促すことを意味する「お待ちくださいませ」、待ってもらえるか確認することを意味する「お待ちいただけますか」、少し待ってもらうことをお願いすることを意味する「少々お待ちください」などがあります。

「今しばらくお待ちください」の意味

「今しばらくお待ちください」とは

「今しばらくお待ちください」とは、相手に待っていてくださいとお願いをすることを意味しています。

「今しばらくお待ちください」の漢字表記

「今しばらくお待ちください」を漢字にすると、「今暫くお待ちください」と表記することができますが、あまり一般的ではありません。余程の理由がない限り、ひらがなの「今しばらくお待ちください」を使うようにしましょう。

「今しばらくお待ちください」の使い方

「今しばらくお待ちください」を使った分かりやすい例としては、「商品の到着まで今しばらくお待ちください」「只今お部屋の鍵をご用意いたしますので今しばらくお待ちください」「大変混み合っておりますので今しばらくお待ちください」などがあります。

「今しばらくお待ちください」は丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて目上の人に対して使うことができますが、「ください」という命令形を使用しているのでやや敬意に欠けている部分もあります。

そのため、よりかしまった場面では、「今しばらくお待ちくださいませ」「今しばらくお待ちくださいますようお願い申し上げます」などのように、さらに敬語表現を付け加えた方がいいでしょう。

「今しばらくお待ちください」は相手を待たせる際に使う表現なので、お詫びの言葉や待ってほしい理由などとセットで使うことで、相手に対して良い印象を与えることが可能です。

「今しばらくお待ちください」の期間

「今しばらくお待ちください」はどれくらいの期間だろうと思う方もいると思いますが、明確な定義は決まっていません。例えば数十分の人もいれば、数日の人もいます。そのため、個人の裁量によるものと覚えておきましょう。

ただし、電話や会話などの対面においては10分程度、手紙やメールなどの文章においては数日から1週間程度とするのが一般的と言われています。

「今しばらくお待ちください」の類語

「今しばらくお待ちください」の類語・類義語としては、相手に待っていてくださいとお願いをすることを意味する「しばしお待ちください」、少し長めに待ってくださいとお願いすることを意味する「もうしばらくお待ちください」などがあります。

「しばらくお待ちください」の例文

1.担当者が席を外しておりますので、しばらくお待ちください。
2.作業完了次第ご連絡差し上げますので、しばらくお待ちください。
3.発送の方は完了いたしましたので、しばらくお待ちください。
4.結果が分かり次第すぐに連絡しますので、しばらくお待ちください。
5.開発は最終段階に入っておりますので、サービス開始されるまでしばらくお待ちください。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に待っていてくださいとお願いをすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「しばらくお待ちください」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「今しばらくお待ちください」の例文

1.緊急メンテナンスを行なっておりますので、今しばらくお待ちください。
2.内容確認後、担当者より折り返しご連絡をさせていただきますので、今しばらくお待ちください。
3.こちらのページは公開に向けて準備中ですので、今しばらくお待ちください。
4.この件について確認してまいりますので、今しばらくお待ちください。
5.今週中にはご連絡差し上げますので、大変申し訳ございませんが、今しばらくお待ちください。

この言葉がよく使われる場面としては、相手に待っていてくださいとお願いをすることを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「しばらくお待ちください」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「しばらくお待ちください」と「今しばらくお待ちください」はどちらも相手に待っていてくださいとお願いをすることを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「しばらくお待ちください」よりも「今しばらくお待ちください」のほうが丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター