今日の買取件数:20件/今月の買取件数:240件/累計買取件数:28,486件

【努める所存です】と【努めて参る所存です】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「努める所存です」(読み方:つとめるしょぞんです)と「努めて参る所存です」(読み方:つとめてまいるしょぞんです)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「努める所存です」と「努めて参る所存です」という言葉は、どちらも物事に一生懸命努力して取り組むことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「努める所存です」と「努めて参る所存です」の違い

「努める所存です」と「努めて参る所存です」の意味の違い

「努める所存です」と「努めて参る所存です」の違いを分かりやすく言うと、「努める所存です」よりも「努めて参る所存です」の方が丁寧な表現という違いです。

「努める所存です」と「努めて参る所存です」の使い方の違い

一つ目の「努める所存です」を使った分かりやすい例としては、「これからも更なる技術向上に努める所存です」「部長に頂いたチャンスを無駄にしないよう努める所存です」「達成できるよう誠心誠意努める所存です」などがあります。

二つ目の「努めて参る所存です」を使った分かりやすい例としては、「今後も品質管理に努めて参る所存です」「二度と同じミスが起こらないよう努めて参る所存です」「今後も御社の期待に応えられるよう努めて参る所存です」などがあります。

「努める所存です」と「努めて参る所存です」の使い分け方

「努める所存です」と「努めて参る所存です」はどちらも物事に一生懸命努力して取り組むことを意味しており、大きな違いはありません。あえて違いを挙げるならば、「努める所存です」よりも「努めて参る所存です」の方が丁寧な表現という点です。

ただし、どちらも正しい日本語に変わりないので、基本的に好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

「努める所存です」と「努めて参る所存です」の英語表記の違い

「努める所存です」も「努めて参る所存です」も直訳した英語表現はありませんが、近い表現として「make further efforts 」があります。

「努める所存です」の意味

「努める所存です」とは

「努める所存です」とは、物事に一生懸命努力して取り組むことを意味しています。

「努める所存です」の使い方

「努める所存です」を使った分かりやすい例としては、「これからは価格競争力の向上に努める所存です」「お客様により良いサービスを提供するために努める所存です」「ご期待に沿えるよう努める所存です」などがあります。

「努める所存です」は、努力して事を行うことを意味する「努める」に、心に思うところのことを意味する「所存」、丁寧語の「です」が合わさり、物事に一生懸命努力して取り組むことの意味で使われている言葉です。

「努める所存です」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して、使うことができると覚えておきましょう。

「努める所存です」の特徴

「努める所存です」はプラスとマイナスのイメージどちらでも使うことができます。例えば、「今後も引き続きサービス向上に努める所存です」とすると、よりよいサービスのために努力するという意味になるので、プラスのイメージになります。

一方、「二度と同じミスが起こらないよう、再発防止に向けて努める所存です」とすると、二度と重大はミスしないように努力するという意気込みになり、同じことを繰り返さないような注意喚起なので、マイナスのイメージで使うと覚えておきましょう。

「努める所存です」の注意点

「努める所存です」を使う上で注意しなければならないのは、自分の考えや思いを伝える場合に使う言葉なので、相手や第三者に対して使用することはできないという点です。

「努める所存です」の類語

「努める所存です」の類語・類義語としては、 実際に効力や効果などをためすために行うことを意味する「試みるつもりです」があります。

「努めて参る所存です」の意味

「努めて参る所存です」とは

「努めて参る所存です」とは、物事に一生懸命努力して取り組むことを意味しています。

「努めて参る所存です」の使い方

「努めて参る所存です」を使った分かりやすい例としては、「貴社の事業に貢献できるよう努めて参る所存です」「再発防止に向けて努めて参る所存です」「お客様の期待に応えられるよう努めて参る所存です」などがあります。

「努めて参る所存です」は、努力して事を行うことを意味する「努める」に、行うの謙譲語の「参る」、心に思うところのことを意味する「所存」、丁寧語の「です」が合わさり、物事に一生懸命努力して取り組むことの意味で使われている言葉です。

「努めて参る所存です」はとても丁寧な表現なので、ビジネスシーンにおいて上司や取引先などの目上の人に対して、使うことができると覚えておきましょう。

「努めて参る所存です」の特徴

「努めて参る所存です」はプラスのイメージとマイナスのイメージのどちらでも使えるというのが特徴です。

プラスのイメージで使う場合は、ただ単純にこれからに向けて努力するという場面で使います。

一方、マイナスのイメージで使う場合は、大きな失敗やミスをしてしまったけど、二度と起こらないように努力するという場面で使うと覚えておきましょう。そのため、マイナスな場面で使う言葉であるものの、前向きな発言でもあります。

「努めて参る所存です」の注意点

「努めて参る所存です」を使う上で注意しなければならないのは、自分の考えや思いを伝える場合に使う言葉なので、相手や第三者に対して使用することはできないという点です。

「努めて参る所存です」の類語

「努めて参る所存です」の類語・類義語としては、ある目的のために力を尽くして励むことを意味する「努力して参ります」があります。

「努める所存です」の例文

1.二度とこのような事態にならぬよう、体制強化に努める所存です。
2.お客様に分かりやすい情報を正確に伝えられるよう、努める所存です。
3.皆様のご期待には決して裏切らないよう、努める所存です。
4.二度とこのような事故が起こらないよう、再発防止に向けて努める所存です。
5.一日でも早く一人前になって職場の皆の役に立てるよう、努める所存です。

この言葉がよく使われる場面としては、物事に一生懸命努力して取り組むことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「努める所存です」はビジネスシーンにおいて使うことができる言葉です。

「努めて参る所存です」の例文

1.皆さんのご期待に応えられるよう、努めて参る所存です。
2.早く業務を覚えて一人前になれるよう、努めて参る所存です。
3.再発防止に向けて、従業員の教育を努めて参る所存です。
4.これからもサービス向上のため、お客様の声を聞くのに努めて参る所存です。
5.今後の新たな事業展開に向けて、しっかりとした市場調査を務めて参る所存です。

この言葉がよく使われる場面としては、物事に一生懸命努力して取り組むことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「努めて参る所存です」はビジネスシーンにおいて使うことができる言葉です。

「努める所存です」と「努めて参る所存です」はどちらも物事に一生懸命努力して取り組むことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、意味に大きな違いはないので、基本的に好きな方を使って問題ないと覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター