今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【既存顧客】と【新規顧客】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「既存顧客」(読み方:きぞんこきゃく)と「新規顧客」(読み方:しんきこきゃく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「既存顧客」と「新規顧客」という言葉は、どちらも「お客様や取引先」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




既存顧客と新規顧客の違い

既存顧客と新規顧客の意味の違い

既存顧客と新規顧客の違いを分かりやすく言うと、既存顧客とは自社とすでに取引がある顧客、新規顧客とは自社と新たに取引する顧客という違いです。

既存顧客と新規顧客の使い方の違い

一つ目の既存顧客を使った分かりやすい例としては、「既存顧客を維持することが大切です」「既存顧客の売り上げ拡大に力をそそぐ」「既存顧客への深耕営業は重要なテーマです」「新規開拓や既存顧客への定期訪問を行う」などがあります。

二つ目の新規顧客を使った分かりやすい例としては、「新規顧客の獲得に力を入れる」「SNSで新規顧客にアプローチする」「新規顧客の獲得には大きなコストがかかります」「新規顧客を増やすにはどうしたらいいですか」などがあります。

既存顧客と新規顧客の使い分け方

既存顧客と新規顧客という言葉は、どちらもビジネスシーンで用いられ、商品やサービスを購入したり利用したりする人々を指しますが、意味や使い方には違いがあります。

既存顧客とは、すでに取引をしている顧客のことであり、自社製品やサービスをこれまでに購入したことがある客を意味します。既存顧客をターゲットとして、顧客のニーズや課題を深く理解し、それに基づいて提案をしていく営業スタイルを「深耕営業」と言います。

新規顧客とは、新たに取引を始める顧客のことであり、これまで自社製品やサービスの購入経験がなく初めて利用する人を意味します。新規顧客の開拓は継続的な企業成長に必要なことですが、新規顧客に販売するコストは既存顧客に販売するコストの5倍かかると言われています。

つまり、既存顧客とは商品を購入したことがある客であり、新規顧客とは商品を初めて購入する客を意味します。二つの言葉は、自社との取引経験があるかないかの点において、相反する意味を持つ言葉だと言えるでしょう。

既存顧客と新規顧客の英語表記の違い

既存顧客を英語にすると「existing customer」「current client」となり、例えば上記の「既存顧客を維持する」を英語にすると「keep existing customers」となります。

一方、新規顧客を英語にすると「new customers」「new clients」となり、例えば上記の「新規顧客の獲得」を英語にすると「acquisition of new clients」となります。

既存顧客の意味

既存顧客とは

既存顧客とは、自社の商品やサービスを購入したことがある顧客を意味しています。

既存顧客の読み方

既存顧客の読み方は「きぞんこきゃく」です。「既存」の本来の読み方は「きそん」ですが、「きぞん」と読まれることが一般的になっています。

既存顧客の使い方

既存顧客を使った分かりやすい例としては、「売上を増やすために既存顧客の深耕を図る」「既存顧客の維持は損失を減らすことになります」「既存顧客リテンション営業のコツを教えましょう」などがあります。

その他にも、「既存顧客へのアプローチを怠ってはいけません」「既存顧客に対するマーケティング施策を検討中です」「理想的な新規顧客と既存顧客の割合をご存知でしょうか」「コスト面から新規顧客獲得よりも既存顧客維持を重視しています」などがあります。

既存顧客は「既存」と「顧客」の二つの熟語から成り立つ言葉です。「既存」は以前から存在すること、「顧客」はひいきにしてくれる客を表します。既存顧客とは、自社製品あるいはサービスをこれまでに購入したことがある顧客を意味します。

「リテンションマーケティング」の意味

既存顧客に着目したマーケティングの手法には、「リテンションマーケティング」があります。リテンションマーケティングとは、既存顧客のリピートや長期契約など、顧客と継続的な関係を築くことを目的としたマーケティング施策を意味します。

既存顧客の対義語

既存顧客の対義語・反対語としては、自社製品やサービスに対する新しい顧客を意味する「新規顧客」などがあります。

既存顧客の類語

既存顧客の類語・類義語としては、その店の常連の客を意味する「お得意様」、飲食店などにいつも来る常客を意味する「常連」、得意先や顧客を意味する「クライアント」、同じ商品を気に入って再度購入する人を意味する「リピーター」、得意先や取引先を意味する「カスタマー」などがあります。

新規顧客の意味

新規顧客とは

新規顧客とは、自社の商品やサービスを初めて購入する顧客を意味しています。

新規顧客の使い方

新規顧客を使った分かりやすい例としては、「新規顧客の開拓は企業の成長に不可欠です」「英語圏での新規顧客開拓に苦戦しています」「新規顧客の獲得と既存顧客の維持はどちらも大切です」などがあります。

その他にも、「新規顧客獲得の成功事例とプロセスを紹介します」「戦略的な新規顧客開拓の手法を考えましょう」「アパレル業界での新規顧客獲得方法を教えましょう」「新規顧客開拓の手法の一つに営業メールがあります」などがあります。

新規顧客は「新規」と「顧客」の二つの熟語から成り立っています。「新規」は新しいことを表し、新しい客を指す言葉です。よく利用してくれる客を表す「顧客」と結び付き、新規顧客とは、自社のサービスや商品の購入経験がなく、初めて利用する人のことを意味します。

「新規顧客開拓」の意味

上記の例文にある「新規顧客開拓」とは、これまで取引等で関わったことのない顧客に向けて、自社を新たに利用してもらうために行う営業活動を意味します。信頼関係を一から構築することになるため、営業の難易度は高くなります。

新規顧客の対義語

新規顧客の対義語・反対語としては、自社製品やサービスを購入したことがある顧客を意味する「既存顧客」などがあります。

新規顧客の類語

新規顧客の類語・類義語としては、自社の商品やサービスの顧客となる見込みのある人々を意味する「見込み客」、旅館や料理屋などの客がなじみでなく初めてであることを意味する「一見さん」、その日かぎりの客やふりの客を意味する「当座入り」などがあります。

既存顧客の例文

1.ルート営業において大切なことは、既存顧客の要望を踏まえたうえで最適な提案をすることです。
2.ビジネスを安定させるには、新規顧客獲得よりも既存顧客維持に注力すべきです。
3.リピート率を上げるためには、既存顧客への効果的なアプローチとフォローに注力してください。
4.私の仕事は既存顧客のフォローが中心ですが、お客様と英語でコミュニケーションをとることもあります。
5.リテンションマーケティングは、既存顧客との絆を大事にした施策です。

この言葉がよく使われる場面としては、自社とすでに取引をおこなっている顧客を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、既存顧客という言葉は、おもにビジネスシーンで使用されています。

新規顧客の例文

1.新規顧客を獲得するには、製品やサービスの認知度を高める必要があるだろう。
2.アプローチを変えてみたところ、新規顧客開拓がうまくいきました。
3.飲食店の新規顧客を増やすには、SNSを活用したマーケティングが効果的です。
4.アパレル業界における新規顧客開拓の方法を、成功事例を挙げながらご紹介いたします。
5.海外で新規顧客を獲得するには、英語力だけでなく交渉スキルが重要になります。

この言葉がよく使われる場面としては、自社と初めて取引をおこなう顧客を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、新規顧客という言葉は、ビジネスシーンで使用されることが多くあります。

既存顧客と新規顧客という言葉は、どちらも「お客様や取引する相手」を表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、自社とすでに取引がある顧客を表現したい時は「既存顧客」を、自社と新たに取引する顧客を表現したい時は「新規顧客」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター