今日の買取件数:20件/今月の買取件数:320件/累計買取件数:28,566件

【不慣れ】と【未熟】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「不慣れ」(読み方:ふなれ)と「未熟」(読み方:みじゅく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「不慣れ」と「未熟」という言葉は、どちらも経験が十分でないことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「不慣れ」と「未熟」の違い

「不慣れ」と「未熟」の意味の違い

「不慣れ」と「未熟」の違いを分かりやすく言うと、「不慣れ」は人に対してのみ使う、「未熟」は人だけではなく果物や作物にも使えるという違いです。

「不慣れ」と「未熟」の使い方の違い

一つ目の「不慣れ」を使った分かりやすい例としては、「彼は不慣れな手つきでパソコンを操作する」「引っ越してきたばかりなのでこの土地には不慣れです」「この仕事は不慣れですみません」「彼女の失敗は不慣れのためでした」などがあります。

二つ目の「未熟」を使った分かりやすい例としては、「彼はプロとしてはまだまだ未熟です」「未熟なりんごは美味しくないと思っています」「彼女は新人なので歌い方はまだまだ未熟です」「自分の未熟な行いを深く反省しています」などがあります。

「不慣れ」と「未熟」の使い分け方

「不慣れ」と「未熟」はどちらも経験が十分でないことを意味している言葉ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「不慣れ」は慣れていないことを意味する言葉で、人に対してのみ使う言葉になります。

一方、「未熟」は学問や技術などの経験や修練がまだ十分でないことの他に、果実や作物などがまだ十分に熟していないことの意味を持っており、人やだけではなく果物や作物にも使えるというのが違いです。

つまり、経験が十分でないことの意味は「不慣れ」と「未熟」を置き換えることができますが、果実や作物などがまだ十分に熟していないことの意味の場合は「未熟」でしか使えないと覚えておきましょう。

「不慣れ」と「未熟」の英語表記の違い

「不慣れ」も「未熟」も英語にすると「be inexperienced」「be unaccustomed」「be new」となり、例えば上記の「彼女の失敗は不慣れのためでした」を英語にすると「Her failure was due to her inexperience」となります。

「不慣れ」の意味

「不慣れ」とは

「不慣れ」とは、慣れていないことを意味しています。

表現方法は「不慣れですが」「不慣れ点が多くご迷惑を」「不慣れなもので」

「不慣れですが」「不慣れ点が多くご迷惑を」「不慣れなもので」などが、「不慣れ」を使った一般的な言い回しになります。

「不慣れ」の使い方

「不慣れ」を使った分かりやすい例としては、「不慣れな土地での生活は不安でいっぱいです」「私は英語で会話することに不慣れです」「私は他人とコミュニケーションを取るのが不慣れだ」「不慣れなこともあり少々手間取っています」「彼女は自分の失敗を不慣れのせいにしました」などがあります。

「不慣れ」は慣れていないことを意味する名詞です。名詞とは自立語で活用がなく文の主語となることができるもののことを意味しています。

「不慣れ」の特徴

「不慣れ」は日常生活とビジネスシーンにおいてどちらでも使うことができるというのが特徴です。

特に、ビジネスシーンにおいて使用する場合は「不慣れな点が多くご迷惑をおかけして申し訳ございません」のように、相手への理解や配慮を求める謙遜の表現として使うと覚えておきましょう。

「不慣れ」の対義語

「不慣れ」の対義語・反対語としては、そのことに十分に慣れ上手になることを意味する「習熟」、 経験を重ねてそのことが上手くできるようになることを意味する「慣れる」などがあります。

「不慣れ」の類語

「不慣れ」の類語・類義語としては、物事に慣れていないことを意味する「初心」、経験の浅い年若い男のことを意味する「青二才」、仕事や芸事などを始めてからまだ日数が少なくそれに慣れていないことを意味する「新米」などがあります。

「未熟」の意味

「未熟」とは

「未熟」とは、学問や技術などの経験や修練がまだ十分でないことを意味しています。その他にも、果実や作物などがまだ十分に熟していないことの意味も持っています。

表現方法は「まだまだ未熟」「未熟さ」「人として未熟」

「まだまだ未熟」「未熟さ」「人として未熟」などが、「未熟」を使った一般的な言い回しになります。

「未熟」の使い方

「処理の仕方が未熟なので一人前には程遠いです」「未熟な技では私を倒すことはできないだろう」などの文中で使われている「未熟」は、「学問や技術などの経験や修練がまだ十分でないこと」の意味で使われています。

一方、「実はまだ小さくて未熟なので収穫はもう少し待った方がいいだろう」「未熟な梅の実は梅酒作りに適していない」などの文中で使われている「未熟」は、「果実や作物などがまだ十分に熟していないこと」の意味で使われています。

「未熟」は学問や技術などの経験や修練がまだ十分でないことと、果実や作物などがまだ十分に熟していないことの二つの意味を持つ名詞です。

学問や技術などの経験や修練がまだ十分でないことの意味の場合は主に人に対して使い、果実や作物などがまだ十分に熟していないことの意味の場合は果物や作物に使うと覚えておきましょう。

「未熟」の特徴

「未熟」はビジネスシーンと日常生活のどちらでも使うことができるのが特徴です。特にビジネスシーンにおいては、自分の技能や経験がまだ充分でないことを認める謙虚な表現になっています。

「未熟」の対義語

「未熟」の対義語・反対語としては、熟練して上達することを意味する「熟達」、物事に慣れていて手際よく上手にできることを意味する「熟練」、果物や穀物が十分に熟することを意味する「成熟」などがあります。

「未熟」の類語

「未熟」の類語・類義語としては、中途半端なことを意味する「半可」、やり方や考え方などが未発達なことを意味する「幼稚」、十分に熟達していないことを意味する「生熟れ」、人格や技能や振る舞いなどが未熟であることを意味する「青い」などがあります。

「不慣れ」の例文

1.渡米したばかりで英語は不慣れなので、常に通訳の方と一緒に行動をしています。
2.不慣れな点が多くご迷惑をおかけすると思いますが、ご指導のほどよろしくお願いいたします。
3.パソコンの操作が不慣れな方も、簡単に操作できるよう工夫をしております。
4.来年から不慣れな土地で一人暮らしをするので、不安でいっぱいです。
5.まだまだ不慣れな点が多く、皆様にご迷惑をおかけすることもあるかと思いますが、温かく見守ってくださると幸いです。

この言葉がよく使われる場面としては、慣れていないことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「不慣れ」はビジネスシーンにおいても使うことができる言葉です。

「未熟」の例文

1.彼はプロ野球選手としてはまだまだ未熟なので、しばらくは2軍で鍛えた方がいいだろう。
2.私の英語は未熟だったので、彼女がいなければ米国での生活は成立しませんでした。
3.彼の腕前はまだまだ未熟なので、一人前になるには時間がかかるだろう。
4.今年は夏の日照不足や秋の長雨の影響で倒伏してしまったので、未熟な米を収穫せざるを得ないです。
5.完熟で収穫された果物は、未熟の収穫と比較すると美味しいと思います。

この言葉がよく使われる場面としては、学問や技術などの経験や修練がまだ十分でないことを表現したい時などが挙げられます。その他にも、果実や作物などがまだ十分に熟していないことを表現したい時にも使います。

例文1から例文3の「未熟」は学問や技術などの経験や修練がまだ十分でないこと、例文4と例文5の「未熟」は果実や作物などがまだ十分に熟していないことの意味で使っています。

「不慣れ」と「未熟」はどちらも経験が十分でないことを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、人に対してのみ使うのが「不慣れ」、人だけではなく果物や作物にも使えるのが「未熟」と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター