今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【ご返信ありがとうございます】と【ご返信いただきありがとうございます】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ご返信ありがとうございます」(読み方:ごへんしんありがとうございます)と「ご返信いただきありがとうございます」(読み方:ごへんしんいただきありがとうございます)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ご返信ありがとうございます」と「ご返信いただきありがとうございます」という言葉は、どちらも返信してくれたことに感謝することを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




「ご返信ありがとうございます」と「ご返信いただきありがとうございます」の違い

「ご返信ありがとうございます」と「ご返信いただきありがとうございます」の意味の違い

「ご返信ありがとうございます」と「ご返信いただきありがとうございます」の違いを分かりやすく言うと、「ご返信ありがとうございます」よりも「ご返信いただきありがとうございます」の方が丁寧な表現という違いです。

「ご返信ありがとうございます」と「ご返信いただきありがとうございます」の使い方の違い

一つ目の「ご返信ありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「早速のご返信ありがとうございます」「大変お忙しい中ご返信ありがとうございます」「この度は詳細なご返信ありがとうございます」などがあります。

二つ目の「ご返信いただきありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「お忙しい中ご返信いただきありがとうございます」「服装に関する質問にご返信いただきありがとうございます」「早急にご返信いただきありがとうざいます」などがあります。

「ご返信ありがとうございます」と「ご返信いただきありがとうございます」の使い分け方

「ご返信ありがとうございます」と「ご返信いただきありがとうございます」はどちらも返信してくれたことに感謝することを意味しており、大きな違いはありません。

あえて違いを挙げるならば、「ご返信ありがとうございます」よりも「ご返信いただきありがとうございます」の方が丁寧な表現という点です。

ではなぜ「ご返信いただきありがとうございます」の方が丁寧な表現かというと、「もらう」の謙譲語である「いただき」を使用しているからと覚えておきましょう。

「ご返信ありがとうございます」と「ご返信いただきありがとうございます」の英語表記の違い

「ご返信ありがとうございます」も「ご返信いただきありがとうございます」も英語にすると「Thank you for your reply」「Thank you for your response」「Thank you very much for your quick reply」などとなります

「ご返信ありがとうございます」の意味

「ご返信ありがとうございます」とは

「ご返信ありがとうございます」とは、返信してくれたことに感謝することを意味しています。

「ご返信ありがとうございます」の使い方

「ご返信ありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「お忙しい中ご返信ありがとうございます」「持ち物に関する質問にご返信ありがとうございます」「迅速なご返信ありがとうございます」などがあります。

「ご返信ありがとうございます」は返事の手紙や電子メールを送ることを意味する「返信」に、接頭語の「ご」、感謝したり礼を言ったりするときに用いる言葉のことを意味する「ありがとうございます」が合わさり、返信してくれたことに感謝することの意味で使われている言葉です。

「ご返信ありがとうございます」は様々な場面で使える

「ご返信ありがとうございます」はビジネスメールだけではなく、就活やプライベートなど、様々な場面で使うことができます。また、とても丁寧な表現なので、上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。

「ご返信ありがとうございます」は「早速」「早急に」「迅速に」などの言葉と一緒に使うことによって、相手により良い印象を与えることが可能です。

「ご返信ありがとうございます」の類語

「ご返信ありがとうございます」の類語・類義語としては、返答してくれたことに感謝することを意味する「お返事ありがとうございます」、回答してくれたことに感謝することを意味する「ご回答ありがとうございます」などがあります。

「ご返信いただきありがとうございます」の意味

「ご返信いただきありがとうございます」とは

「ご返信いただきありがとうございます」とは、返信してくれたことに感謝することを意味しています。

「ご返信頂きありがとうございます」は誤用

「ご返信いただきありがとうございます」を「ご返信頂きありがとうございます」とするのは誤用です。

ではなぜ誤用かと言うと、「ご返信いただきありがとうございます」の「いただき」は補助動詞であり、日本語には動詞は漢字表記し、補助動詞はひらがなで表記するという決まりがあるのが理由になります。

「ご返信いただきありがとうございます」の使い方

「ご返信いただきありがとうございます」を使った分かりやすい例としては、「この間の件について早速ご返信いただきありがとうございます」「ご多忙のところご返信いただきありがとうございます」「すぐにご返信いただきありがとうございます」などがあります。

「ご返信いただきありがとうございます」は返事の手紙や電子メールを送ることを意味する「返信」に、接頭語の「ご」、もらうの謙譲語の「いただく」、感謝したり礼を言ったりするときに用いる言葉のことを意味する「ありがとうございます」が合わさった言葉です。

「ご返信いただきありがとうございます」は様々な場面で使える

「ご返信いただきありがとうございます」はビジネスメールだけではなく、就活やプライベートなど、様々な場面で使うことができます。また、とても丁寧な表現なので、上司や取引先などの目上の人に対しても使うことができます。

「ご返信いただきありがとうございます」は「早速」「早急に」「迅速に」などの言葉と一緒に使うことによって、相手により良い印象を与えることが可能です。

「ご返信いただきありがとうございます」の類語

「ご返信いただきありがとうございます」の類語・類義語としては、返答してくれたことに感謝することを意味する「ご返答いただきありがとうございます」、返事をくれたことに感謝することを意味する「ご返事いただきありがとうございます」などがあります。

「ご返信ありがとうございます」の例文

1.お忙しい中ご返信ありがとうございます。とても助かりました。
2.オープンキャンパスの服装に関する質問に対して、ご返信ありがとうございます。
3.この度は急な問い合わせにも関わらず、ご返信ありがとうございます。
4.以前お話しした共同出資の件について、早急なご返信ありがとうございます。
5.ご無理を申し上げたのにも関わらず、早々にご返信ありがとうございます。

この言葉がよく使われる場面としては、返信してくれたことに感謝することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご返信ありがとうございます」はビジネスシーンにおいて使われている言葉です。

「ご返信いただきありがとうございます」の例文

1.急な問い合わせにも関わらず、早急にご返信いただきありがとうございます。
2.大変お忙しいところ、早速ご返信いただきありがとうございます。
3.結婚式でのマナーに関する質問に対して、ご返信いただきありがとうございます。
4.お忙しい中早急なご返信いただきありがとうございます。大変助かりました。
5.勝手を申し上げたのにも関わらず、ご返信いただきありがとうございます。

この言葉がよく使われる場面としては、返信してくれたことに感謝することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文にあるように、「ご返信いただきありがとうございます」はビジネスシーンにおいて使われている言葉えす。

「ご返信ありがとうございます」と「ご返信いただきありがとうございます」はどちらも返信してくれたことに感謝することを表します。どちらの言葉を使うか迷った場合、「ご返信ありがとうございます」よりも「ご返信いただきありがとうございます」の方が丁寧な表現と覚えておきましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター