今日の買取件数:20件/今月の買取件数:320件/累計買取件数:29,166件

【成果を上げる】と【成果を挙げる】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「せいかをあげる」という読み方の「成果を上げる」と「成果を挙げる」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「成果を上げる」と「成果を挙げる」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。




「成果を上げる」と「成果を挙げる」の違い

「成果を上げる」と「成果を挙げる」の意味の違い

「成果を上げる」と「成果を挙げる」の違いを分かりやすく言うと、「成果を上げる」は以前より能力が上がったので良い結果を出せたこと、「成果を挙げる」は目に見える形で良い結果を出せたことという違いです。

「成果を上げる」と「成果を挙げる」の使い方の違い

一つ目の「成果を上げる」を使った分かりやすい例としては、「彼女はプロジェクトリーダーとして成果を上げる」「短時間で成果を上げる人は何か特別なことをやっているのだろうか」「前内閣総理大臣は任期中成果を上げることはありませんでした」などがあります。

二つ目の「成果を挙げる」を使った分かりやすい例としては、「研究成果を挙げることはとても難しいです」「彼女はノーベル賞受賞という成果を挙げる」「納得できる成果を挙げることでみんな認めてくれました」などがあります。

「成果を上げる」と「成果を挙げる」の使い分け方

「成果を上げる」と「成果を挙げる」はどちらも良い結果を出せたことを意味しており、正しい日本語ですが、使い方に少し違いがあるので注意が必要です。

「成果を上げる」の「上げる」は順序、位置、値段、地位などを高くすることを表現したい場合に使います。したがって、「成果を上げる」は以前より能力が上がったので良い結果を出せたことというニュアンスで使うのが一般的です。

一方、「成果を挙げる」の「挙げる」は、はっきりと目立つ形で示すことを意味しているので、目に見える形で良い結果を出せたことのニュアンスで使うというのが違いになります。

「成果を上げる」と「成果を挙げる」の英語表記の違い

「成果を上げる」も「成果を挙げる」も英語にすると「produce results」となります。

「成果を上げる」の意味

「成果を上げる」とは

「成果を上げる」とは、以前より能力が上がったので良い結果を出せたことを意味しています。

「成果を上げる」の使い方

「成果を上げる」を使った分かりやすい例としては、「今月の売り上げ目標を達成するには今まで以上に成果を上げる必要があります」「彼が成果を上げるとは誰も予想していなかった」「成果を上げると周りから賞賛される」などがあります。

「成果を上げる」はあることをして得られた良い結果のことを意味する「成果」に、順序、位置、値段、地位などを高くすることを意味する「上げる」が合わさり、以前より能力が上がったので良い結果を出せたことの意味で使われている言葉です。

「成果を上げる」は以前よりも優れた状態であることというニュアンスで使うので、成績や業績などがさらに良い状態になった場合に使うと覚えておきましょう。

「成果を上げる」の特徴

「成果を上げる」は良い結果を出した場合に使う言葉なので、基本的にプラスのイメージを伴っています。また、ビジネスシーンだけではなく、様々な場面で使えるというのが特徴です。

「成果を上げる」の類語

「成果を上げる」の類語・類義語としては、事業や学術研究の上で獲得した成果が良い方向へ行くことを意味する「業績を上げる」、ある物事や社会のために役立つように尽力することを意味する「貢献する」などがあります。

「成果を挙げる」の意味

「成果を挙げる」とは

「成果を挙げる」とは、目に見える形で良い結果を出せたことを意味しています。

「成果を挙げる」の使い方

「成果を挙げる」を使った分かりやすい例としては、「彼は画期的な発明を作ったことで成果を挙げる」「彼女は誰もが認める成果を挙げたので高い評価を得ました」「とあるイベントで成果を挙げる作品を作ることができました」などがあります。

「成果を挙げる」はあることをして得られた良い結果のことを意味する「成果」に、はっきりと目立つ形で示すことを意味する「挙げる」が合わさり、目に見える形で良い結果を出せたことの意味で使われている言葉です。

「成果を挙げる」は目に見える形で良い結果を出せたというニュアンスで使うので、成績や業績などを示した場合に使うと覚えておきましょう。

「成果を挙げる」の特徴

「成果を挙げる」は良い結果を出した場合に使う言葉なので、基本的にプラスのイメージを伴っています。また、ビジネスシーンだけではなく、様々な場面で使えるというのが特徴です。

「成果を挙げる」の類語

「成果を挙げる」の類語・類義語としては、良い結果を手に入れることを意味する「成果を収める」、功績をあげることを意味する「手柄を立てる」、すぐれた働きや成果を残すことを意味する「功績を残す」などがあります。

「成果を上げる」の例文

1.適切なトレーニングを行なえば、短時間で大きな成果を上げることができます。
2.チームで成果を上げるには、チームメンバーが共通の意識を持つことが大切だろう。
3.部長から成果を上げることを期待していると言われたので、この仕事を頑張ろうと思います。
4.成果を上げるには時間がかかるので、焦らず取り組んでいけばいいと思います。
5.彼は毎試合成果を上げているので、新人ながらレギュラーメンバーに定着しました。
6.入社して半年が経ちますが、先輩社員の指導のおかげで目標としていた成果を上げることができました。
7.徹底的な市場調査と綿密なマーケティング戦略に基づいて開発を進めた結果、発売後すぐにヒット商品となり、大きな成果を上げることができました。
8.この日に始めたことはやがて大きな成果を上げると考えられることから、元旦は何かを始めるのに最適な日と言われている。
9.ブログで成果を上げるには、近道はない。あくまでSEO対策と質の高いライティングを地道にやっていくことだ。
10.少しでも成果を上げると周りから賞賛されるので、また頑張ろうと思えるようになり、どんどん成長していきました。

この言葉がよく使われる場面としては、以前より能力が上がったので良い結果を出せたことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「成果を上げる」は様々な場面で使うことができる言葉です。

「成果を挙げる」の例文

1.ハットトリックという成果を挙げることができて嬉しいですと、彼はインタビューで答えました。
2.入賞という大きな成果を挙げることができたのは、師匠のご指導のおかげです。
3.彼は誰もが認める成果を挙げたので、本社へ栄転になりました。
4.生涯最後の研究で成果を挙げることができたので、心置きなく引退することができます。
5.ノーヒットノーランという成果を挙げることができたので、ヒーローインタビューに呼ばれました。
6.新しいマーケティング手法を採用した結果、顧客満足度の向上し、高評価を得る良い成果を挙げました。
7.顧客ロイヤルティを高めるための取り組みが実を結び、リピート購買率が向上する成果を挙げました。
8.弊社の研究所では研究開発チームが革新的な技術を開発し、特許出願数が急増する成果を挙げました。
9.彼女は誰もが認める成果を挙げたのに、あまり評価されていないので、転職を考えていました。
10.あの時は、納得できる成果を挙げることでみんなが認めてくれると思っていたので、非常に悔しい思いをしました。

この言葉がよく使われる場面としては、目に見える形で良い結果を出せたことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、「成果を挙げる」は様々な場面で使うことができる言葉です。

「成果を上げる」と「成果を挙げる」はどちらも良い結果を出せたことを表します。

どちらの言葉を使うか迷った場合、以前より能力が上がったので良い結果を出せたことを表現したい時は「成果を上げる」を、目に見える形で良い結果を出せたことを表現したい時は「成果を挙げる」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター