今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【マニュフェスト】と【マニフェスト】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た日本語の「マニュフェスト」(読み方:まにゅふぇすと)と「マニフェスト」(読み方:まにふぇすと)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「マニュフェスト」と「マニフェスト」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。




「マニュフェスト」と「マニフェスト」の違い

「マニュフェスト」は「マニフェスト」の間違い

「マニュフェスト」と「マニフェスト」の違いを分かりやすく言うと、「マニュフェスト」とは「マニフェスト」の間違った使い方、「マニフェスト」とは政党の選挙公約のことです。

「マニュフェスト」は誤字

一般的には「マニュフェスト」という言葉は存在しません。読み方が似ていることから、「マニフェスト」のことを間違えて「マニュフェスト」を使っている人がほとんどです。

「マニフェスト」は正しい日本語

正しい言葉である「マニフェスト」を使った分かりやすい例としては、「政治家の行いをみているとマニフェストを信じることはできません」「マニフェストがしっかりしている政党に投票しようと思います」「マニフェストはシンプルな方が表を集めやすいと思っている」などがあります。

「マニフェスト」という言葉はあっても、「マニュフェスト」という言葉は存在しません。同時に「マニフェスト」という単語の意味について「政党の選挙公約のこと」と覚えておきましょう。

「マニフェスト」の英語表記

「マニフェスト」を英語にすると「manifesto」となります。

「マニュフェスト」の意味

「マニュフェスト」とは

「マニュフェスト」とは、「マニフェスト」の間違った使われ方です。

「マニュフェスト」が間違っている理由

「マニュフェスト」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が似ているため、「マニフェスト」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「マニュフェスト」と「マニフェスト」を間違ってしまう理由としては、「マニュフェスト」と「マニフェスト」の発音が似ているのが原因です。正しい日本語は「マニフェスト」なので、間違えないように注意しましょう。

ではなぜ「マニュフェスト」が間違った言葉かというと、「マニフェスト」の由来が理由になります。「マニフェスト」はイタリア語で「manifesto」となっており、カタカナで読むと「マニフェスト」となります。

したがって、「ュ」と発音が入る余地がないのです。ではなぜ、誤用する人が多いのかというと、「マニフェスト」よりも「マニュフェスト」の方が発音しやすいというのが考えられます。

ただし、「マニュフェスト」は間違った存在しない日本語なので、決して使わないように注意しましょう。

「マニフェスト」の意味

「マニフェスト」とは

「マニフェスト」とは、政党の選挙公約のことを意味しています。その他にも、船舶やトラックの積荷目録や産業廃棄物管理表のことの意味も持っています。

「マニフェスト」の使い方

「マニフェスト」を使った分かりやすい例としては、「分かりやすいマニフェストの方が国民からの指示を得られやすいと思います」「マニフェストを守らないなんて酷い政党だと思います」「マニフェストは海外から輸入されてきた言葉らしいです」などがあります。

「マニフェスト」は宣言や声明という意味で使われていた言葉ですが、日本においては基本的に政党の選挙公約のことの意味で使うのが一般的です。

また、船舶やトラックの積荷目録や産業廃棄物管理表のこと意味も持っていますが、とても限定的な場面で使う言葉になります。

「マニフェスト」の特徴

「マニフェスト」は主に政治シーンにおいて使う言葉ですが、メリットとデメリットどちらもある言葉です。

メリットは、有権者が政策を判断できる、「マニフェスト」の事後検証が可能で政治方針がブレにくいなどが挙げられます。

一方、デメリットは実際に達成されないことが多いという点です。そのため、マニフェストは意味がないと主張する人々もいます。

「マニフェスト」の由来

「マニフェスト」の由来はラテン語です。手を意味する「manus」と打つを意味する「fendere」が合わさった説が有力と言われています。この「手で打つ」が「手で感じられるほど明らかな」→「はっきり示す」という意味に派生したと言われています。

このはっきり示すという派生したニュアンスがイタリア語で「Manifesto」となり、声明や宣言という意味で使われるようになりました。その後イギリスで選挙公約として使用され、一般的な表現になったと言われています。

日本における「マニフェスト」は2003年に民主党時代の菅直人氏が使用したのが始まりとされています。

「マニフェスト」の類語

「マニフェスト」の類語・類義語としては、選挙のときに政党や立候補者などが公衆に対して政策などの実行を約束することを意味する「公約」、 政党や労働組合などの団体の政策や方針などの基本を示したもののことを意味する「綱領」などがあります。

「マニュフェスト」の例文

1.「マニュフェスト」という言葉は存在しないので、おそらく「マニフェスト」の言い間違いだろう。
2.「マニフェスト」という言葉は政党の選挙公約のことで、「マニュフェスト」という言葉はない。
3.「マニュフェスト」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.マニュフェストを達成しない政府に、国民は皆怒っていますという言葉を使う人はいるが、正しくはマニフェストを達成しない政府に、国民は皆怒っています。です。
5.マニフェストがあることでその政党の実績を事後検証することができるという言葉はあるが、マニュフェストがあることでその政党の実績を事後検証することができるという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「マニフェスト」という言葉を間違えて「マニュフェスト」と表現している時などが挙げられます。

「マニュフェスト」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「マニフェスト」を間違えて使っている可能性が高いです。

「マニュフェスト」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「マニュフェスト」ではなく、「マニフェスト」と表現するのが正しい使い方になります。

「マニフェスト」の例文

1.今の与党は理想ばかり掲げており、何一つマニフェストを達成することができていません。
2.とても分かりやすいマニフェストを掲げている政党なので、これから応援することにしました。
3.マニフェストにはメリットとデメリットどちらもあるので、きちんと理解した方がいいだろう。
4.マニフェストのうち達成したのは約2割だったので、国民から非難を受けました。
5.子育て支援や経済対策はマニフェストの対象になりやすいと思っています。

この言葉がよく使われる場面としては、政党の選挙公約のことを表現したい時などが挙げられます。その他にも、船舶やトラックの積荷目録や産業廃棄物管理表のことを表現したい時にも使われています。

上記の例文にあるように、「マニフェスト」は政治シーンにおいてよく使われている言葉です。

「マニュフェスト」と「マニフェスト」どちらを使うか迷った場合は、「マニュフェスト」は辞書にない言葉なので、辞書に載っている言葉の「マニフェスト」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター