今日の買取件数:20件/今月の買取件数:440件/累計買取件数:27,486件

【スクープ】と【スキャンダル】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「スクープ」と「スキャンダル」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「スクープ」と「スキャンダル」という言葉は、「報道やニュース」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




スクープとスキャンダルの違い

スクープとスキャンダルの意味の違い

スクープとスキャンダルの違いを分かりやすく言うと、スクープはいち早いニュースを表現する時に使い、スキャンダルはネガティブなニュースである時に使うという違いです。

スクープとスキャンダルの使い方の違い

一つ目のスクープを使った分かりやすい例としては、「スクープ写真と共に芸能人の熱愛報道が世に出された」「スクープされたことが一度もない芸能人たちがSNSで結婚を発表した」「3スクープかさなったアイスを食べるのに慣れていない」などがあります。

二つ目のスキャンダルを使った分かりやすい例としては、「スキャンダルをもみ消すなんて物語の中でしか聞いたことがない」「スキャンダルに詳しくはなりたくない」「連日スキャンダルばかりがニュースで報じられている」などがあります。

スクープとスキャンダルの使い分け方

スクープとスキャンダルはどちらも、報道やニュースを表す言葉ですが、指し示すものが若干異なります。

スクープは、いち早く重要なニュースを掴んで報道することや、その報道を表す言葉です。その他にも、シャベルやスコップなどの何かをすくうものや、すくわれたものを表す言葉としても使われています。

一方のスキャンダルは、名声を汚すような不祥事や不正行為を表す言葉です。善い行いやめでたいニュースに対してこの言葉が用いられることはなく、見聞きした人にネガティブなイメージを与えます。

つまり、スクープはポジティブな話題でもネガティブな話題でもいち早く伝えられるニュースを指し、スキャンダルはネガティブな話題のみを指すという違いがあります。

スクープとスキャンダルの英語表記の違い

スクープを英語にすると「scoop」となり、例えば上記の「スクープ写真」を英語にすると「a scoop photograph」となります。

一方、スキャンダルを英語にすると「scandal」となり、例えば上記の「スキャンダルをもみ消す」を英語にすると「hush up a scandal」となります。

スクープの意味

スクープとは

スクープとは、いち早く重要なニュースを掴んで報道することを意味しています。

その他にも、物をすくうための先端が平らなシャベルやスコップ、すくわれたものを表す言葉として使われています。

スクープの使い方

「スクープされた芸能人らは改めて記者会見を開くことになった」「スクープを報じることに命を掛けるのが記者なのだろうか」「どこからそんなスクープを拾ってくるのか不思議だ」などの文中で使われているスクープは、「いち早い報道」の意味で使われています。

一方、「トレーニング前には付属のスプーンで1スクープ摂取する」「今なら1スクープサービス中という売り文句に誘われてアイスを買ってしまった」などの文中で使われているスクープは、「ひとすくいされたもの」の意味で使われています。

スクープは英語で「scoop」と表記され、「特ダネ」「ひとすくい」「大さじ」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われることがありますが、特に、新聞や雑誌の記事の中でも他社を出し抜くような重大な事実を指すことがほとんどです。

本来は「スコップ」「シャベル」を意味することから、ひとすくいした量を表す単位としても使われています。アイスクリームやプロテインなどに用いられ、「1スクープ」のように用いられますが、明確なグラム数などは定められていません。

スクープの対義語

スクープの対義語・反対語としては、すでに報道をしたことや表に出された報道を意味する「既報」があります。

スクープの類語

スクープの類語・類義語としては、事件や事の成り行きをすばやく知らせることを意味する「速報」、急ぎの知らせを意味する「急報」、急いで告げて知らせることを意味する「急告」などがあります。

スキャンダルの意味

スキャンダルとは

スキャンダルとは、名声を汚すような不祥事を意味しています。

スキャンダルの使い方

スキャンダルを使った分かりやすい例としては、「スキャンダルとは無縁なアーティストが結婚報告をしていた」「社長のスキャンダルはいくつか耳にしたことがあるが真偽は定かではない」「スキャンダルは一度出回れば収拾がつかなくなる」などがあります。

その他にも、「男女並んでいるだけでスキャンダルかと騒がれたらしいが実際はご姉弟らしい」「スキャンダルの浮上はイメージ低下につながる」「ノースキャンダルで芸能人生活を終えられる人はいるのだろうか」などがあります。

スキャンダルは英語で「scandal」と表記され、「醜聞」「不祥事」「物議」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように、ニュースや報道の中でも不正事件などのネガティブなイメージのものを報じる際に用いられます。

「スキャンダラス」の意味

スキャンダルから派生した言葉に「スキャンダラス」がありますが、これはスキャンダルを引き起こしそうな様子を表します。「スキャンダラスな人」「スキャンダラスな出来事」などのように使われています。

スキャンダルの対義語

スキャンダルの対義語・反対語としては、聞いていて感心するような立派な行いの話を意味する「美談」、名誉ある評判を意味する「名声」があります。

スキャンダルの類語

スキャンダルの類語・類義語としては、個人的な事情についてのうわさ話を意味する「ゴシップ」、悪い評判を意味する「悪名」、評価の低いことを意味する「不評」などがあります。

スクープの例文

1.スクープ写真が撮れたと喜んでいた登場人物が翌日事件に巻き込まれたところから物語が始まった。
2.スクープ記事の中には世の中に悪い影響を与えるようなものもあれば、祝い事に関するものもある。
3.記者たちの間での熾烈なスクープ争いには、如何に読者の目をひき、最後まで読ませるような文章にするかも関係すると思う。
4.3スクープを水で割ってから飲むらしいが、レビューを見る限りあまり美味しくないようだ。
5.子どもの時は2スクープものアイスを食べるなんて贅沢な話だと思っていたが、大人になってからは普通だと感じる。

この言葉がよく使われる場面としては、誰よりも速く重要なニュースを掴んで報道することを意味する時などが挙げられます。

例文4や5のように、すくわれたものを表す言葉や、明確な定義はないものの単位としても使われています。

スキャンダルの例文

1.デート中の写真と共に芸能人のスキャンダルを報じることは、プライバシー侵害にはならないのだろうか。
2.アイドルのスキャンダルは全国的に報じられたため、知らない人の方が少ない気もする。
3.スキャンダルとして世に広まったアーティストたちは結婚するに至ったそうだ。
4.有名人のスキャンダルが出回り、当人だけでなく周囲の人々のイメージも悪くなってしまった。
5.様々な業界のスキャンダルをまとめる週刊誌を読んだことはないが、たまにSNSで叩かれているのを見る。

この言葉がよく使われる場面としては、名声を汚すような不祥事を意味する時などが挙げられます。

どの例文のスキャンダルも、ネガティブなイメージの報道に対して使われています。

スクープとスキャンダルは、どちらも「報道やニュース」を表します。どちらを使うか迷った場合は、いち早いニュースを表す場合は「スクープ」を、ネガティブなニュースを表す場合は「スキャンダル」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター