今日の買取件数:20件/今月の買取件数:560件/累計買取件数:28,206件

【キャスト】と【クルー】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「キャスト」と「クルー」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「キャスト」と「クルー」という言葉は、「共同で何かを行う集団の一人」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




キャストとクルーの違い

キャストとクルーの意味の違い

キャストとクルーの違いを分かりやすく言うと、キャストは物語の役者を表現する時に使い、クルーは乗組員や仲間を表現する時に使うという違いです。

キャストとクルーの使い方の違い

一つ目のキャストを使った分かりやすい例としては、「ミスキャストと批判されるほどだっただろうか」「キャスト情報をSNSで知ってからホームページを調べた」「画面をキャストするためにはどんなコードが必要なのだろう」などがあります。

二つ目のクルーを使った分かりやすい例としては、「船のクルーとして全世界を周遊して見たい」「あの二人はクルーとして息がぴったりすぎる」「クルー募集というチラシを見て電話してみた」などがあります。

キャストとクルーの使い分け方

キャストとクルーはどちらも、共同で何かを行う集団の一人を表す言葉ですが、意味が若干異なります。

キャストは、演劇や映画、ドラマ作品などの配役を表す言葉です。その他にも、コンピュータから別のコンピュータへとデータ送信をしたり、変換をすることを表す言葉としても使われています。

一方のクルーは、船や航空機、列車の乗組員を表す言葉です。その他にも、ボートやヨット競技でチームを組む選手たちを指す言葉として使われたり、共同の作業をする一団を指す言葉としても使われています。

つまり、キャストは各々の役割を演じる人を指し、クルーは各々の役割に従って働く仲間を指すという違いがあります。ただし、アルバイト従業員を指す言葉として広く使われている場合には、ほとんど違いがありません。

その他にも、テーマパークの一つである東京ディズニーリゾートにおけるスタッフはキャストと呼び、ユニバーサルスタジオジャパンにおけるスタッフはクルーと呼ぶと区別される場合もあります。

キャストとクルーの英語表記の違い

キャストを英語にすると「cast」となり、例えば上記の「ミスキャスト」を英語にすると「miscast」となります。一方、クルーを英語にすると「crew」となり、例えば上記の「船のクルー」を英語にすると「crew of a ship」となります。

キャストの意味

キャストとは

キャストとは、演劇や映画、ドラマ作品の配役を意味しています。

その他にも、一つのコンピュータから別のコンピュータへデータを送信することを意味する言葉として使われています。

キャストの使い方

「彼女を悪役に宛がったのは流石にミスキャストだろう」「この作品のキャストは主人公以外も素晴らしい役者たちだと感じた」「豪華キャストたちによる作品が帰ってくる」などの文中で使われているキャストは、「作品の配役」の意味で使われています。

一方、「アプリ画面をキャストして大画面でゲームを楽しむこともできる」「テレビにキャストしたいのに接続が上手くいかない」などの文中で使われているキャストは、「別のコンピュータへデータを送信すること」の意味で使われています。

キャストは英語で「cast」と表記され、「投げる」「投じる」「配役」といった意味を持つ言葉です。日本でも同じように使われますが、「投げる」の意味では特に釣り用語として使われています。

「ミスキャスト」の意味

上記例文の「ミスキャスト」とは、合わない人物に役を割り振ることを意味する言葉です。基本的には物語の役に対して用いられることが多い言葉ですが、釣り用語として用いる場合は釣竿の仕掛けを遠くに飛ばすことが上手くできなかったことを指します。

また、「画面をキャスト」「テレビにキャストしたい」などのように、別の機械端末へとデータを送信することや、別の画面に端末の画面を映し出すことを表す言葉としても使われています。

キャストの類語

キャストの類語・類義語としては、仕事など分けて受け持つことを意味する「分担」、全体をいくつかに分けてそれぞれに宛がったものを意味する「割り当て」、スマホやタブレットの画面を別のモニターに映し出す機能を意味する「ミラーリング」などがあります。

クルーの意味

クルーとは

クルーとは、船や航空機、列車の乗組員を意味しています。

その他にも、仲間や同じ団体のメンバーを意味する言葉として使われています。

クルーの使い方

「豪華客船のクルーになるためにはどんな努力をするべきだろうか」「クルーともなれば英語でコミュニケーションをとる必要も出てくる」「クルーはドライバーとナビゲーター二人で一組だ」などの文中で使われているクルーは、「乗組員」の意味で使われています。

一方、「このクルーで作品を生み出せたことを光栄に思う」「クルーであればログインができるはずのページで操作ができなくなった」「同じクルーとしてこれからよろしくね」などの文中で使われているクルーは、「仲間」の意味で使われています。

クルーは英語で「crew」と表記され、「乗組員」「仲間」「連中」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われており、共同の目的を持って作業をする一員を指す言葉として、「アルバイター」の代わりに使われることもあります。

客船などにおけるクルーは働く乗組員を表す言葉ですが、車両でタイムアタックを行う競技であるラリーにおいては、運転者と道順指示を行う者の二人をクルーと言い、仲間を表す言葉として使われています。

「クルーネック」の意味

また、「クルーネック」と呼ばれる型の衣類がありますが、首回りがぴったりとしているリブ編みが特徴であり、船員や乗組員などが着用していたことから丸首型のシャツやセーターをクルーネック型と呼ぶようになりました。

クルーの対義語

クルーの対義語・反対語としては、客を意味する「ゲスト」があります。

クルーの類語

クルーの類語・類義語としては、列車や航空機などに乗り込み働いている人を意味する「乗員」、船乗りのうち雑多な仕事をする人を意味する「水夫」、会合や事業などに参加する人を意味する「顔ぶれ」などがあります。

キャストの例文

1.キャストとゲスト出演者に恵まれたテレビ番組は周年記念のために制作されたものだったらしい。
2.超豪華キャストたちが舞台初日に登壇して作品について語るイベントに当選することができた。
3.未公開キャストが好きな俳優だったため、公演の観劇中に変な声を出さなかった自分を褒めたいとまで思った。
4.レギュラーキャストとして抜擢されたのは有名アイドルグループの人で、少女漫画にピッタリのイケメンだった。
5.大きい画面にキャストすれば大人数で小さい画面を囲まずに済むため重宝している。

この言葉がよく使われる場面としては、演劇や映画、ドラマ作品の配役を意味する時などが挙げられます。

例文5のように、一つのコンピュータから別のコンピュータへデータを送信することを意味する言葉としても使われています。

クルーの例文

1.客船クルーになりたいと思ったことはなかったが、世界各地を巡る機会を得られるのであれば興味がわく。
2.ラリーレイドにおいてはクルーたちで協力して高みを目指すことが必要とされるだろう。
3.クルーと呼ばれる園内の従業員は楽しそうに客に話しかけてくれていた。
4.バイト先が新しいクルーを探しているそうで、特に土日祝に稼働ができる人は周囲にいないかと店長に尋ねられた。
5.ラップ界では仲間やグループのことをクルーと呼ぶらしいことを先日調べて初めて知った。

この言葉がよく使われる場面としては、船や航空機、列車の乗組員を意味する時などが挙げられます。

例文3から例文5のように、仲間や同じ団体のメンバーを意味する言葉としても多く使われています。

キャストとクルーは、どちらも「共同で何かを行う集団の一人」を表します。どちらを使うか迷った場合は、物語の役者を表す場合は「キャスト」を、乗組員や仲間を表す場合は「クルー」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター