今日の買取件数:20件/今月の買取件数:320件/累計買取件数:29,166件

【ディレクション】と【マネジメント】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「ディレクション」と「マネジメント」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「ディレクション」と「マネジメント」という言葉は、「指揮および管理業務」という共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。




ディレクションとマネジメントの違い

ディレクションとマネジメントの意味の違い

ディレクションとマネジメントの違いを分かりやすく言うと、ディレクションは特定のプロジェクトの管理を表現する時に使い、マネジメントは経営面全般の管理を表現する時に使うという違いです。

ディレクションとマネジメントの使い方の違い

一つ目のディレクションを使った分かりやすい例としては、「クリエイティブディレクションを任されたが如何に自分が未熟かが分かる仕事だ」「自分にディレクション能力があるとは思えない」「ディレクションを受けてから作業へと移る」などがあります。

二つ目のマネジメントを使った分かりやすい例としては、「リスクマネジメントを軽視すれば最悪の事態を招く可能性もある」「マネジメント能力が問われるような立場に抜擢してもらった」「マネジメントに関する知識がほとんどない」などがあります。

ディレクションとマネジメントの使い分け方

ディレクションとマネジメントはどちらも、プロジェクト全体に関わる業務を指す言葉ですが、役割や責任の範囲が若干異なります。

ディレクションは、指導や管理、指揮を意味し、作品制作やプロジェクト進行において完成までメンバーに指示を出す業務を指す言葉として使われています。ディレクションを行う人は「ディレクター」と呼ばれています。

一方のマネジメントは、経営などの管理をすることを意味し、特定のプロジェクトだけでなく会社全体の経営に関する業務を指す言葉として使われています。マネジメントを行う人は「マネージャー」と呼ばれています。

つまり、ディレクションは特定のプロジェクトに関連する指揮および管理を指す言葉であり、マネジメントは経営面全般やプロジェクト全体の管理を指す言葉であるという違いがあります。

ディレクションとマネジメントの英語表記の違い

ディレクションを英語にすると「direction」となり、例えば上記の「クリエイティブディレクション」を英語にすると「creative direction」となります。

一方、マネジメントを英語にすると「management」となり、例えば上記の「リスクマネジメント」を英語にすると「risk management」となります。

ディレクションの意味

ディレクションとは

ディレクションとは、指導や管理、指揮を意味しています。

ディレクションの使い方

ディレクションを使った分かりやすい例としては、「ディレクション能力は一朝一夕で身につくものでは無い」「ディレクション業務は聞いているだけで大変そうだ」「ディレクションは実際にデザインをする側ではない」などがあります。

その他にも、「ディレクションする側は相手にしっかり伝わるような話し方をしなければならない」「ディレクションを受けてから活も入れてもらったため早く仕事に取り掛かりたい」「ディレクションをした後は必ず質疑応答の時間を設けている」などがあります。

ディレクションは英語で「direction」と表記され、「指揮」「監督」「方向」「傾向」といった意味を持ちます。イギリス英語では「ダイレクション」と読むことから、頻度は少ないものの、日本語として使われることもあります。

表現方法は「ディレクション能力」「ディレクション業務」

進行に関する指導を表す言葉として、「ディレクション能力」「ディレクション業務」などのように名詞として使われることはもちろん、「ディレクションする」「ディレクションを受ける」などのように動詞として使われることもあります。

「クリエイティブディレクション」の意味

上記例文の「クリエイティブディレクション」とは、クライアントの要望から生まれたアイデアを整理して具現化するために取りまとめる業務を指す言葉で、この役割を担う人は「クリエイティブディレクター」「総監督」などと呼ばれる責任者とされています。

ディレクションの類語

ディレクションの類語・類義語としては、映画やテレビ番組などを制作することを意味する「プロデュース」、物事の運営や進行に工夫をすることを意味する「演出」、具体的に示して教えることを意味する「示教」などがあります。

マネジメントの意味

マネジメントとは

マネジメントとは、経営などの管理をすることを意味しています。

マネジメントの使い方

マネジメントを使った分かりやすい例としては、「長期的な視点でマネジメントを行う必要がある」「戦略的マネジメントのために情報を集めることが求められる」「データマネジメントはコンピュータの普及によって当たり前となった」などがあります。

その他にも、「将来的にマネジメント研修を受けておくべきだろう」「マネジメントスキルにはコミュニケーション能力も含まれている」「彼はいつでも冷静なためマネジメントに向いていると言えるだろう」などがあります。

マネジメントは英語で「management」と表記され、「経営」「管理」「統御」といった意味を持つ言葉です。日本語でも同じように使われ、「マネージメント」と表記されることもあります。

「経営する」「上手に扱う」といった意味を持つ「manage」から派生した言葉で、同様に派生した「マネージャー」も多く使われています。組織全体で目標を達成するために人材や資源などの管理を行う人を表し、マネジメントの役割を担う人を指します。

「フードマネジメント」の意味

上記例文の「フードマネジメント」とは、食を中心とした経営学を指す言葉で、「食マネジメント」とも呼ばれています。食に関する科学的な知識、食の心理的影響、食にまつわるビジネスや流通システムなどを学ぶことができる学問とされています。

マネジメントの類語

マネジメントの類語・類義語としては、取り締まったり指図をすることを意味する「監督」、世話をすることや指図することを意味する「差配」、国家や特定の機関が必要に応じて管理し制限することを意味する「管制」などがあります。

ディレクションの例文

1.慣れないうちはディレクション業務を滞りなくできる自信がなかったが、周囲の人々のおかげで目立ったトラブルもなく進んだ。
2.ディレクション力は、企画から運営、トラブルの対応などでも発揮される。
3.デザインディレクションのために、今回のプロジェクトの目的やターゲット層をしっかりと把握しておく必要がある。
4.今回のプロジェクトで私がディレクションを受ける上司は、入社時からお世話になっている方だ。
5.いざ自分がディレクションをするとなると分かりにくい説明がないか不安になってしまう。

この言葉がよく使われる場面としては、指導や管理、指揮を意味する時などが挙げられます。

例文4や5のように動詞として使われることもあり、「指導を受ける」「指示をする」といった表現に置き換えて使うこともできます。

マネジメントの例文

1.データマネジメントを上手く行うことができなければ、ビジネスの効率化や利益向上につながらない。
2.ホスピタリティマネジメントは、価格面以外で顧客の心を掴むことができる方法の一つと言えるだろう。
3.様々な人間がいる世界においてダイバーシティマネジメントは重要視され、それにより更なる組織力の強化につなげるべきだ。
4.マネジメント経験は一度もなかったが、先輩に教わりながら今回はなんとかやり遂げることができた。
5.マネジメント能力のない上司を一緒に支える同僚たちとともに毎日激務に励んでいる。

この言葉がよく使われる場面としては、経営などの管理をすることを意味する時などが挙げられます。

例文1の「データマネジメント」とは、データの登録や更新、データ管理を行うシステムの維持、データの活用を行うことを表す言葉です。

ディレクションとマネジメントは、どちらも「指揮および管理業務」を表します。どちらを使うか迷った場合は、特定のプロジェクトの管理を表す場合は「ディレクション」を、経営面全般の管理を表す場合は「マネジメント」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター