【類義語】と【同義語】と【同意語】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:456件/累計買取件数:2,360件

似た意味を持つ「類義語」(読み方:るいぎご)と「同義語」(読み方:どうぎご)と「同意語」(読み方:どういご)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どれを使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「類義語」と「同義語」と「同意語」という言葉は、どれも日本語の種類を表すという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



類義語と同義語と同意語の違い

類義語と同義語と同意語の違いを分かりやすく言うと、広義の意味では、類義語の中に同義語があり、同義語をまれに同意語とも呼ぶという違いです。

類義語と同義語、同意語は、ほとんど同じ意味合いを持つ言葉です。しかし、広義の意味で考えると、類義語>同義語≒同意語というような関係にある言葉です。類義語の一種として同義語があり、同義語とほとんど同じ意味で同意語があります。

まず、類義語という言葉を考えます。この言葉は、語形は異なっているけれど、意味の似通った言葉に使われるものです。類語とも呼ばれます。語形というのは単語とも考えられます。違う単語であっても、意味がとても似ているものを類義語と言います。

次に同義語を考えます。同義語とは、語形は違うけれど意味がほとんど同じ言葉に使われるものです。類義語は意味が「似ている」のに対して、同義語は意味が「ほぼ同じ」言葉に対して使います。同義語は、広義では類義語の一種であると考えられています。

最後に同意語という言葉を考えます。同意語というのは同義語と同じく、違う単語であっても意味がほとんど同じであることを示します。

同義語と同意語はほとんど同じものであると考えられます。しかし、同意語という言葉よりも、同義語という言葉の方が一般的によく使われるものです。

違う言葉であるけれど同じ意味を持つことを伝えたい時には、広く使われているという意味で、同意語よりも、同義語という表現をするのが良いでしょう。同義語、同意語は、同じ意味を持つ言葉なので、個人の好みによって自由に使い分けられるものです。

類義語の意味

類義語とは、語形は違うけれど、似た意味を持っている言葉のことを意味しています。異なる単語であるけれど、意味が似ているもののことを類義語と言います。

類義語の例としては、「家」と「住宅」、「ホテル」と「旅館」、「きれい」と「美しい」などが挙げられます。どれも似た意味の言葉ですが、全く同じであるとは言い切れないものです。

このように、全く違う単語でありながらも、似た意味を持っているものに対して「類義語」と表現します。広義の意味では、類義語の中に同義語と同意語も含まれるものです。

同義語の意味

同義語とは、語形は違うけれど、同じような意味を持っている言葉のことを意味しています。同義語とは、違う単語であるけれど、ほとんど同じ意味を持つもののことを指します。

ほとんど同じ意味であることから、言い換えが可能であるもの、または同じような意味であるので、違いの説明が難しいものに対して「同義語」という表現を使います。

語形が異なりながらも、全く同じ意味を持つということは、あまりありません。なにかしらの違いがあるから語形が異なっているのです。しかし、その違いがあまりにも小さなものであり、明確に説明するのが難しい場合があります。

それらの言葉を同義語と呼び、同義語の俗称として同意語、またはシノニムという表現があります。同義語、同意語、シノニム、どの言葉を使っても、同じ意味を持ちますが、同義語が最も一般的に使われている言葉です。

同義語の例としては、「本」と「書物」、「病気」と「やまい」、「登山」と「山登り」などがあります。

同意語の意味

同意語とは、語形は違うけれど、同じような意味を持っている言葉で、同義語の俗称のようなものを意味しています。同意語とは、同義語と同じ意味の言葉です。一般的には、あまり使われない言葉でもあります。

同意語は、同義語の別名のようなもので、一般的には「同義語」という言葉が使われて「同意語」という言葉はあまり使用されません。しかし、同じ意味の言葉ですので、どちらの言葉を使うのかは、個人の自由です。

同意語は同義語と同じく、違う単語でありながら、ほとんど同じ意味を持つ言葉を指します。同意語の例としては、「あす」と「あした」と「明日(みょうにち)」や、「ピンポン」と「卓球」などが挙げられます。

類義語の例文

1.類義語とは、よく似た意味の言葉のことを指している。
2.類義語辞典を買いたいと思っているけれど、どれが良いのだろうか。
3.類義語の意味の違いを考えていくと、日本語の奥深さが見えてくる気がする。
4.類義語を沢山知っていると、文章を書く際に役に立つことが多い。
5.類義語と同義語の区別は難しいが、似た意味か同じ意味かの違いだと考えるとわかりやすくなる。

この言葉がよく使われる場面としては、語形は異なっているけれど、意味が似ている言葉について表現する時などが挙げられます。類義語辞典なども販売されており、似たような意味を持つ違う言葉に言い換えたい時などに活用されています。

類義語というのは、単語も意味も違うけれど、大本の意味合いが似ている場合などに使われます。例えば「言う」と「話す」という言葉などが挙げられます。

この二つは、共に口で言葉を発するという意味を持ちますが、明確に調べると少し異なる意味を持つ単語です。言葉を分類した際に、ほとんど同じ意味として扱われるものを類義語と呼ぶのだと覚えておくようにしましょう。

同義語の例文

1.同義語とは、異なった単語でありながら、違いを説明することが出来ないほど同じような意味を持つ言葉のことを指す。
2.同義語同士は言い換えることが出来る。
3.同義語のことをシノニムと呼んだりもする。
4.広義の意味では、同義語は類義語の一種であるらしい。
5.物事をより深く理解してもらうために、同義語を並べて解説することがある。

この言葉がよく使われる場面としては、語形は異なっているけれど、ほとんど同じ意味を持っている言葉について表現する時などが挙げられます。単語が違っていながら、全く同じ意味を持つ言葉というのは、ほとんど存在しません。

しかし、全く同じではないものの、その違いを説明するのが難しいほどに似ている意味を持っている言葉は存在します。同義語は、そのような限りなく同じ意味を持つ言葉に対して使われるものです。

同義語は、「別名」「異名」という意味であると考えることも出来ます。例えば「バレーボール」と「排球」という言葉は、どちらも同じ意味を持つ同義語であり、球技の別名、異名でもあります。同じように「ピンポン」と「卓球」なども同義語です。

同意語の例文

1.同意語とは、同義語とほとんど同じ意味の言葉である。
2.同意語は辞書で調べると、同義語と同じ項目で説明されている。
3.同意語という呼び方よりも、同義語という呼び方の方が一般的であるとされている。
4.同意語も、広義の意味では類義語の一種であると考えられている。
5.同意語のことも、別名でシノニムと表現し、シノニムの反対語としてアントニムという言葉がある。

この言葉がよく使われる場面としては、同義語と同じように、語形は異なっているけれど、ほとんど同じ意味を持つ言葉について表現する時などが挙げられます。同意語も広義の意味では、同義語と同じように類義語の一種となります。

例文5のように、反対語としてはアントニムという言葉があります。これは対義語、反対語という意味の言葉であり、意味が真逆の単語を指します。例えば「大きい」と「小さい」や「出席」と「欠席」などがそれにあたります。

同意語には例えば、「キッチン」と「台所」などがあり、これらの言葉は入れ替えが可能なものです。「母がキッチンで夕飯を作っている」と書いても、「母が台所で夕飯を作っている」と書いても、同じ意味になります。

このように、違う単語であっても、入れ替えが出来る程、意味が同じであるものを同義語、同意語と呼びます。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター