【天井】と【天上】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:19件/今月の買取件数:535件/累計買取件数:2,439件
(例文買取センターでは日本語を売ってくれる人を募集しています)

同じ「てんじょう」という読み方の「天井」と「天上」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「天井」と「天上」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。



天井と天上の違い

天井と天上の意味の違い

天井と天上の違いを分かりやすく言うと、天井とは物理的な部屋の上部を意味し、天上とは抽象的な空の上を意味するという違いです。

天井と天上の使い方の違い

一つ目の天井を使った分かりやすい例としては、「天井の高い部屋を探している」「ネズミの足音が天井から聞こえる」「天井伏図を基に配管位置を割り付ける」「天井がぐるぐる回るような目まいがした」などがあります。

二つ目の天上を使った分かりやすい例としては、「宇宙論では天上界と下界を区別した」「天上の月が輝いている」「天上に行ってみたい」「誰も分かってくれなくて天上天下の孤独を感じる」などがあります。

天井と天上は同音の言葉なのですが異なる意味を持ちます。そのため上記の例の天井の部分を天上に置き換えることも、天上の部分を天井に置き換えることも出来ません。

天井と天上の語源の違い

二つの言葉に共通する「天」という言葉には、「高い所」や「大空」の意味があります。天井とは部屋の高い所にある部分を意味し、物理的に部屋の上部を表します。一方、天上とは空の上を意味し、抽象的な表現になります。

天井と天上の英語表記の違い

天井を英語にすると「ceiling」「the top」となり、例えば上記の「天井の高い部屋」を英語にすると「high ceilinged room」となります。一方、天上を英語にすると「heaven」となり、例えば上記の「天上界と下界」を英語にすると「heaven and earth」となります。

天井の意味

天井とは

天井とは、部屋の上部の板を張った部分を意味しています。

その他にも、物価や相場の最高値の意味も持っています。

天井の使い方

「天井でカサカサと音がする」「手入れが簡単な天井材にする」「天井下地の組み方を習う」「天井から雨漏りしている」などの文中で使われている天井は、「部屋の上部の板を張った部分」の意味で使われています。

一方、「儲けるには天井と底値を見極めることだ」「天井つかみの底たたきで損をした」「株価は青天井のごとく急騰した」などの文中で使われている天井は、「物価や相場の最高値」の意味で使われています。

天井という言葉は上記の例のように二つの意味を持っているのですが、日常生活でよく使われるのは、「部屋の上部の板を張った部分」の意味です。「物価や相場の最高値」の意味は、ビジネスシーンや経済用語として使われることが多くあります。

「青天井」の意味

天井という言葉を用いた日本語には「青天井」があり、屋根がない所や青空を意味します。青い空を天井に見立てた言葉です。転じて、金融取引の相場などで、天井を知らずに値上がりし続ける状態も意味します。上記の例の「株価は青天井のごとく急騰した」は、この意味で使われています。

天井の対義語

天井の対義語・反対語としては、室内の板を張った所を意味する「床」、相場が下落して最も安くなったところを意味する「底」などがあります。

天井の類語

天井の類語・類義語としては、建物の最上部にあるおおいを意味する「屋根」、屋根裏に張りつけた板を意味する「裏板」などがあります。

天井の井の字を使った別の言葉としては、石油を採取するために掘った井戸を意味する「油井」(読み方:ゆせい)、秩序正しく整っているさまを意味する「井井」(読み方:せいせい) などがあります。

天上の意味

天上とは

天上とは、空の上を意味しています。

その他にも、天上にあるという世界の意味も持っています。

天上の使い方

「彼は天上天下唯我独尊だと勘違いしている」「天上には何があるのだろう」「天上から日本を見てみたい」「天上から大地を見下ろす」などの文中で使われている天上は、「空の上」の意味で使われています。

一方、「他界とは天上だという考えもある」「天上には神様がいると信じている」「天上聖母算命学で吉凶を占ってもらう」などの文中で使われている天上は、「天上にあるという世界」の意味で使われています。

天上という言葉は上記の例のように二つの意味を持っているのですが、どちらもスピリチュアルなニュアンスがあり、小説や漫画などの創作物で使われることが多い言葉です。あまり自分では使わない言葉かもしれませんが、二つの意味があることを覚えておきましょう。

「天上天下唯我独尊」の意味

天上という言葉を用いた日本語には「天上天下唯我独尊」があります。この言葉は、釈迦が誕生するとすぐに、右手で天を指し、左手で地を指して唱えたといわれている言葉です。自分は世界のうちで最も優れた者であるという意味があり、高慢な人物の言動を揶揄して使われるこがあります。

天上の対義語

天上の対義語・反対語としては、地面の上を意味する「地上」、この世や人間界を意味する「下界」などがあります。

天上の類語

天上の類語・類義語としては、いちばん高い所を意味する「頂点」、神や天使などがいる天上の理想世界を意味する「天国」などがあります。

天上の上の字を使った別の言葉としては、より高い位置に向かってゆくことを意味する「上昇」、すぐれた状態に向かうことを意味する「向上」などがあります。

天井の例文

1.天井点検口の取り付け方をネットで調べて、やってみることにした。
2.お部屋がスッキリする天井埋め込み型エアコンにしたいけど、予算オーバーだ。
3.アジアンチックに天井照明をシーリングライトにしようか悩んでいる。
4.工場内の天井クレーンを操作するの資格を取ろうと思う。
5.甲府盆地の天井川を塾で教わったそうで、子供が観に行きたがっている。

この言葉がよく使われる場面としては、部屋の上部の板を張った部分を表現したい時などが挙げられます。

例文1にある「天井点検口」とは、天井面に取り付けされる点検口のことで、天井裏のメンテナンスを行う目的で人が出入りする口のことです。例文5にある「天井川」とは、周辺の地面の高さよりも高い位置に川底がある川のことです。

天上の例文

1.甘やかして育てたせいか、息子は天上天下唯我独尊のような振舞いだ。
2.歴史漫画の「天上の虹」は私が小学生の時にハマった漫画のひとつだ。
3.天上天下天地無双刀のTシャツをネットオークションで落札した。
4.「天上の葦」は息を飲む迫真のサスペンス小説で、徹夜して読破した。
5.憧れの先輩は、才色兼備で家柄もよく天上人のような存在だ。

この言葉がよく使われる場面としては、空の上や、天上にあるという世界を表現したい時などが挙げられます。

例文1にある「天上天下」とは、天上の世界と地上の世界を意味し、宇宙空間を表す言葉です。例文3にある「天上人」とは、天の上に住む人の事を意味し、凡人とは違って社会的地位があったり人柄など気品があるさまを表す言葉です。

天井と天上という言葉は、同音で似ている言葉ですが、使い方や意味が異なります。天井は物理的に部屋の上部を意味し、天上は概念的に空の上を意味します。同音の言葉ですが、意味と漢字の使い分けに気をつけましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター