【浅ましい】と【卑しい】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「浅ましい」(読み方:あさましい)と「卑しい」(読み方:いやしい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「浅ましい」と「卑しい」という言葉は、どちらも品位に欠けることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



浅ましいと卑しいの違い

浅ましいと卑しいの意味の違い

浅ましいと卑しいの違いを分かりやすく言うと、浅ましいとは内面の品位が欠けていること、卑しいとは外面も内面も品位が欠けていることという違いです。

浅ましいと卑しいの使い方の違い

一つ目の浅ましいを使った分かりやすい例としては、「彼女はとても浅ましい人間です」「彼がとても浅ましい姿になっていて見るに堪えない」「浅ましい人とは仲良くなれそうにない」「彼は浅ましい男です」などがあります。

二つ目の卑しいを使った分かりやすい例としては、「卑しい人間にはなりたくない」「卑しい家柄の人とは意見が合わない」「彼が食に関して卑しいので直して欲しい」「彼は卑しい人間です」などがあります。

浅ましいと卑しいは品位が欠けているという似た意味を持つ言葉ですが、卑しいは地位や身分が低いことの意味を持っているのが違いになります。

また、卑しいは外面も内面も下品だという意味で使いますが、浅ましいは内面が下品な場合に使う言葉です。そのため、地位が高い人に対して卑しいは使えないのですが、浅ましいは使うことができます。例を挙げると「彼は地位があるが考え方が浅ましい」となります。

浅ましいと卑しいはどちらもマイナスのイメージを持つ言葉です。そのため他人に使う際は注意して使いましょう。

浅ましいと卑しいの英語表記の違い

浅ましいを英語にすると「base」「despicable」「ignoble」「wretched」となり、例えば上記の「彼は浅ましい男です」を英語にすると「he is despicable man」となります。

一方、卑しいを英語にすると「mean」「humble」となり、例えば上記の「彼は卑し人間です」を英語にすると「he is mean person」となります。

浅ましいの意味

浅ましいとは

浅ましいとは、品性が下劣であることを意味しています。その他にも、惨めで見るに堪えないという意味も持っています。

浅ましいの使い方

「既婚者なのに男性からプレゼントを貰おうとするなんて浅ましい」「損得勘定で動く人は浅ましい」「彼は浅ましい発言ばかりするので呆れてしまった」などの文中で使われている浅ましいは、「品性が下劣であること」の意味で使われています。

一方、「彼は落ちぶれて浅ましい姿となってしまった」「彼女はストレスによって痩せており浅ましい姿になり果てていた」などの文中で使われている浅ましいは、「惨めで見るに堪えない」の意味で使われています。

浅ましいは複数の意味を持つ言葉ですが、主に品性が下劣であることの意味で使われています。簡単に言うと、下品な行動をする人のことです。そのため、マイナスのイメージを持つ言葉になります。

また、もう一つの惨めで見るに堪えないという意味は、惨めで嘆かわしい人に対して使います。

浅ましいの由来

浅ましいは、意外なことに驚くという意味の「浅む」が変化したのが由来です。昔は意外なことに驚くという良い意味でも悪い意味でも使われていたのですが、時代が経つにつれて、悪い意味で使われることが多くなり、現代の品性が下劣であることの意味に変化しました。

浅ましいの類語

浅ましいの類語・類義語としては、品格や品性が劣ることを意味する「下品」、品性が下劣なことを意味する「さもしい」、程度が低く内容が悪いことを意味する「低劣」、哀れなことを意味する「無惨」などがあります。

浅ましいの浅の字を使った別の言葉としては、浅はかで軽々しいことを意味する「浅浅しい」、思慮の足りないことを意味する「浅はか」、身分や地位が低い状態にあることを意味する「浅ふ」、考えの浅いことを意味する「浅慮」などがあります。

卑しいの意味

卑しいとは

卑しいとは、身分や社会的地位が低いことを意味しています。その他にも、品位に欠けているや飲食物や金銭に対して貪欲であることの意味も持っています。

卑しいの使い方

「卑しい家柄の人とは仲良くするなと言われている」「彼の話し方を見ていると卑しい人だなと感じる」「世の中に卑しい仕事などはない」などの文中で使われている卑しいは、「身分や社会的地位が低いこと」の意味で使われています。

一方、「隣国はいつから卑しい国になっただろうか」「食に卑しい人とご飯を食べるのは苦痛です」などの文中で使われている卑しいは、「品位に欠けているや飲食物や金銭に対して貪欲であること」の意味で使われています。

卑しいは身分や社会的地位が低く、品位に欠けているという意味で使われています。簡単に言うと、性格だけなく見た目も下品な人に対して使う言葉です。また、卑しいは軽蔑しているというニュアンスも含まれています。そのため、他人に卑しいを使う際は十分に注意するようにしましょう。

表現方法は「食に卑しい人」「お金に卑しい人」

現代では、飲食物や金銭に対して貪欲である人に対して、「食に卑しい人」「お金に卑しい人」「食に卑しい子」などと使うことが多いです。

卑しいの対義語

卑しいの対義語・反対語としては、高貴であることを意味する「尊い」があります。

卑しいの類語

卑しいの類語・類義語としては、身分が低いことを意味する「下賤」、地位や身分が低いことを意味する「卑賤」、地位の低い者のことを意味する「ぺいぺい」、下品で卑しいことを意味する「下劣」、同種のものの中で下位の段階にあることを意味する「下等」などがあります。

卑しいの卑の字を使った別の言葉としては、正々堂々としてないことを意味する「卑怯」、自分を劣ったものとして卑しめることを意味する「卑下」、品性や言動が卑しいことを意味する「卑劣」、階級の低い官のことを意味する「卑官」などがあります。

浅ましいの例文

1.浅ましい人間は自分の損得勘定に非常に敏感である。
2.浅ましい人にはなりたくないので、普段の行動から気を付けようと思う。
3.飲み会の後にタクシー代をねだってくるような、浅ましい女性とは付き合うことはないだろう。
4.彼は投資に失敗して何もかも失ってしまったので、とても浅ましい姿をしている。
5.こんな浅ましい姿を息子達に見せるのは心苦しいです。

この言葉がよく使われる場面としては、品性が下劣であることを表現したい時などが挙げられます。その他にも、惨めで見るに堪えないことを表現したい時にも使います。

例文1から例文3は、品性が下劣であることの意味で使われています。また、例文4と例文5は惨めで見るに堪えないことの意味で使われています。

卑しいの例文

1.食に卑しい人と一緒にご飯食べていると気分が悪くなってしまう。
2.彼は常に自分が得することばかり考えていて、卑しい性格だなと思う。
3.息子の友達が遊びにくると、勝手に家の冷蔵庫を開けて飲み物を飲むので、とても卑しい子だなと感じる。
4.卑しい家柄の人とは結婚するなと、親から厳しく言われている。
5.彼は言動や立ち振る舞いがとても卑しいので、仲が良い友達は作れないだろう。

この言葉がよく使われる場面としては、身分や社会的地位が低いことを表現したい時などが挙げられます。品位に欠けているや飲食物や金銭に対して貪欲であることを表現したい時にも使います。

例文1や例文3は、飲食物や金銭に対して貪欲であることの意味で使われています。また、例文2や例文5は、品位に欠けていることの意味で、例文4は、身分や社会的地位が低いことの意味で使われています。

浅ましいと卑しいどちらを使うか迷った場合は、地位や身分が高く内面が下品な人に対しては「浅ましい」を、地位や身分が低く、内面も外面も下品な人に対しては「卑しい」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター