【労る】と【労う】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

似た意味を持つ「労る」(読み方:いたわる)と「労う」(読み方:ねぎらう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「労る」と「労う」という言葉は、どちらも感謝することを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



「労る」と「労う」の違い

「労る」と「労う」の意味の違い

「労る」と「労う」の違いを分かりやすく言うと、「労る」とは弱っている人を励ますこと、「労う」とは頑張っている人に感謝することという違いです。

「労る」と「労う」の使い方の違い

一つ目の「労る」を使った分かりやすい例としては、「高齢者を労ることは大切です」「病人を労る」「長年使っている靴を労る」「試合でミスをした選手を労る」「肝臓を労るお酒の飲み方を学んだ」「病人を労る」などがあります。

二つ目の「労う」を使った分かりやすい例としては、「敗れた選手達を労う」「従業員を労う飲み会を開いた」「自分を労うのはあまり得意ではない」「完投勝利した投手を労う」「残業してくれた社員を労う」「私たちは彼女の勤労を労うために食事会をした」などがあります。

「労る」と「労う」の使い分け方

「労る」と「労う」は感謝するという似た意味を持つ言葉なのですが、使い方に違いがあります。「労る」は病人、老人、子供などの弱い立場の人に同情の気持ちを持って接する場合に使う言葉です。

もう一方の「労う」は、同等や目下の人の苦労や骨折に感謝した場合に使う言葉になります。

上記でも書いたように、「労る」と「労う」は使う対象が違うと覚えておきましょう。「労る」は病人、老人、子供などの弱い立場の人に使うのに対し、「労う」は同等か目下の人に対して使います。また、「労う」は目上の人に対しては使っていけません。

その他の違いとしては、「労う」は人に対して使わないのに対して、「労る」はものに使うことができるというのも違いになります。例えば、「長年乗っている愛車を労う」とは言いませんが、「長年乗っている愛車を労る」は言うことができます。

「労る」と「労う」を合わせたような言葉として「労をねぎらう」があります。「労をねぎらう」とは、「感謝して労る」という意味になります。この場合の「ねぎらう」は「労う」と漢字で表記するのではなく、ひらがなで表記するようにしましょう。

「労る」と「労う」は同じ「労」(読み方:ろう)を使う言葉ですが、読み方が全く異なっているので注意する必要があります。

「労る」と「労う」の英語表記の違い

「労る」を英語にすると「care for」「be considerate 」「be kind」「appreciate」となり、例えば上記の「病人を労る」を英語にすると「care for a sick person」となります。

一方、「労う」を英語にすると「reward」「thank」となり、例えば上記の「私たちは彼女の勤労を労うために食事会をした」を英語にすると「We had a dinner party in order to thank her」となります。

「労る」の意味

「労る」とは

「労る」とは、弱い立場にある人などに同情の気持ちを持って親切に接することを意味しています。その他にも、労をねぎらうことや手当を加えるという意味も持っています。

「労る」の使い方

「労る」を使った分かりやすい例としては、「年寄りを労りたい」「自分を労る時間は大切にしよう」「長い間使っているグローブを労る」「患者を労る」「体を労る食事をするように心掛ける」「風邪で飲み会に来れない友達を労る」などがあります。

「労る」は複数の意味を持つ言葉ですが、一般的に使われているのは、弱い立場にある人などに同情の気持ちを持って親切に接することや労をねぎらうことの意味になります。

「労る」は人と物の両方に使える言葉と覚えておきましょう。人に使う場合は、老人、子供、病人、後輩など、自分よりも弱い立場の人に対して使います。また、「自分を労る」のように、自分自身に対しても使うことができます。

表現方法は「体を労る」「相手を労る」「自分を労る」

「体を労る」「相手を労る」「自分を労る」といったように「〇〇を労る」という形で使うのが、「労る」を使った一般的な表現な方法になります。また、日常生活とビジネスシーンの両方で使える言葉です。

「労る」の類語

「労る」の類語・類義語としては、ありがたいと思う気持ちを表すことを意味する「感謝」、苦労を労うことを意味する「慰労」などがあります。

「労る」の労の字を使った別の言葉としては、体を使って働くことを意味する「労働」、報酬を受ける目的で行う労働勤務のことを意味する「労務」、何かをするために心身を働かせることを意味する「労力」、心身を労して仕事に励むことを意味する「勤労」などがあります。

「労う」の意味

「労う」とは

「労う」とは、同等や目下の人の苦労や骨折りに感謝することを意味しています。

「労う」の使い方

「労う」を使った分かりやすい例としては、「日本人は自分を労うのが下手です」「覚悟を持って戦い抜いた選手を労う」「部下に労いの言葉を伝えるのは重要です」「選手達の労を労うパーティーを開いた」「引退する選手を労う」などがあります。

「労う」は同等や目下の人や努力や苦労をした際に、その頑張りに対して感謝するという意味で使う言葉になります。決して、目上の人に対しては使ってはいけないと覚えておきましょう。

「労う」のよく使われる場面としては、ビジネスシーンとスポーツシーンです。ビジネシーンの場合は上司から部下へ、スポーツシーンの場合は監督から選手へ使う言葉になります。

「ねぎらう」は一般的には「労う」と表記しますが、「犒う」と表記することもできます。ただし、「犒う」は常用漢字ではないため、「労う」を使う方が良いでしょう。

表現方法は「労を労う」「自分を労う」

「労を労う」や「自分を労う」といったように「〇〇を労う」という形で使うのが、「労う」を使った一般的な表現方法になります。

「労う」の類語

「労う」の類語・類義語としては、褒め称えることを意味する「称美」、すぐれた行為や作品などを褒め称えることを意味する「褒賞」、報いることを意味する「報答」、感謝の気持ちを表すための言葉のことを意味する「謝礼」などがあります。

「労る」の例文

1.老人を労ることや思いやる気持ちを持つことは、とても大切です。
2.人の気持ちを労る言葉が、すぐ出てくるような大人になりたいです。
3.9回裏2アウトから、逆転満塁ホームランを打たれた投手を労りました。
4.父は長年使っているバイクを労っている。
5.自分を労ることは、毎日健康で生きていくために必要なことです。
6.早くに祖父を亡くした祖母が、祖父の写真を手に取り少し悲しそうな顔をしながら労るように撫でている姿を時々目にする。
7.母猫がいない子猫たちは、お互いを労っているかのように寄り添い、舐め合って毛繕いをしている。
8.長い間、家族や人のために一生懸命働いてきて、無事定年を迎えることが出来たので、これからは自分自身の身体と心を労るようにしたい。
9.自分を責めるだけではいい方向には向かないので、自分を労ることも大事だよと友人にアドバイスをもらった。
10.お酒が大好きで、毎日飲みすぎてしまうので、お酒を飲まない日を作って肝臓を労るようにしなければいけないと思った。

この言葉がよく使われる場面としては、弱い立場にある人などに同情の気持ちを持って親切に接することを表現したい時などが挙げられます。その他にも、労をねぎらうことや手当を加えることを表現したい時にも使います。

例文1や例文2は、弱い立場にある人などに同情の気持ちを持って親切に接することの意味で使われています。また例文3は、労をねぎらうことの意味で使っています。

「労う」の例文

1.夏の甲子園で敗戦した選手達をロッカールームで労う。
2.仕事を頑張っている部下に、労いの言葉をかけることはとても大切です。
3.一年間頑張って働いてくれた従業員に労う意味を込めてボーナスを支給した。
4.決勝で敗れたものの、ここまで頑張ってたきた選手たちを労う。
5.大きなプロジェクトを終えたので、仲間同士で労うために飲み会を開催した。
6.お殿様が領民に労いのことばのひとつさえかけてあげれば、先の戦で勝てたであろう。
7.家族との生活を円滑にする秘訣は、どんなこともやってもらって当然と思わず、相手に感謝しお互い労いあうことではないだろうか。
8.半年かけたプロジェクトが先日見事に成功裏に終わったが、普段厳しい部長が労いの言葉をかけてくれたことが一番嬉しかった。
9.「労を労う」という言葉があるが、労と言う同じ漢字が使われているが、労と労うは違う意味を持っている。
10.仕事を頑張ろうとしている人に注意や叱責だけではやる気がなくなってしまうので、労う言葉をかけることができる人になりたいと思った。

この言葉がよく使われる場面としては、同等や目下の人の苦労や骨折りに感謝することを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように、ビジネスシーンやスポーツシーンで使われる言葉が多いです。

「労る」と「労う」どちらを使うか迷った場合は、弱っている人を励ます場合は「労る」を、頑張っている人に感謝する場合は「労う」を使うと覚えておけば間違いありません。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター