【サブスクリプション】と【リース】と【レンタル】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:484件/累計買取件数:3,556件
(現在、例文買取センターでは、買取数を増やして元気になって頂く負けるなキャンペーンを実施中!)

似た意味を持つ「サブスクリプション」と「リース」と「レンタル」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どれを使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「サブスクリプション」と「リース」と「レンタル」という言葉は、どれも何かを貸し出すようなサービスを示すという共通点があり、本来の意味は違いますが混同して使われる傾向があります。



サブスクリプションとリースとレンタルの違い

サブスクリプションとリースとレンタルの意味の違い

サブスクリプションとリースとレンタルの違いを分かりやすく言うと、サブスクリプションは定額制のサービスのこと、リースは長期間の貸し出しサービスのこと、レンタルは短期間の貸し出しサービスのことです。

サブスクリプションは定額制

サブスクリプションは、一定の金額を支払うことで、契約に定められている期間中、何度でもサービスが受けられるものです。雑誌の定期購読、インターネットの通信サービスや携帯電話のブランなどでよく見受けられる契約方法です。

最近では、飲食店や美容施設などでもサブスクリプションサービスを実施しているところが多くなってきています。サービスを利用すればするほど金額的には得をすることが出来るような仕組みになっていることが多いです。

リースは長期間の貸し出し

次に、リースという言葉を考えます。リースというのは、長期間に渡って何かを貸し出すサービスを提供することを言います。リース商品は、高額である場合が多く、企業対リース会社の取り引きが一般的です。

リースという言葉は歴史が古く、古代ローマ時代にまで遡ります。本来は、船主が船を商人に貸し出していたサービスのことをリースと呼んでいました。現代でも、その形態はあまり変わっていません。

リースの場合は、借りる側が借りたい商品を選ぶことが出来ます。借りたいと思っている商品を指定し、それをリース会社が代わりに購入します。借りる側は、毎月定額をリース会社に支払うことで、その商品を借り受けることが出来ます。

リースの場合は、レンタル期間が長期に渡ります。長い契約になりますが、途中で契約を破棄することは出来ません。借りている物品の所有権は、あくまで購入をしたリース会社にありますが、借りている側は、商品代金の全額を支払いきる必要があります。

レンタルは短期間の貸し出し

最後にレンタルという言葉を考えます。レンタルというのは、短い期間、何かを貸し出すサービスを提供することを言います。レンタル商品は、高額なものから低額なものまで様々で、物ではなくスペースなどである場合もあります。

レンタルとは、レンタル会社が用意した品物を不特定多数の人が借りるサービスです。新品を借りたい場合には、レンタルではない方が良いでしょう。貸し出し期間は短期間であり、短いものであれば30分や1時間のレンタルなどもあります。

レンタルはリースとは違い、高額な違約金が発生することはあまりありません。返却期間を遅延してしまった場合などに追加で料金を支払うことはありますが、あくまで不特定多数の人の間で貸し借りしあう物なので、個人の違約金ということにはなりません。

サブスクリプションの意味

サブスクリプションとは、英語で「Subscription」と記し、日本語で言うところの「定額制」を意味しています。サブスクリプションは雑誌などの定期購読やインターネットの通信サービスなどのことを指す言葉です。

サブスクリプションとは、日本語で言うところの「定額制」というものです。一定の料金を支払うことで、支払った料金分のサービスを期間中に何度でも受けられるという形の契約をサブスクリプションと言います。

特に、インターネットの通信サービスや、携帯電話の料金プランに見られる契約方法です。これらは、利用時間や通信料に関わらず、決められている一定の料金を支払うというやり方です。決められた料金以上を支払う必要はありません。

その他にも、雑誌の定期購読などは、1年分の雑誌料金を支払っておくことで、自動的に毎月自宅に雑誌が届いたりします。最近では、美容院の定額サービスや、レストランのディナーの定額サービス、洋服の定額サービスをはじめているところもあります。

例えば美容院の定額サービスでは、美容院の会員になり、毎月一定の金額を支払うことで、何度でも美容院のサービスを受けられます。レストランの場合も同じように、定額を支払うことで、そのレストランでの食事を月に何度でも食べられたりします。

サブスクリプションは、その月に何回店に足を運べるのかによって、1回あたりのサービスにかかる金額が変わってきます。

月額10,000円でレストランのサブスクリプションサービスを受けるとします。前月、一か月に5回食事に行ったとすると、1度にかかっている金額は2,000円です。どんなに高い料理を食べても、定額制なので追加で料金を支払うことはありません。

しかし、当月はそのレストランに1回しか行けなかったとします。すると、一度の食事にかかっている金額は10,000円ということになります。これも、どんなに安い料理を食べても、定額制なので10,000円がかかります。

このように、サブスクリプションは、サービスを利用すればするほど、金銭的には得をするような仕組みになっていることが多いです。

サブスクリプションのサービスを受けるのにあたっては、契約を結ぶ会社の会員になったり、会員登録が必要であることがほとんどです。また、サブスクリプションは、企業と個人が結ぶ契約であることが多いものです。

リースの意味

リースとは、英語で「Lease」と記し、機械や設備など、比較的高額なものを長期的に貸し出すことを意味しています。リースは自分で借りたいと希望する商品を選ぶことが出来るという利点があります。

リースとは、機械や設備などの比較的高額なものを長期的にリース会社から貸してもらうことを意味しています。例えば、コピー機やパソコン、大型のサーバなどの電子機器、場合によっては机やロッカーなどの事務用品なども含まれます。

リースというのは、物を借りたい相手とリース会社との間の取り引きになります。リースの場合は企業対企業という関係性で契約が交わされることの多いものです。

例えば、会社が自費で買うのには高額すぎるものなどを、リース会社から長期的に借りるという方法で導入する場合などが挙げられます。会社の側は、リース会社に月額の形でリース料金を支払います。

長期的な契約である場合がほとんどであり、途中で契約を解除することは出来ません。解除をする場合には、解除した時点から契約満了までの間にかかる料金を全額支払わなくてはいけない場合がほとんどです。

リースの場合、商品を借りる側はリース会社にどのような商品が借りたいのか、具体的に指定できることが多いです。指定された商品をリース会社が代わりに購入し、それを月額制で貸し出すのがリースです。

しかし、商品を買っているのはあくまでもリース会社なので、商品の所有権はリース会社にあるということになります。月額を支払っている会社は、あくまでも借りているという立場です。

レンタルと違って、希望する商品を具体的に指定できること、そして長期に渡って貸し出して貰えるということ、商品が新品である場合が多いことがリースの特徴です。

レンタルの意味

レンタルとは、英語で「Rental」と記し、不特定多数の人に対して短期間に何かを貸し出すことを意味しています。レンタルは、サブスクリプションやリースと違い、レンタル会社と不特定多数の人の間の貸し借りを指します。

レンタルとは、不特定多数の人に対して短い期間、何かの商品やサービスなどを貸し出すことを言います。レンタルは、レンタル会社と不特定多数のサービスを受けたい人との間の貸し借りを指すものです。

例えば、DVDやCDのレンタル、自動車のレンタルなどがあります。これは、レンタル会社が用意した商品の中から、レンタルしたい人が好きな商品を選び、短期間借りるという仕組みのサービスです。

最近では、レンタルルームや、レンタルスペース、レンタル家電などのサービスもあります。レンタルルームやレンタルスペースというのは、例えば、1時間2000円などで借りることのできる個室や個人スペースのことを指します。

試験勉強に集中したい時や、楽器やダンスなどのお稽古事の練習、一部の企業では、会議室としてレンタルルームを利用している場合もあります。

他にも、レンタル家電などは、短期的な出張などで一時的にマンスリーマンションで暮らさなくてはならない場合などに利用されることが多いものです。

レンタルはリースと違って、商品を自分で指定することは出来ません。レンタル会社が用意している商品の中からしか、選ぶことが出来ないものです。また、借りたいと思っている商品を、他の人が既に借りているという場合もあります。

不特定多数の人で貸し借りをしている関係上、あまりきれいではない商品がある場合もあります。新品を借りたい場合にはレンタルはオススメ出来ません。

サブスクリプションの例文

1.私は、六本木にあるお気に入りのレストランでサブスクリプションサービスを受けています。
2.子育てに忙しくて、洋服を買いに行く暇もないから、洋服のサブスクリプションサービスに加入することにした。
3.どうせ毎月購入するなら、雑誌のサブスクリプションサービスに入ると便利だし、値段も少し割引になるよ。
4.最近、月に何回でも美容院でシャンプーをしてもらえるサブスクリプションサービスに入った。
5.我が社では受付に置く花を、サブスクリプションサービスで花屋さんに送ってもらっている。
6.最近よく聞く「サブスク」とは定額制のサービスであるサブスクリプションを略した名称だということに気づいた。
7.サブスクリプションというビジネスモデルは新たなビジネスチャンスとして大いに注目されている。

この言葉がよく使われる場面としては、なにかのサービスを定額制で受けようと考えて会員登録などをした時などが挙げられます。

サブスクリプションとは、一定の金額を支払うことで何度でもサービスを受けられるような契約形態のことを言います。

サブスクリプションは、契約期間中にサービスを利用すればするほどに得をするような仕組みになっている場合が多くあります。

リースの例文

1.我が社のパソコンはほとんどがリース品だ。
2.新しいプロジェクトを始動するにあたり、サーバを3台、リースで借りることになった。
3.彼は見栄っ張りだから、リース会社から高級外車を借りているらしいよ。
4.友人が開業するにあたり、ロッカールームに置くロッカーをリース品で揃えることにしたらしい。
5.リースだと、レンタルと違って違約金が重いから、少し慎重になってしまうな。
6.引っ越しの多い独身者の間で、家具のレンタルサービスが人気となっている。
7.ホームページのリース契約は詐欺まがいの業者が多いので十分に気を付けなければいけない。
8.大手航空会社の多くではリース契約を活用して航空機の一部を調達している。
9.リース会社からバイクを借りて、出前サービスを始めることにした。

この言葉がよく使われる場面としては、会社で買うには高額すぎるものを月額制でリース会社から借りる時などが挙げられます。会社側はリース会社に自分の希望する商品を具体的に指定することが出来ます。

リースはレンタルとは違い、長期間に渡る貸出がほとんどで、契約期間満了後に契約をさらに延長する場合も多くあります。

また、途中で解約することが出来ない場合が多く、解約出来る場合でも、違約金として契約満了時までに支払う予定だった残りの金額を全額支払わなくてはならない場合が多いものです。リース契約を結ぶのは、企業対企業である場合がほとんどです。

レンタルの例文

1.週末は友達を集めて、レンタルした映画の上映会をしようと思うよ。
2.自動車をレンタルして沖縄旅行を楽しむ。
3.春の箱根をレンタル自転車で散歩した。
4.試験勉強に集中したいので、レンタルスペースを借りることにした。
5.短期出張で九州に行くから、レンタル家電を頼むことにしたよ。
6.4トン以上のトラックは自社では所有せず、必要時にレンタルすることにしている。
7.私が契約しているサブスクリプションの音楽配信サービスで、お気に入りの曲が配信されるようになった。
8.最近は動画配信サービスが当たり前になり、近所のレンタルビデオ店が軒並み閉店の憂き目にあっています。

この言葉がよく使われる場面としては、短期的に必要なものを借りたいと思っている時などが挙げられます。ただし、借りたいと思っているものが、レンタル会社にあるとは限らず、また、あったとしても他の人がすでに借りている状態であることもあります。

レンタルはリースと違って、短期間の貸し出しであり、商品も自分で指定することの出来ないものです。レンタル会社が用意している商品の中から自分の借りたいものを選ぶという形式です。

その代わり、リース商品のように、途中解約による違約金などが発生することはありません。

返却期間を過ぎてしまった場合に、追加で料金を支払うことなどはありますが、リースのように商品購入にかかった残りの金額の全てを支払わなくてはいけないような高額なペナルティーはないことがほとんどです。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター