【華】と【花】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文

同じ「はな」という読み方、似た意味を持つ「華」と「花」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「華」と「花」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。



華と花の違い

華と花の違いを分かりやすく言うと、「華」という字は派手であることや輝いていることを表す形容詞的な意味であり、「花」という字は植物の「はな」を意味するという違いです。

華とは、元々は植物の一種を意味する言葉でした。古代の時代には、花という漢字はまだ存在せず、植物で「はな」が咲くものについては「華」と表現していました。「華」という字は物の形の見た目から作り上げられた象形文字の一種です。

華の字は、木の上に花が咲き誇っている様子から出来上がりました。華という字の上部は、花や葉が茂っている様子を表したもので、下部は、茎や幹が伸びている様子を表しているものです。

昔は、木の上の咲く「はな」を「華」と表現し、地上近くに咲く「はな」については、「栄」という字で表現していました。「はな」という字は、このように先に「華」という漢字があり、後から「花」という字が出来たものです。

それでは、「花」という字は、どのあたりの時代から使われるようになったのでしょうか。花という字が登場するのは、中国の晋の時代あたりからであると言われています。中国の晋時代の詩集の中に「花」という字が登場しているという記録が残っています。

現在では、華と花という字は、漢字の使い方によって少し意味合いが異なるようになりました。「華」という字を使う場合には、その多くが形容詞的な表現や、抽象的な意味を持っています。

形容詞的、抽象的というのは、つまり「はな」のように美しいこと、派手であり目を引く様子などを示すのに「華」という字が使われるようになったということです。

そして一般的な植物の「はな」については「花」と書きます。「花」という字は草かんむりに化けると書きます。草かんむりというのは、植物であることを示すものです。また、花の下の部分にある「化」という字は、左右で二人の人を表現しているものです。

この二人の人は、一人は立っていて(イの部分)、もう一人は倒れている人(ヒの部分)を表現しています。これは人間の生死を表現しているものです。つまり、化けるというのは、人が生きて死ぬという変化を示す文字だということです。

花は咲いて、そして散ります。そのことから、草かんむりに化けるという漢字を書くようになりました。日本では、平安時代までは、「花」と呼ぶのは主に梅の花のことでした。平安時代以降には「花」と呼ばれるのは主に桜の花に変化しています。

華の意味

華とは、派手であり栄えていることや、光り輝いていることを意味しています。また、優れて美しいものなどを指しても「華がある」などと表現することが出来ます。

もちろん、場合によっては植物の「はな」を指すこともありますが、現在では植物の「はな」については、ほとんど「花」の字で書かれるのが習慣になっています。「華」という字を使う場合には、形容詞的に使われることの方が多いものです。

形容詞的というのは、何かの物事の姿や性質などを表現する言葉であるということです。例えば「彼女は華があるね」「文化の華が咲く」などのように使用されます。これは、彼女という存在が華やかであることや、文化が栄える様子を示したものです。

「華」という字を植物の「はな」の意味で使っている言葉としては「華道」という言葉があります。しかしこれは、大きな意味で言えば、花を美しく見せるという芸術、芸の道を意味している言葉であるので、形容詞的であると言うことも出来ます。

武道や芸術について「武芸の華」という表現があるように、華道などの芸の道を示すような場合にも「華」という字はよく使われるものであると覚えておくようにしましょう。

華という字は、元々は木の上に花が咲き誇っている様子から出来た漢字でした。花という漢字よりも前からあるもので、華という字の上部は、花や葉が茂っている様子を表し、下部では、茎や幹枝が伸びている様子を表しているものです。

しかし、後の時代に「花」という漢字が登場し、その頃から「華」は派手で栄えている様子や、輝いている様子などを示す際に使用する漢字であると認識されるようになりました。そのことは「華」という漢字を使った単語を見てみるとよくわかります。

華という字を使った単語としては、贅沢で派手なことを意味する「豪華」、はなやかで美しいことを意味する「華麗」、華やかなともし火のことを意味する「華燭」などがあります。どれも派手であり、栄えている様子を示すものです。

花の意味

花とは、草木などの植物に咲く「はな」のことを意味しています。また、文脈によっては、花のように美しい様子を示す場合もあります。一般的に、植物を指して書き記す場合には「華」ではなく「花」と表記します。

植物の花というのは、種子を持つ草木などのことで、種類によりその種に適した時期に咲き、多くのものは綺麗な色や良い香りを持っているものです。

日本では、平安時代までは「花」と呼ぶものは主に梅の花のことでした。しかし、平安時代以降になると「花」と呼ばれるものは、主に桜の花へと変化をしていきます。

また、花のように美しいものを意味する場合の「花」という字は、例えば「花魁」「花嫁」「花火」というような言葉が挙げられます。これらは、花のように美しい女性のことや、美しい光の芸術を意味しています。

花という字は、草かんむりに化けると書いて成り立っています。草かんむりというのは、植物であることを示すものです。また、下の部分にある「化」という字は、二人の人間を表しているものです。

この「化」という字は、人間の生死を表現しているものです。つまり、化けるというのは、人が生きて死ぬという変化を示す文字だということです。花は咲いて散ります。その変化が人間の生死と同じ原理であることから「花」という字が成り立ちました。

花という字を使った単語としては、いろいろの花が咲き乱れることを意味する「百花繚乱」、文書の末尾などに書く署名の一種を意味する「花押」、その国を代表するものとして国民から最も親しまれる花を意味する「国花」などがあります。

ちなみに、日本の国花は菊の花です。桜の花も親しまれているものですが、パスポートの表紙に描かれている紋章や、皇室の象徴が菊の花であることから、国を代表する花は菊の花であると言うことが出来ます。

華の例文

1.平和な世の中になって、穏やかに文化の華が咲き誇っている。
2.彼はそこに立っているだけでも華があるよね。
3.華やかな社交場は、私はあんまり得意ではないんだよね。
4.月が光輝くことを月華と表現したりする。
5.雪の結晶のことを雪の華と呼んだりすることもあるそうだよ。

この言葉がよく使われる場面としては、何か物事や人が派手で美しい様子を表したい時などが挙げられます。植物の「はな」という意味を持つことはあまりなく、形容詞的に使用されることの方が多い漢字です。

華という漢字は、花という字よりも先にあった漢字です。花という字がなかった時代には、華という字で植物の「はな」を表現していました。しかし、花という漢字が出来てからは、華麗であることや豪華であることを表す漢字になりました。

花が咲き誇っているかのように美しい様子や、派手で目を引く様子などを表したい時に「華」という言葉や、「華」という漢字の入った単語を使うのだと覚えておくようにしましょう。

花の例文

1.先生の活けられた花の美しさといったら、まさに一級品とはこのことですね。
2.美しく花の咲き誇る季節になってまいりました。
3.いつもお世話になっているお礼に、手紙と一緒に花を添えて送ることにしました。
4.紫陽花という花は、八仙花とも呼ぶらしい。
5.人生で一度は、花の都パリに行ってみたいものだなぁ。

この言葉がよく使われる場面としては、植物の「はな」の美しさを表現したい時などが挙げられます。一般的に植物の「はな」を表現したい時には「華」ではなく「花」という漢字を使うようにします。

また、例文5のように、時折、花のように美しい様子を表す際にも使われることがあります。例えば、大阪のことを「浪花」と表現したりすることがありますが、これは美しく栄えている町の様子を示すものです。

「花」という字は、植物の名前にもよく使われる漢字です。美しい花の咲く植物には「花」という字が入っているものが多くあります。例えば、紫陽花(あじさい)や山茶花(さざんか)などがそれにあたります。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター