【心より】と【心から】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:436件/累計買取件数:2,340件

似た意味を持つ「心より」(読み方:こころより)と「心から」(読み方:こころから)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「心より」と「心から」という言葉は、どちらも心の底から思っている気持ちを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。



「心より」と「心から」の違い

「心より」と「心から」の意味の違い

「心より」と「心から」の違いを分かりやすく言うと、「心より」とは文語的な表現が多くかしこまった場面で使われる、「心から」とは口語的な表現が多く日常生活でも使われるという違いです。

「心より」と「心から」の使い方の違い

一つ目の「心より」を使った分かりやすい例としては、「この度は心よりお悔やみ申し上げます」「皆様方のお越しを心よりお待ちしております」「毎度のご支援心より深く感謝申し上げます」などがあります。

二つ目の「心から」を使った分かりやすい例としては、「あなたには心から感謝しています」「彼の回復を心からお祈り申し上げます」「彼女の幸せを心から願う」「皆様の努力に心から敬意を表します」などがあります。

「心より」と「心から」の使い分け方

「心より」と「心から」は、どちらも心の底からの本当の気持ちという同じ意味を持つ言葉ですが、使う場面が少し違います。

「心より」は文語的な表現になるため、改まった場面やかしこまった場面でよく使われています。もう一方の「心から」は、口語的な表現になるため、話し言葉なのような感じで使われています。そのため、日常生活なども使うことがあるでしょう。

その他にも、「心より」はお悔やみやお詫びなどの気持ちを伝えるような場面で使うことが多く、「心から」はお祝いや喜びを気持ちを伝える場合に使うことが多いというのが違いになります。

あくまで多いだけなので、「心より」や「心から」しか使えないという場面はありません。状況によって合う言葉を使うようにしましょう。

例えば上記の「皆様方のお越しを心よりお待ちしております」を「皆様方のお越しを心からお待ちしております」としても全く同じ意味を持つ言葉になります。

「心より」と「心から」の英語表記の違い

「心より」も「心から」も英語にすると「from the bottom of my heart」「sincerely」となり、例えば上記の「心より深く感謝申し上げます」を英語にすると「I thank you from the bottom of my heart」となります。

「心より」の意味

「心より」とは

「心より」とは、心の底から思っている本当の気持ちのことを意味しています。

「心より」の使い方

「心より」を使った分かりやすい例としては、「益々のご活躍を心よりお祈り申し上げます」「皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております」「ご全快を祈念し心よりお見舞い申し上げます」などがあります。

「心より」はビジネスシーンで目上の人に使う

「心より」は文語的なので、「心から」よりも改まった表現方法になります。かしこまった場面で使う言葉なので、ビジネスシーンにおいて目上の人や、取引先の人に対しては「心より」を使うことが多いです。

表現方法は「心より願っております」「心より感謝いたします」「心より御礼申し上げます」

「心より願っております」「心より感謝いたします」「心より御礼申し上げます」「心よりお悔やみ申し上げます」「心よりお待ちしております」「心よりお詫び申し上げます」などが、「心より」を使った一般的な言い回しになります。

「心より」の類語

「心より」の類語・類義語としては、心の奥底のことを意味する「心底」、真実の気持ちのことを意味する「本心」、心の底のことを意味する「衷心」(読み方:ちゅうしん)、心に強く感じることを意味する「切実」などがあります。

「心より」の心の字を使った別の言葉としては、嬉しい気分であることを意味する「心嬉しい」、遠慮気兼ねないことを意味する「心置きなく」、心の中に覚えていることを意味する「心覚え」、心に痛みを感じることを意味する「心苦しい」などがあります。

「心から」の意味

「心から」とは

「心から」とは、心の底から思っている本当の気持ちのことを意味しています。

「心から」の使い方

「心から」を使った分かりやすい例としては、「あなたのことは心から信頼しています」「日本人に生まれて良かったと心から思う」「心から愛せる人が一人いれば怖くありません」「親友の事業成功が心から嬉しい」などがあります。

「心から」は日常生活で使う

「心から」は口語的で話し言葉としてよく使われています。そのため、日常生活でも多く使われているため、馴染みのある人も多いでしょう。

表現方法は「心から感謝します」「心からありがとう」「心から嬉しい」

「心から感謝します」「心からありがとう」「心から嬉しい」「心からお祝い申し上げます」「心から感謝申し上げます」「心から期待しています」などが、「心から」を使った一般的な言い回しになります。

「心から」の類語

「心から」の類語・類義語としては、満足がいくまでのことを意味する「思う存分」、私利私欲を交えず真心を持って人や物に接することを意味する「誠実」などがあります。

「心より」の例文

1.弊社の不手際によりご迷惑をお掛けしたことは、心よりお詫び申し上げます。
2.私達は山田太郎様のご健勝と益々のご活躍を、心よりお祈り申し上げます。
3.数年間かけて準備したこのプロジェクトが成功することを心より願っております。
4.先日治療を終え退院することができました。医療関係者の皆様、ご心配、応援いただいた皆様に心より御礼申し上げます。
5.数か月ぶりにチームでトレーニングができることを、心より嬉しく思っています。

この言葉がよく使われる場面としては、心の底から思っている本当の気持ちのことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように文語的になるため、改まった感じになる言葉です。そのため、ビジネスシーンで謝罪する場合や目上の人に対してよく使われています。

「心から」の例文

1.あなたの体調が一日も早く全快するように、心から願っております。
2.本商品の開発にあたり、ご助力いただいたことに心から感謝申し上げます。
3.これから任務につく、諸君に心からの敬意を表するとともに、深く感謝を申し上げます。
4.心からお祝いを申しあげると共に、今後の更なる躍進を期待しています。
5.今の職場で、心から尊敬できる上司に出会えてとても幸せです。これからもこの仕事を頑張ります。

この言葉がよく使われる場面としては、心の底から思っている本当の気持ちのことを表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように口語的な話し言葉として使うことが多いです。また、話し言葉なので日常生活でもよく使われています。

「心より」と「心から」どちらを使うか迷った場合は、文語的な表現でかしこまった場面で使いたい時は「心より」を、口語的な表現で話し言葉として使いたい時は「心から」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター