言葉の使い方の例文

言葉の使い方の例文

【ぬか喜び】と【取り越し苦労】の意味の違いと使い方の例文

よく使われる日本語の「ぬか喜び」(読み方:ぬかよろこび)と「取り越し苦労」(読み方:とりこしくろう)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「ぬか喜び」と「取り越し苦労」という言葉の意味は、大きく異なりますので、ご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【多少】と【少々】と【若干】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「多少」(読み方:たしょう)と「少々」(読み方:しょうしょう)と「若干」(読み方:じゃっかん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【伺います】と【参ります】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「伺います」(読み方:うかがいます)と「参ります」(読み方:まいります)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「伺います」と「参ります」という言葉は、どちらも行くことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【くれぐれも】と【どうか】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「くれぐれも」と「どうか」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「くれぐれも」と「どうか」という言葉は、どちらもお願いすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【気兼ねなく】と【心置きなく】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「気兼ねなく」(読み方:きがねなく)と「心置きなく」(読み方:こころおきなく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「気兼ねなく」と「心置きなく」という言葉は、どちらも遠慮しないことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【不手際】と【不備】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「不手際」(読み方:ふてぎわ)と「不備」(読み方:ふび)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「不手際」と「不備」という言葉は、どちらもミスをすることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【相当】と【相等】と【相応】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「相当」(読み方:そうとう)と「相等」(読み方:)と「相応」(読み方:)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【ほっこり】と【ほのぼの】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「ほっこり」と「ほのぼの」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「ほっこり」と「ほのぼの」という言葉は、どちらも「心が温まること」を意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【独創的】と【個性的】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「独創的」(読み方:どくそうてき)と「個性的」(読み方:こせいてき)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「独創的」と「個性的」という言葉は、どちらも普通と違っているさまを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【覚悟】と【決意】と【決心】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「覚悟」(読み方:かくご)と「決意」(読み方:けつい)と「決心」(読み方:けっしん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。