言葉の使い方の例文

言葉の使い方の例文

【新転地】と【新天地】の意味の違いと使い方の例文

同じ「しんてんち」という読み方の「新転地」と「新天地」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「新転地」と「新天地」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【理知的】と【知的】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「理知的」(読み方:りちてき)と「知的」(読み方:ちてき)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「理知的」と「知的」という言葉は、どちらも知恵があるさまを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【つつがなく】と【滞りなく】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「つつがなく」と「滞りなく」(読み方:とどこおりなく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「つつがなく」と「滞りなく」という言葉は、どちらも問題なく終わることを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【猛威】と【脅威】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「猛威」(読み方:もうい)と「脅威」(読み方:きょうい)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「猛威」と「脅威」という言葉は、似ていても意味は大きく異なりますので、ご注意下さい。
言葉の使い方の例文

【刷新】と【一新】と【更新】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「刷新」(読み方:さっしん)と「一新」(読み方:いっしん)と「更新」(読み方:こうしん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【携わる】と【関わる】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「携わる」(読み方:たずさわる)と「関わる」(読み方:かかわる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「携わる」と「関わる」という言葉は、どちらも関係を持つことを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【遺憾】と【残念】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「遺憾」(読み方:いかん)と「残念」(読み方:ざんねん)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「遺憾」と「残念」という言葉は、どちらも心残りなさまを意味しているという共通点があり、本来の意味は少し違いますが混同して使われる傾向があります。
言葉の使い方の例文

【拝啓】と【謹啓】と【前略】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「拝啓」(読み方:はいけい)と「謹啓」(読み方:きんけい)と「前略」(読み方:ぜんりゃく)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。
言葉の使い方の例文

【答える】と【応える】の意味の違いと使い方の例文

同じ「こたえる」という読み方の「答える」と「応える」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。「答える」と「応える」という言葉は同音の言葉ですが、それぞれの漢字によって使い方には少し違いがあります。
言葉の使い方の例文

【予見】と【予測】と【予知】の意味の違いと使い方の例文

似た意味を持つ「予見」(読み方:よけん)と「予測」(読み方:よそく)と「予知」(読み方:よち)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。どの言葉を使えば日本語として正しい言葉となるのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。