【お話になられる】と【お話になる】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:20件/今月の買取件数:484件/累計買取件数:3,556件
(現在、例文買取センターでは、買取数を増やして元気になって頂く負けるなキャンペーンを実施中!)

似た日本語の「お話しになられる」と「お話しになる」の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「お話しになられる」と「お話しになる」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。



「お話しになられる」と「お話しになる」の違い

「お話しになられる」と「お話しになる」の違いを分かりやすく言うと、「お話しになられる」とは「お話しになる」の間違った使い方、「お話しになる」とは話すことの尊敬語です。

一般的には「お話しになられる」という言葉は存在しません。読み方が似ていることから、「お話しになる」のことを間違えて「お話しになられる」を使っている人がほとんどです。

正しい言葉である「お話しになる」を使った分かりやすい例としては、「これから社長がお話しになる」「彼があの事件についてお話しになることはないだろう」「やっと本当のことをお話しになるんですね」「そのことについてはあとでお話しになる」などがあります。

「お話しになる」という言葉はあっても、「お話しになられる」という言葉は存在しません。同時に「お話しになる」という単語の意味について「話すことの尊敬語」と覚えておきましょう。

「お話しになる」の直訳した英語はないのですが、「話し」を英語にすると「talk」「speak」となり、例えば上記の「そのことについてはあとでお話しになる」を英語にすると「I will talk about that later」となります。

「お話しになられる」の意味

「お話しになられる」とは、「お話しになる」の間違った使われ方です。

「お話しになられる」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が似ているため、「お話しになる」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「お話しになられる」がなぜ間違った言葉かと言うと、二重敬語になるからです。二重敬語とは「尊敬語+尊敬語」や「謙譲語+謙譲語」のように同じ種類の敬語を重複させることを言います。

「お話しになられる」の場合だと、「お話し」が話すことの尊敬語であり、「られる」が尊敬の気持ちを表わす助動詞になります。そのため、「尊敬語+尊敬語」の例に当てはまり二重敬語となってしまうので注意が必要です。

「お話しになられる」の他にも、二重敬語として間違って使われている日本語はたくさんあります。例を挙げると、「ご覧になられました」「お休みになられる」「お越しになられる」「ご参加なされる」「お帰りになられる」「おっしゃられました」などがあります。

二重敬語はより丁寧な言い回しに聞こえますが、敬語の過剰表現であり、まわりくどい印象を与えてしまうため適切ではありません。特にビジネスシーンで使ってしまうと、相手に悪い印象を与える可能もあるので気を付けましょう。

「お話しになる」の意味

「お話しになる」とは、話すことの尊敬語を意味しています。

「お話しになる」を使った分かりやすい例としては、「部長がお話しになる」「父が昔のことをお話しになる」「あなたのお話しになることは外部に漏れません」「まるで他人事のようにお話しになるんですね」などがあります。

「お話しになる」は話すことの尊敬語なので、目上の人が話す場合に使う言葉です。さらに丁寧に表現したい場合には、「おっしゃる」を使うようにしましょう。上記の例を参考にすると、「部長がお話しになる」は「部長がおっしゃいました」と置き換えることが可能です。

また、話すことの尊敬語は「お話しになる」や「おっしゃる」なのですが、謙譲語は「申し上げる」になります。

「お話しになる」の「お話し」は動詞として使われているので、送り仮名の「し」をつけて「お話し」とするのが正しい日本語になります。送り仮名の「し」を付けないで「お話」とするのは名詞として使う場合と覚えておきましょう。

「お話しになる」の類語・類義語としては、目上の人に話しをしてくれるように促すことを意味する「お話しください」があります。

「お話しになられる」の例文

1.「お話しになられる」という言葉は存在しないので、おそらく「お話しになる」の言い間違いだろう。
2.「お話しになる」という言葉は話すことの尊敬語で、「お話しになられる」という言葉はない。
3.「お話しになられる」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.常務がお話しになられるという言葉を使う人はいるが、正しくは常務がお話しになるです。
5.校長先生がお話しなるという言葉はあるが、校長先生がお話しになられるという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「お話しになる」という言葉を間違えて「お話しになられる」と表現している時などが挙げられます。

「お話しになられる」という言葉は二重敬語なので、「お話しになる」を間違えて使っている可能性が高いです。

「お話しになられる」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「お話しになられる」ではなく、「お話しになる」と表現するのが正しい使い方です。

「お話しになる」の例文

1.これから先生がお話しになるので、皆さん静かにお願いします。
2.この事件を解決するためには、ある程度の事実をお話しになるのもやむを得ないでしょう。
3.あなたがお話しになる内容は、決して外に漏らさないことを誓います。
4.どうしてそんな大事なことを私にお話しになるのか分かりません。
5.あなたはいつもを嘘をつくので、あなたのお話しになる言葉は信用できません。

この言葉がよく使われる場面としては、話すことの尊敬語を表現したい時などが挙げられます。

上記の例文のように日常生活でもビジネスシーンでも使うことができます。

「お話しになられる」と「お話しになる」どちらを使うか迷った場合は、「お話しになられる」は間違った日本語なので、正しい日本語である「お話しになる」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター