【脚光を集める】と【脚光を浴びる】の意味の違いと使い方の例文

言葉の使い方の例文
今日の買取件数:9件/今月の買取件数:454件/累計買取件数:3,526件
(現在、例文買取センターでは、買取数を増やして元気になって頂く負けるなキャンペーンを実施中!)

似た日本語の「脚光を集める」(読み方:きゃっこうをあつめる)と「脚光を浴びる」(読み方:きゃっこうをあびる)の違いを例文を使って分かりやすく解説しているページです。

どっちの言葉を使えば日本語として正しいのか、迷った方はこのページの使い分け方を参考にしてみてください。

「脚光を集める」と「脚光を浴びる」という言葉は、間違えやすい日本語なのでご注意下さい。



「脚光を集める」と「脚光を浴びる」の違い

「脚光を集める」は「脚光を浴びる」の間違い

「脚光を集める」と「脚光を浴びる」の違いを分かりやすく言うと、「脚光を集める」とは「脚光を浴びる」の間違った使い方、「脚光を浴びる」とは世間から注目の的になることです。

「脚光を集める」は誤字

一般的には「脚光を集める」という言葉は存在しません。漢字の成り立ちや読み方が似ていることから、「脚光を浴びる」のことを間違えて「脚光を集める」を使っている人がほとんどです。

「脚光を浴びる」は正しい日本語

正しい言葉である「脚光を浴びる」を使った分かりやすい例としては、「彼女は美人ゴルファーとして脚光を浴びる」「直木賞を受賞したことでその作品は脚光を浴びる」「彼女ははいよいよ一流の作家として脚光を浴びることとなった」などがあります。

「脚光を浴びる」という言葉はあっても、「脚光を集める」という言葉は存在しません。同時に「脚光を浴びる」という慣用句の意味について「世間から注目の的になること」と覚えておきましょう。

「脚光を浴びる」の英語表記

「脚光を浴びる」を英語にすると「be in the limelight」となり、例えば上記の「彼女ははいよいよ一流の作家として脚光を浴びることとなった」を英語にすると「Now she is in the limelight as a writer of the first rank」となります。

「脚光を集める」の意味

「脚光を集める」とは

「脚光を集める」とは、「脚光を浴びる」の間違った使われ方です。

「脚光を集める」という言葉は存在せず、間違った言葉として広まっています。読み方が似ているため、「脚光を浴びる」と混同してしまう人が多いようですが、間違った言葉なので使わないように気を付けましょう。

「脚光を集める」と間違えやすい理由

「脚光を集める」と「脚光を浴びる」を間違ってしまう理由としては、「脚光を浴びる」が世間から注目の的になることを意味しているので、視線を集めたり注目を集めることと混同してしまい、「集める」という言葉を使っているのが原因です。

「脚光を浴びる」は辞書に載っている正しい慣用句なのですが、「脚光を集める」は辞書には載っていない間違った言葉遣いになります。

このように、慣用句は日本語の表現を工夫することで私たちの想像を豊かにしてくれる反面、多くの間違った日本語を生み出しているのも現実です。特に、ビジネスシーンにおいて間違った慣用句を使ってしまうと相手の信頼を下げることにもなるので注意が必要でしょう。

「脚光を浴びる」の意味

「脚光を浴びる」とは

「脚光を浴びる」とは、世間から注目の的になることを意味しています。その他にも、舞台に立つことの意味も持っています。

「脚光を浴びる」の使い方

「脚光を浴びる」を使った分かりやすい例としては、「彼はイケメン野球選手として脚光を浴びる」「優勝校を破って優勝したので脚光を浴びた」「彼女はトップ女優として脚光を浴びていたが突然引退した」「この作品が脚光を浴びるのは2010年代になってからである」などがあります。

「脚光を浴びる」の語源

「脚光を浴びる」は元々は舞台に立つことの意味で使われていた言葉ですが、時代とともにあまり使われなくなり、最近では世間から注目の的になることの意味で使うのが一般的な慣用句です。

「脚光を浴びる」の「脚光」は舞台の前面の床から俳優や歌手などを照らす光線、つまりフットライトのことを意味しています。この脚光を浴びた人はとても目立つので、当然、観客の視線はそこへ集まります。

これが語源となり、世間から注目の的になることを「脚光を浴びる」と言うようになりました。

表現方法は「一躍脚光を浴びる」「脚光を浴びた」

「一躍脚光を浴びる」「脚光を浴びた」などが、「脚光を浴びる」を使った一般的な言い回しになります。

「脚光を浴びる」の類語

「脚光を浴びる」の類語・類義語としては、世間に名が知られることを意味する「有名になる」、それまで埋もれていたものが世に知られるようになることを意味する「日の目を見る」、多くの人が関心をもって見守る対象の事柄や人のことを意味する「注目の的」などがあります。

「脚光を集める」の例文

1.「脚光を集める」という言葉は存在しないので、おそらく「脚光を浴びる」の言い間違いだろう。
2.「脚光を浴びる」という言葉は世間から注目の的になることで、「脚光を集める」という言葉はない。
3.「脚光を集める」という言葉は、今のところ間違いだとされているが、多くの人が使うようになれば馴染んでくるのかもしれない。
4.新しい資源として脚光を集めるという言葉を使う人はいるが、正しくは新しい資源として脚光を浴びるです。
5.彼女は天才ピアニストとして脚光を浴びるという言葉はあるが、彼女は天才ピアニストとして脚光を集めるという言葉はない。

この言葉がよく使われる場面としては、「脚光を浴びる」という言葉を間違えて「脚光を集める」と表現している時などが挙げられます。

「脚光を集める」という言葉は辞書にも載っていませんし、広く使われている言葉ではなく、「脚光を浴びる」を間違えて使っている可能性が高いです。

「脚光を集める」という言葉の意味を理解した上で、あえて使っている場合以外は、「脚光を集める」ではなく、「脚光を浴びる」と表現するのが正しい使い方です。

「脚光を浴びる」の例文

1.アカデミー賞を受賞したことによって、その作品が一躍脚光を浴びました。
2.彼女は成績がとても優秀なので、学校中の生徒から脚光を浴びる。
3.彼の祖父が発表した論文は、日本の枠を超えて世界で脚光を浴びていた。
4.彼は二十歳になったばかりだが、ワールドカップで得点王となり脚光を浴びることになった。
5.彼女は若い頃に恋愛ドラマの主役をやり脚光を浴びたが、今ではその面影はない。

この言葉がよく使われる場面としては、世間から注目の的になることを表現したい時などが挙げられます。その他にも、舞台に立つことを表現したい時に使います。

上記の例文のように、世間から注目の的になることの意味で使うのが一般的です。

「脚光を集める」と「脚光を浴びる」どちらを使うか迷った場合は、「脚光を集める」は辞書にない言葉なので、辞書に載っている言葉の「脚光を浴びる」を使うようにしましょう。

言葉の使い方の例文
編集者
株式会社セラーバンク/例文買取センター運営
例文買取センター